サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ75話最新話と感想!弟子たちの初対面

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」75話のネタバレと感想をまとめてみた!

手伝って欲しいことがあるとエルドに近づいてきたペイルは、後ろにナイフを隠しています。

エルドは警戒しながらもペイルに歩み寄ると…?

シャーロットには5人の弟子がいる75話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ75話最新話と感想!弟子たちの初対面

怪しい動き

ペイルの目の前まできたエルドは、人をあやめただろうと彼に問います。

その発言に驚いていると突然エルドが魔法を使い、彼を踏みつけました。

妖精だと知りながらも物騒なものを持って近づくのはなんの真似だ、と怒りをにじませていると、妖精仲間であるテンジェルが現れます。

 

血まみれで倒れている人を見かけ、助けを呼びに行っている間にペイルが落ちていた短剣を拾ったとのこと。

そしてエルドを怖がらせないために短剣を隠しながら近づいたのだと2人は説明をします。

 

誤解を招いてしまったことを謝罪するペイル。

そんなことより、とエルドが倒れている人間に触れたところ、すでに息をしていないことがわかりました。

テンジェルの嘘?

人が集まってきた現場で、ちゃんと説明すべきなのではとテンジェルが怯えているとエルドが止めます。

そして妖精のテンジェルなら助けられたはずなのに、本当はペイルの仕業なのに嘘をついているのではと心配をしました。

しかし人間が好きだからこそそんなことを黙って見ているはずがない、と涙を流しながらテンジェルは言います。

 

どうしてもペイルが怪しいと思い、倒れていた人間とともに彼のことを調べることにしたエルド。

テンジェルの心配をしていると、手元に1通の手紙が届きました。

エルドの思惑

エルドはシャーロットに招待されて、他の弟子たちも集まる場所へやってきます。

そこにいたカルシリオンを、人間の寿命は短いため年寄りである1人目の弟子は気にしなくて良いだろう、と失礼なことを考えるエルド。

 

4人目の弟子になることが納得できないため、シャーロットに新しい条件を提案するようです。

妥協して、1人目の弟子にするというのなら…と考えていると突然部屋が騒がしくなりました。

 

言い合いをしながら入ってきたのは、ユリアンとダン。

パンテウムの守護者は忙しいだろうから問題ない、だが魔族とのハーフであるダンは寿命が長くて厄介、などと考えるエルドでした。

2人が騒いでいるのを横目に、自分はあんな弟子にはならないと心のなかで誓っていると、エルドを見たユリアンが口を開きます。

 

新しいペットですか、と師匠に聞いているユリアンに腹を立てたエルドが反論していると、言い争いが激しくなる弟子たち。

そんな状況を見かねて、シャーロットが座るようにと声をかけると皆大人しく座ったのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ75話感想

さすが妖精なので、短剣を隠していることも血の匂いがすることもすぐに気付いたようですね。

テンジェルがやってきて誤解を解いていましたが、エルドは彼を疑っています。

 

倒れていた人間が息を引き取ったのは、助けるまでに時間がかかったからのようですね。

たしかに妖精であるテンジェルがその場にいたのだから、もっと早く救助できなかったのかなと思ってしまいました。

しかし、彼女が嘘をついているようには見えませんでしたね…。

 

エルドは気が強く攻撃的な性格だと思っていましたが、友人のことを心から心配している姿を見る限り、心の優しい妖精なのでしょう。

そんな強くも優しい人柄を知ったシャーロットは、弟子にしたいと考えたのかもしれません。

 

シャーロットから招待を受けたエルドは、生意気なことを言いながらも嬉しそうに見えましたね。

そして初めて他の弟子たちと対面しており、それぞれの寿命の長さを気にしていました。

妖精の寿命は長いのか不死なのかはわかりませんが、自分が1番長く弟子でいたいという気持ちがあるようです。

 

騒がしい弟子たちをたった一声で大人しくさせるあたりは、さすがシャーロット。

彼らを集めて話す内容とはどういったことなのでしょうか?

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ75話最新話と感想!弟子たちの初対面まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ75話最新話と感想を紹介しました。

エルドは弟子になりたい気持ちと、4人目の弟子は嫌だという気持ちとで葛藤したまま他の弟子たちと対面を果たすことに。

弟子たちを集めたシャーロットは、大事な話をしようとしています。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!