NiziU

NiziUリオは歌が下手で歌割が少ない!目立たないのは歌唱力がなく音痴だから?

NiziUリオの歌唱力

スポンサーリンク

NiziUリオさんは歌割り少ない、目立たないという声があがってます。

分量が少なくてNiziUリオさんが目立たないことは寂しいですよね。

 

NiziUリオさんの歌割りが少ないのは、NiziUリオさんが歌下手で歌唱力がないことが原因なのでしょうか?

そもそもNiziUリオさんは音痴なの?

 

今回はNiziUリオさんの歌割り少ないのは何故なのかに迫ります。

NiziUリオさんは音痴で歌下手、歌唱力がないというのは本当なのか調べてみました。

NiziUリオは歌が下手で歌割りが少ない?

NiziUリオさんの歌割り少ないという声はかなり聞かれます。

実際、どのくらいNiziUリオさんの歌割り少ないのでしょうか?

NiziUの主要な曲でNiziUリオさん1人で歌うパートがどのくらいあるのか確認してみましょう。

 

  • 「Make you happy」15.9秒
  • 「虹の向こうへ」10.8秒
  • 「Step and a step」17.7秒
  • 「Take a picture」7.9秒
  • 「Poppin' Shakin'」 7秒
  • 「I AM」6秒

メインボーカルやメインラッパーは大体20秒~30秒くらいのパートを担当しています。

それを考えると確かにNiziUリオさんは歌割り少ないかもしれませんね。

 

特に「Take a picture」に収録されている曲は顕著。

しかし「NiziUリオさんの歌割りが少ない」=「NiziUリオさんが歌下手」というわけではありません

 

確かに虹プロ初期、NiziUリオさんは歌の経験がなく、歌う時は自信がない様子でした。

韓国合宿では、NiziUリオさんは苦手意識のあった歌を克服するため、必死に練習していましたね。

 

そして最終的にはJYパークさんもNiziUリオさんの歌唱力を認めていました。

なので、NiziUリオさんは歌下手ということはありません。

 

NiziUリオさんが歌下手ならば、デビュー曲「Step a step」の歌い出しを任されることはなかったでしょう。

曲の歌い出しはそのグループが上手いかどうかを決める重要なポイントです。

 

当然緊張しますよね。

けれどNiziUリオさんは緊張を跳ね除けて見事に歌い出しをつとめました。

 

NiziUリオさんは虹プロの頃よりもずっと歌上手くなっていましたね。

デビュー曲でNiziUリオさんの成長が感じられた分、「Take a picture」は少し残念でした。

 

明らかにNiziUリオさんの歌割り少ない

MVでもあまりにもNiziUリオさんが目立たないと思ってしまいました。

 

続くデジタルシングル「Super Summer」でもNiziUリオさんのパートは7秒。

このままNiziUリオさんの歌割り少ないままだったら寂しいなと思いました。

 

しかし新曲「Chopstick」ではNiziUリオさんのパートは13.7秒。

各メンバーに偏りなく歌割りがありましたね。

 

しかも今回はNiziUリオさんがサビパート!

「JYパークさんありがとう!」となりましたよね。

NiziUリオが目立たないのは歌唱力がなく音痴だから?


NiziUリオさんが歌で目立たないように感じるのは、歌唱力がないからではありません。

NiziUリオさんの担当はリードダンサー、サブボーカル、サブラッパー。

 

役割担当から考えると、NiziUリオさんが歌割り少ないのは仕方ない気もします

でもこれはプロデュース側の意向。

 

NiziUリオさんはダンス技術がとても高いので、パフォーマンスのメインはダンスです。

なのでNiziUリオさんは歌割り少ないですが、目立たないということはありません。

ダンスのレベルがとても高いので、歌っていない時も存在感があります。

そしてNiziUリオさんは重要なダンスパートでセンターのサイドに抜擢されることが多いですよね。

 

TWICEのモモさんのようにNiziUリオさんのダンスソロを作って欲しいという声も多いです。

しかし、リードダンサーだからNiziUリオさんが歌唱力がない、音痴ということではありません。

勿論、NiziUリオさんは歌が天才的に上手いわけではありません。

 

虹プロでLadyを練習していた頃は、先生にも呼吸が出来ていないから音程が合ってないと指摘されていました。

JYパークさんにもLadyの後の講評で、音程が不安定と評されていましたね。

 

この厳しい評価にもNiziUリオさんは立ち向かってきました。

次のミッション「Swing Baby」ではJYパークさんもNiziUリオさんの歌唱力を褒めていました。

 

問題視されていた呼吸法もクリアして、音程もとれていました。

練習して音程の問題をクリア出来るNiziUリオさんは決して音痴ではありません。

 

同じく「ICY」の練習時、歌がアマチュアみたいと指摘されてしまいました。

「ICY」のサビを何回も繰り返し練習するNiziUリオさんが印象的でした。

 

この時も、本番では「歌まで上手でした」とNiziUリオさんは歌唱力を褒められていましたね。

このことからNiziUリオさんが歌下手なわけではないことが分かります。

 

しかしNiziUにはリオさん以上に歌唱力の高いメンバーが多いです。

高音や歌い上げるような歌唱が得意なメンバーに盛り上がるパートが割り当てられるのは当然。

 

NiziUリオさんは声質が特徴的、歌い上げるような声質ではありません。

NiziUリオさんは声を張って歌うのは苦手ですが、演技するように声を差し込むのは得意。

 

演出側もそれを熟知しているので、NiziUリオさんにはキリングパートが割り振られることが多いです。

キリングパートをNiziUリオさんが担当することによって歌に表情がつきます。

グループの中で、NiziUリオさんは歌のパートでもきちんと役割を果たしているのです。

まとめ

NiziUリオさんが歌割り少ないのか、その理由はNiziUリオさんが歌下手だからなのかについて見てきました。

曲によってNiziUリオさんの歌割りが少ないために目立たないこともあります。

 

しかしNiziUリオさんは音痴ではなく歌唱力も低いわけではありません。

NiziUリオさんはダンサーとしては経験と自信がありますが歌については自信をつけている最中です。

歌でも成長するNiziUリオさんが見られるのが楽しみですね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!