シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ68話最新話と感想!魔獣と強盗犯を制圧!

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」68話のネタバレと感想をまとめてみた!

ジュディスの姿をした少女は、大量の魔物を倒していました。

その光景を目にして驚いているマーベルの魔術師に対して、彼女が言った言葉とは・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる68話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ68話最新話と感想!魔獣と強盗犯を制圧!

<少女の正体は>

積み上がるほどの大量の魔獣を1人で倒した少女。

あまりの光景にマーベルの魔術師が唖然としていると、ジュディスの姿をした少女は彼らに的確な指示を出し始めました。

 

その言葉を聞いた魔術師のリーダーは、その少女の指示通りの司令を他の魔術師たちにも出します。

魔術師には、少女は何者なのかという疑問を残したまま。

怪しい黒い影はどこかに移動を始めており、余談を許さない状況となってきます。

<消滅した魔獣>

森の中では魔獣襲撃の混乱に乗じて、金目のものを馬車に積んでいた貴族を襲う強盗が現れていました。

元貴族だというその強盗犯は、魔獣の仕業にして貴族たちを亡き者にしようとしています。

するとその様子に気付き颯爽と登場したのは、マントを羽織ったアリア。

 

その頃マーベル皇城のてっぺんで暴れようとしていた魔獣は、カルシリオンたちに制圧されていました。

それでもなお余裕な様子に、これは本体ではないということに気付きます。

今にも消え果てようするそれはシャーロットを侮辱するような言葉を吐きますが、最後まで聞かないうちにユリアンに踏み潰され消えてしまいました。

 

ユリアンは今後の対策をカルシリオンに聞きますが、話を遮るようにしてアリアの居場所を問うダン。

もう城にはいないのでは、というダンの発言で3人に沈黙が走るのでした。

<強盗犯を倒すアリア>

襲われている貴族を助けに入ったアリアは、魔法を使わず素手で強盗たちを倒しています。

素手だけで戦う姿を見た従者たちは格闘士なのでは、と噂しますが、黄金色のマナに気付き彼女は魔術師であると考えた貴族の主。

強盗犯たちはアリアの強さに怯え、杖で魔法攻撃を仕掛けてくるのでした。

 

しかしアリアは防御魔法を使い、自分だけでなく貴族たちのことも守ります。

簡単に強盗犯たちを倒し、エルドの飛ばしているファミリアである蝶々を指にとめるアリア。

すると助けられた貴族の主が頬を赤く染めて、アリアに名前を聞くのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ68話感想

ジュディスは魔獣を倒しながら、黒い影が移動するたびに追いかけているのでしょう。

すぐ次の目的地まで行ってしまったようですが、途中で本物のジュディスに会ってしまったらなんと言い訳するのでしょうね。

 

前話で魔獣に襲われている老夫婦を助けていたアリアが、今度は強盗犯に襲われている貴族を助けていました。

襲われている貴族の主は目が光り抗おうとしていたので、ただのお金持ちではなくもしかしたら魔術師の1人なのかもしれません。

魔獣だけでなく人間すら悪事を働いてしまうほどの混乱を、アリアに止めることはできるのでしょうか。

 

そしてカルシリオンやダンたちにかかれば、魔獣の制圧もたやすいものだなと思ってしまいましたね。

ただ、倒した人間は本体ではないということなので、本体はもっと強いのでしょう。

人間にとっての100年、という言葉を使っていたのでやはり災いと関係のある魔物の仕業だと思います。

 

最後の場面では、アリアが軽々と強盗犯を倒していましたね。

頬を染めた貴族の主の様子を見ると、アリアの強さや黄金色のマナに一目惚れしたのではないでしょうか?

エヴァンの件で当初の目的である恋から遠ざかっていたアリアにも、恋の予感がしてきました!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ68話最新話と感想!魔獣と強盗犯を制圧!まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ68話最新話と感想を紹介しました。

カルシリオンたちは魔獣を制圧、そしてアリアは強盗犯から貴族を守る人助けをしていました。

助けた貴族とアリアは、恋の展開を迎えることになるのでしょうか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!