サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ84話最新話と感想!テンジェルの最後とは?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」84話のネタバレと感想をまとめてみた!

テンジェルを救おうと最後まで彼女の元から離れようとしないエルド。

エルドの想いにテンジェルは応えようとするが…?

シャーロットには5人の弟子がいる84話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ一覧へ

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ84話最新話と感想!テンジェルの最後とは?

2人の絆

今にも消えそうなテンジェルに抱きつくエルドは、手や顔に傷がつき血が出てきても彼女から離れようとしません。

最後まで説得しようとするエルドに離れるようテンジェルは言いますが、幼い頃そばにいてくれたことを思い出すエルド。

テンジェルもそのときのことを思い出し、思わず目を細めました。

 

すると背後から音が鳴ったかと思うと、何者かの気配を感じたテンジェル。

空間に入ってきたのは、フードをかぶった謎の人物。

その人物はペイルの前に現れたかと思うと、彼の首を掴んで潮時だと呟きました。

謎の人物登場

ペイルたちのそばに立っていたユリアンは、その人物を前にして身体が動きません。

パンテウムが警戒しているのだと考えていると、掴まれたペイルの身体がさらさらと消えていく場面を見ることに。

 

フードを外した男は、ペイルたちが隠し持っていた卵のようなものを見つけると拾い上げます。

そして動けなくなったユリアンをちらりと横目で見て近づきますが、その場で危害を与える様子はありませんでした。

 

その頃エルドはこの空間から一緒に出ようと説得し続けていたものの、テンジェルはすでに諦めています。

エルドを強引に引き離すと、全てを失ったかと思っていたがエルドがいてくれたと笑顔を見せるテンジェル。

その姿が黒い影になっていくのを見たエルドは、涙を流しながら手を伸ばすと奇跡が起こります。

妖精の姿へ

再びテンジェルの近くまで寄ると、本来の妖精姿へと変化するエルド。

2人は手を取り合い、その大きな妖精の手に包まれたのです。

 

最後まで諦めかけていたテンジェルでしたが、自らエルドの元へと飛んでいきました。

そしてこれまでのことを思ったのか、最後に謝罪の言葉を呟くとその姿はなくなっていきます。

 

そばで見守っていたシャーロットたちも妖精姿のエルドに包まれ、崩れそうな空間から出ることができました。

シャーロットの腕には、妖精の力を使ったためかぐったりとしたエルドがいます。

そんなエルドをダンやジェフリーが悲しそうな表情でみつめるのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ84話感想

エルドとテンジェルの絆の強さと、それでも救えなかった展開に涙がでます。

最後まで諦めようとしないエルドは、幼少期そばにいてくれた優しいテンジェルのことを想っていたのでしょう。

たとえ悪事を働いたとしても見捨てないところに、2人の絆の強さを感じました。

 

そして黒幕かと思われる謎の人物が現れペイルを消し去っていましたが、一体何者なのでしょうか。

ユリアンの身体が動かなくなるくらいの人物ということは、かなり強力な力の持ち主に違いないです。

 

彼も災いの復活を望む者なのか、また持ち去っていた卵の正体も今後明らかになることでしょう。

個人的には、あの卵から新たな強い魔獣が生まれるのかな?と思いました。

 

テンジェルは魂が彷徨うことを覚悟していたようですが、エルドのおかげでそうはならなかったようですね。

妖精王の後継者であれば、王と同じことができることがわかりました。

 

目を覚ましたらエルドは、テンジェルのことを思い落ち込んでしまうのでしょうか。

気が強く賢いエルドなら、妖精王の後継者として前を向いて進んでいきそうですね。

シャーロットのことも師匠として尊敬しているようなので、正式に弟子となる展開も考えられます。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ84話最新話と感想!テンジェルの最後とは?まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ84話最新話と感想を紹介しました。

新たに現れた謎の人物は、ペイルを消し去ると隠し持っていた卵を持ち去ることに。

そしてテンジェルは、エルドの元で穏やかな最後を迎えることになったのでした。

⇒シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!