2PM

2PMテギョンが退社し事務所を移籍!グループから脱退?

2PMテギョンの事務所

2PMテギョンさんが、退社して移籍した件について調べてみました。

2PMテギョンさんは、なぜ退社したのでしょう。

 

2PMテギョンさんが移籍したのは、入隊中とは本当なのでしょうか。

そして2PMテギョンさんが、移籍した会社はどこの会社でしょうか。

 

2PMテギョンさんの移籍の理由はあるのでしょうか。

2PMテギョンさんは、脱退するのか調べました。

 

2PMテギョンさんが脱退したらどうなるのでしょう。

事務所を移籍した後も、2PMの活動を続けて行くことは可能なのかお伝えします。

2PMテギョンが退社して新事務所に移籍した!


2PMテギョンさんが退社して移籍した件について調べたいと思います。

2PMテギョンさんはJYPエンターテインメントに所属していました

 

2PMテギョンさんは2017年9月から入隊して服務していました。

2018年1月の事務所の契約更新は先送りになっていましたね。

 

多くの人は、2PMテギョンさんの除隊後再契約が行われると思っていたのではないでしょうか。

ですが、2018年7月ソ・ジソプさんの所属事務所51Kに、2PMテギョンさんの移籍が発表されました

 

この投稿をInstagramで見る

 

51k_official(@51k_official)がシェアした投稿

そして、JYPエンターテインメントを2PMテギョンさんが退社します。

どうして、2PMテギョンさんは退社したのでしょうか。

 

2PMテギョンさんが退社した理由は分かりませんでした。

ですが、過去に2PMテギョンさんがJYPについてツイートしていた事がありました。

 

2014年JYPは今、改革が必要だ。」とTwitterにコメントを残していました。

2PMテギョンさんは会社を批判したコメントではなく、スタッフをもっと評価してほしい。

 

Twitterの内容は、スタッフが楽しむ事が重要だ、という様な内容です。

2PMテギョンさんの周りで働いている人への感謝や愛情が分かるツイートでした。

2PMテギョンさんの発したツイートは、当時の韓国でも話題になりました。

 

それが、原因ではないと思いますが、2018年2PMテギョンさんは退社する事を決めます。

2PMテギョンさんの移籍先の51Kとは、どの様な会社なのでしょうか。

 

51Kの会社は、2009年ソ・ジソプさんが独立して作った個人事務所です。

51Kの会社には、6人所属しています。

 

2PMテギョンさんは移籍後、どの様な活動をしているのでしょうか。

2PMテギョンさんは移籍後、ドラマに立て続けに出演しています。

そして、2PMテギョンさんは移籍後映画も撮影されています。

 

2PMテギョンさんは、俳優業に精力的に取り組まれている印象ですね。

なぜ、2PMテギョンさんは移籍したのでしょうか。

51Kの発表したコメントを読むと、歌手と俳優の活動を支援して行くと言っていました。

 

そして、2PMとしての活動もJYPと継続して活動できるように最善を尽くすと書かれていました。

2PMテギョンさんは移籍して2PMの活動を継続させながら、俳優業もやって行くという決意なのでしょう。

もしかしたら、俳優業を積極的に取り組んでいこうとしているのかも知れません。

2PMテギョンはグループから脱退?

2PMテギョンさんの移籍のニュースを聞いた時、多くの人が心配したのではないでしょうか。

それは、2PMテギョンさんが脱退するかも知れないという事です。

2PMテギョンさんは、脱退することになるのでしょうか。

 

今までもアイドルは除隊後、グループが解散したり移籍を理由に脱退したりと、メンバーの変化はつきものです。

そして、事務所の移籍後、継続しているグループをあまり聞いたことがありません。

 

神話というグループがいますが、メンバーが違う事務所に所属しながら継続を続けている珍しいグループです。

また、2PMテギョンさんが移籍を発表したタイミングが、入隊中という事もあって不安な声が多くありました。

 

そんな中、チャンソンさんが2PMテギョンさんについて話していました。

活動は以前と変わらず支障がないようだ。あまり心配しなくてもいい。カムバックする

会社を移ったからと言って、2PMの活動を怠る人ではないので気楽に活動することを望んでいます

 

このように、チャンソンさんが言って、2PMテギョンさんの決定を尊重していました。

2PMテギョンさんは、脱退の心配がない事を話されていましたね。

 

そして、以前Jun. Kさんは過去のインタビューで「除隊したらメンバー全員揃ってコンサートをする」

Jun. Kさんは、全員揃ってコンサートする事を明言していました。

「1人、2人再契約しないとしてもグループは維持していく」とも発言されています。

 

このJun. Kさんの発言からも分かるように、メンバーで沢山の話し合いがされたのだと想像できますね。

2PMテギョンさんが、脱退せずに活動を続けるのだと分かり安心しました。

 

そして、「MUST」のアルバムのインタビューの時には、Jun. Kさんは感想を述べています。

「カムバックするという約束を守れてうれしい」とJun. Kさんは伝えました。

 

2PMテギョンさんも「会社を離れると言っても、僕が2PMでないわけではない」

「グループへのプライドとメンバーへの配慮があれば、グループ活動を続けることが出来る」と話しました。

 

一時は2PMテギョンさんが脱退するのではないかと心配しましたが、その心配はないようですね。

2PMテギョンさんと、メンバーとの確かな絆を感じました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

real_2pmstagram(@real_2pmstagram)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

real_2pmstagram(@real_2pmstagram)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

real_2pmstagram(@real_2pmstagram)がシェアした投稿

この写真は、入隊の休暇中に出会ったときの1枚です。

仲が良さそうな2人ですね、2PMテギョンさんの移籍発表の少し前に投稿された写真です。

まとめ

2PMテギョンさんが、退社して移籍したのは本当でしたね。

2PMテギョンさんが移籍した事務所は、51Kというソ・ジソプさんの個人事務所です。

 

2PMテギョンさんが移籍したのは、2018年7月入隊中の事でした。

2PMテギョンさんは脱退せずに、2PMのメンバーとして活動していくことが分かり安心しました。

 

2PMテギョンさんは「グループへのプライドとメンバーへの配慮があれば、グループ活動を続けることが出来る」

2PMテギョンさんが2PMとして、活動を続けて行く決意を話されていました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!