2PM

2PMニックンの涙の理由との復帰をしたのはいつ?

2PMニックンの涙

去年まで、2PMはアメリカ国籍の2PMニックンさんを除くメンバーは兵役に職務していました。

グループとしての活動を中止していました。

 

今年、全メンバーが除隊し、2PMの活動が、再始動です。

そんな2PMニックンさん、活動自粛をして、復帰をはたした過去があります。

 

復帰はいつだったのか気になりますよね。

そして、2PMニックンさんは復帰の後の東京ドーム公演で涙を流しました。

 

涙の理由はやっぱり活動自粛に関してでしょうか?

2PMニックンさんの復帰、東京ドーム公演の涙を復習し、2PMの再始動を見守りましょう!

 

それでは、2PMニックンさんの復帰はいつだったのか。

東京ドームでの涙の理由を調べてみましょう。

2PM ニックンが東京ドームで涙を流した理由


涙を流したのは、自分が起こしてしまった事故による反省などの気持ちが溢れたからだと思います

活動自粛をしてしまった自分に対してファンに申し訳なかったという気持ち。

 

そして、夢だった東京ドームで、ファンの方の愛に包まれたから、だと思います。

2PMニックンさんは、2012年7月24日飲酒運転をしてバイクと接触事故を起こしてしまいました

 

飲酒運転をしているので、これは犯罪です。

誠実な対応だったため、被害者とは和解しました。

 

事件後、所属するJYPエンターテイメントは、すぐに今後の活動休止を発表。

2PMニックンさんは活動自粛に入りました。

 

その後、活動再開をし、その後、東京ドーム公演2daysを成し遂げます。

海外のアーティストで東京ドームを埋められるってすごいですよね。

 

2日目の東京ドーム公演の終盤にニックンが涙を流しました。

東京ドーム公演はそもそも節目の公演でした。

 

韓国人メンバーは必ず一定の年齢になる前に入隊します。

次に日本に2PMとして来ることができるのは先になるということが分かっていての、この公演でした。

 

ファンにとっても、メンバーにとってもとても大切な公演でした。

2PMニックンさんあまり泣くタイプではないと、知られていました。

 

2PMは過去にファンからツアー中、サプライズをしてもらったことがありました。

ペンライトで作った天の川の景色を見せてもらったり。

 

突然2PMのうたを合唱してもらったり。

他のメンバーが大号泣する中、感動はする様子なものの、涙は流しませんでした。

 

幸せで、号泣するメンバーを抱きしめたり支える人でした。

ですが今回は、大粒の涙を流しました。

 

日本語があまり得意でなかった2PMニックンさん。

今回のライブでは、日本語をたくさん話してくれました。

 

終盤のMCで、日本語を勉強をしていることを伝えてくれました。

他メンバーが日本に来れない間も2PMニックンさんは日本に活動しに来ること。

 

自分が2PMのメンバーとして、頑張っていくと宣言してくれました。

2PMニックンさんのこれからも2PMとして生きていく覚悟を感じられる発言でした。

 

そして韓国語で語り出した時、涙が止まりませんでした。

「僕のせいで、ファンのみんなは大変だったと思います。

僕のことを信じて愛してくれてありがとうございます。

韓国に帰ったらもっとみんなの気持ちに応えます。」

 

と、叫びながら泣きました。

自粛期間中、2PMニックンさんは考えること、悩むことがたくさんあったんだと思います。

 

きっともう芸能界ではやっていけないのではないか。

辞めた方がいいのではないか。

 

ファンはもう自分のことを待っていないのではないか。

たくさん考えていたんだと思います。

 

2PMのファンHottestはあたたかく2PMニックンさんのことを待っていてくれて嬉しかったんでしょう。

私も考えるだけで涙が出そうです。

 

バッシングが強烈な韓国芸能界です。

その芸能界の中でもう一度前を向いた2PMニックンさん。

とても誠実さを感じました。

2PMニックンは復帰をいつした?

ニックンは活動自粛してからいつ、復帰したのでしょうか。

復帰は活動休止後から、約3ヶ月後でした。

 

ニックンが事故を起こしたのは2012年7月24日です。

その日に活動自粛にはいりました。

 

復帰を発表したこは2012年10月です

あるテレビ番組からボランティアの一員としてのオファーが届きました。

 

その番組から、芸能活動を復帰しました。

ニックンの事故で、発売延期になっていたCDも11月に発売されました。

 

そのあと、2013年の春からの日本のツアーにも参加しました。

少し日本の芸能界と比べると自粛期間は短いのかな?とは思いました。

 

その間タンザニアにボランティア活動をしに行ったりしていました。

反省の日々を過ごしていたそうです。

被害者の方も和解で納得してくれたので、活動再開がこの期間で済んだのかもしれないですね。

まとめ

今回は2PMニックンさんが東京ドームで涙を流した理由、復帰はいつだったか、について調べました。

東京ドームの涙は、ファンに感謝した涙でした。

 

もちろん反省の涙でもあったと思います。

そして、2PMニックンさんの復帰は、事故から3ヶ月がの2012年10月でした。

 

事故から10年も経ちました。

これからも過去のことはしっかりと胸にしながら、前を向いて頑張ってほしいです。

メンバーの除隊後、大人になった2PMの再集結に目が離せないですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!