ルシア

ルシアネタバレ80話最新話と感想!アンナが出会った名医

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」80話のネタバレと感想をまとめてみました!

ダミアンが来た当初は混乱していた使用人たちですが、アイリスの様子に、今ではすっかり平和な日々を過ごせるように。

ビビアンと過ごす時間も当たり前にようになってきたダミアンに、使用人たちが自分を気遣っていること、それがビビアンの影響であることはダミアンも感じ取っていました。

「ルシア」80話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ80話最新話と感想!アンナが出会った名医

ドルシーからの驚きの言葉

アンナは宮殿を遠く離れた森の中を歩いていました。

宮殿から大分距離があったため、ここで合っているはずだけど…と森を歩きながら不安に思います。

あの日、ドルシーにさっきの男は誰なのかとアンナは尋ねると、アンナが知らなかったことに驚きました。

公爵家の主治医だとドルシーがあんなに教えると、今度はアンナが驚きます。

 

自分以外にも専属の医者がいた事はアンナは初耳でした。

そんな方がいるなんて知らなかったとアンナが話すと、ご主人様から嫌われていたからだと、ドルシーは気まずそうに視線を反らします。

アンナはフィリップのもとを訪れていたのでした。

フィリップの名前を呼びかけると、公爵夫人の主治医のアンナだと名乗り挨拶します。

冷たい眼差しでアンナを見据えるフィリップに、ごくりと唾を飲むアンナ。

しかしフィリップはすぐにアンナに歩み寄り、会えて嬉しいと笑顔になりました。

戸惑うアンナでしたが、フィリップから笑顔で握手を求められると、その手を握り返します。

笑顔でアンナを自宅に招き入れるフィリップ。

音信不通になってはまたふらりと帰ってきてまた音信不通になってという繰り返しだと、アンナはフィリップのことをドルシーから聞いていました。

今回は2ヶ月ほど音沙汰がなかったようで、どうせまたすぐ居なくなるだろうとドルシーは話していました。

フィリップがアンナに温かいお茶を入れます。

戻られる度に往診されていると聞いたことや、もっぱらの評判だと聞いたことをアンナはフィリップに伝えると、医者として当然のことをしているだけだと、フィリップは答えました。

実感する名医

ドルシーの末っ子も彼のおかげで生き延びたことがあり、ドルシーはフィリップのことを名医だと熱く語っていました。

アンナも、フォリップと少ししか会話をしていないにもかかわらず、彼が名医であることを実感します。

フィリップの知識量は他の名医とは比べものにならないくらいに圧倒的で、どんな質問にも答えてくれました。

たいていの医者は自分だけが知る病気や治療法を持っているものですが、彼の知識量は圧倒的で、どんな質問にも答えてくれました。

丁寧な受け答えも豊富な医学知識も、一流の医者に相応しく、自分など到底足元にも及ばないとアンナは落ち込みます。

しかし、公爵家の主治医なのに、宮殿から遠く離れた場所で暮らしていてたまに往診に来るという事を不思議に思いました。

そもそも公爵がそれを許し、宮殿にまだ彼の部屋が残っているというのも理解できませんでした。

公爵に嫌われたというのは、何か相当の理由があったのだろうかと考えるアンナ。

この人なら奥様の症状について何か知っているかもしれないと考え、彼に会いに来たのです。

しかし、恐る恐る話しかけますが、思うように言葉が出ません。

同じ女性として、そして公爵夫人に仕える者として、軽々しく他人に相談できる話ではありません。

フィリップに聞き返されても、アンナは言葉に詰まってしまいます。

そして、結局話を切り出すことが出来ず、そのまま席を立つことにしました。

患者の秘密を漏ら差ないことは大前提の話です。

同じ専属医であっても秘密を共有してはいけないとアンナは考えました。

そして、フィリップに告げずにお礼を言い、アンナは宮殿へと戻って行きます。

ジェロームからのお願い

そして宮殿二戻ると、アンナは執事長に呼ばれました。

ジェロームの元に行くと、フィリップ卿に会った事を指摘されます。

監視していたのかというアンナに、監視していたのはフィリップの方なので誤解しないで欲しいとジェロームは言いました。

以前フィリップが宮殿に入ろうとしたことを不快に思った陛下が、同じことが起こらないように監視を付けておいたのです。

フィリップに会ったことを責めているのではなく、会話の内容も聞くつもりはありませんでした。

しかし、フィリップのことをビビアンに話したり、紹介することはしないでほしいとお願いするジェローム。

フィリップの存在をビビアンに知られないようにと指示を受けている事に対し、アンナはどうしてなのか疑問が浮かびます。

とても有能な方でしたので、奥様の治療について相談したいとアンナはジェロームに言うと、ジェロームは考えた末に、答えを出しました。

確かにフィリップの技術がすぐれているのは事実。

そこでジェロームは、間接的な相談だけだら問題ないと判断します。

ビビアンにはアンナが考えた治療法だと言うことにしておくことを条件に了承します。

とても天気がいい日。

ケイトがビビアンの元にやってきました。

ルシアネタバレ80話の感想

こうなると、アンナはフィリップに相談すると思うのですが、フィリップからはビビアンのことだとすぐにピンときそうですね。

ジェロームが許可を出したのですから、問題はないでしょう。

フィリップは治療法を教えてくれるでしょうか。

そして、ビビアン自身も治療法を知っているので、その治療法を実際に行うのでしょうか。

そして治療法を知ってしまえば、ビビアンは夢の中の医者なのではないかと気づきそうですね。

ビビアンとフィリップが出会うことによって何か大きく事態が変わっていくのでしょうか。

もしフィリップに相談したことを知れば、タラン公爵は間違いなく怒り出すことでしょう。

2人の間のわだかまりも収まることはないのでしょうか。

今回は、ビビアンとダミアンの出番がなくて少しさみしく思いました。

次のストーリーでは、ビビアンとダミアンは登場するでしょうか。

ルシアネタバレ80話最新話!アンナが出会った名医のまとめ

今回は「ルシア」80話のネタバレと感想をご紹介しました!

フィリップの存在を知ったアンナは、ビビアンを治す方法としてフィリップを訪れますが、守秘義務を守って相談出来ませんでした。

フィリップと接触したことを知ったジェロームは、アンナにビビアンを紹介しないでほしいとお願いするのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!