サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ71話最新話と感想!理想的な世界とは

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」71話のネタバレと感想をまとめてみた!

エルドに飲みこまれ亜空間へと入ったアリアは、夢のような世界へと入りました。

現実とは違う世界を見たアリアが思うこととは・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる71話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ71話最新話と感想!理想的な世界とは

<ここは一体?>

婚約式が行われると聞かされ、アリアはジュディスたちとともに教会に行きました。

そこで、これはエルドが見せている幻想の中であることに気づくアリア。

一体誰の婚約式なのかと問うとシルバイン卿の式であり、アリアはそこで証人の役割を果たすことになりました。

 

幸せそうなシルバイン卿を横目にジェフリーはどこなのかと聞くと、なんと彼はもうこの世から去ったと言われてしまいます。

幻想内のことなので本当にいなくなったわけではなくても、ジェフリーのお墓を前にしたアリアの胸は痛みます。

そしてジェフリーがこの世から去ったのは、大魔術師シャーロットが命を落としたことを公表された直後だというのだから、さらに驚きました。

<幻想で見せた世界>

シャーロットの死後、カルシリオンとユリアンは協力して大陸中の魔獣を討伐。

ダンは黒い月の隊長として貧民を救う活動を、エルドは異種族と人間の友好関係を構築、そしてエヴァンは魔術師の育成に尽力しているとのこと。

その話を聞いたアリアは、最も理想的なシャーロット死後の世界を幻想で作ったエルドは、一体何を見せたいのかと考えました。

 

何もしないまま1日が経ってもなお、アリアは幻想世界から抜け出せません。

見ているであろうエルドに対して、話があるなら直接話そうと言いますが返事はなく、代わりにジュディスが出てきました。

大きな独り言を呟くアリアを心配したジュディスは、気分転換をしようと無理やり街へと連れ出します。

<本当の望みは>

ジュディスは街にいる穏やかで幸せそうな恋人たちを見て、ああいうのがあなたの望む幸せなのでしょうと問いかけます。

平和な世界で幸せになるため私が協力する、とジュディスは言いますが偽物の世界で生きることに意味はないと言い切るアリア。

目の前のジュディスがエルドだと気付き、現実で話したいと言いますがエルドはそれを拒否し、逃げていきました。

 

エルドを追っている最中街の平和な様子を見たアリアは、これが私の望む理想の世界なのかもしれないと立ち止まっていると、突如耳元で不気味な声が聞こえてきます。

黒い影が身体にまとわりつき、本当の望みを知っているぞという言葉が聞こえたアリア。

その声の主は、大魔術師シャーロットが倒したはずの災いでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ71話感想

アリアはエルドの作った幻想世界に入っていたことがわかりましたね。

てっきりアリアの婚約式かと思いきやシルバイン卿のものであり、さらにジェフリーがすでにこの世から去っているという設定には驚きです。

エルドが嫌っているからとはいえ、お墓まで建てられてしまったジェフリーが少し可哀想だなと思ってしまいました。

 

幻想世界で弟子たちは皆シャーロットがいなくても自立し、自分たちの役割を果たしています。

弟子たちの行く末を気にしていたアリアにとって、それは理想的な世界と言えるでしょう。

エルドは理想的な世界で幸せに過ごしてほしいと願い、現実にアリアを戻したくないのかもしれませんね。

 

それでもアリアは偽物の幸せではなく現実を見なければいけないと強く思い、エルドと話をしたいと追いかけたのでしょう。

ただ、平和で穏やかな街の様子を見たとき、このまま理想的な世界が続けばと一瞬アリアも思ったのではないでしょうか。

 

そんなときに聞こえてきた災いと思われる不気味な声。

本当の望み、とその声は言っていましたが、アリアの本当の望みとは平和な世界が訪れることではないということなのでしょうか。

なぜエルドが作った幻想世界に災いが登場したのか、不思議でたまりません!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ71話最新話と感想!理想的な世界とはまとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ71話最新話と感想を紹介しました。

理想的な幻想世界の中にいたアリアでしたが、現実に戻ろうとエルドを追いかけます。

しかし不気味な声の主は、本当の望みは別にあると言うのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!