実は私が本物だった101話最新話ネタバレと感想!回帰前にはない事故

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」101話のネタバレと感想をまとめてみました!

大叔母様の邸宅で事故が起こりますが、この事故は回帰前にはなかった出来事です。

実は私が本物だった101話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ

実は私が本物だった101話最新話ネタバレと感想!回帰前にはない事故

家族で食事

キイラとラディック閣下とジークの3人で食事をしていますが、ジークはいつもと雰囲気が違うと感じています。

コゼットがいなくなったこと以上に、キイラとラディック閣下が食事中に会話をしていることがジークはとても気になっています。

その時、キイラが急にジークに声をかけ、びっくりしたジークはフォークを床に落としてしまいました。

ジークはラディック閣下から貴族としてのマナーがなっていないと怒られると思ってしまいます。

 

しかしラディック閣下は怒ることなく、ジークの身を案じました。

ジークはラディック閣下の豹変ぶりに、一体何があったのだろうと思うのでした。

火薬事故

食事中ですがラディック閣下に、使用人から叔母の邸宅で火薬が爆発する事故があったと知らせが入ります。

キイラもその知らせを聞いて、大叔母様がケガをしてないか心配しますが、事故当時に神殿に行っていて留守だったので無事だったようです。

大叔母様の邸宅に火薬があったのは、毎年この時期に野外パーティーを開いており、その時に使う花火を作るために用意されていたとラディック閣下は言いました。

 

回帰前にはこんな事故はなく、嫌な予感を感じたキイラは大叔母様の邸宅に行くと言い出します。

何か別の問題がある可能性もあるとキイラは言うと、ラディック閣下もこの事故はコゼットの仕業である可能性があると考え、騎士団を同行させることにしました。

コゼットと再会

大叔母様の邸宅へ向かうキイラは馬車の中で考え事をします。

今までのコゼットの行動を考えると今回の事故もきっとコゼットが絡んでいると確信しており、追い出されようがコゼットが存在し続ける限り、真の安息は訪れそうにないと思っています。

 

そして大叔母様の邸宅に着くと、そこにコゼットがいました。

コゼットからキイラに近寄ってきて、久しぶりねと声をかけてきました。

実は私が本物だった101話感想

ラディック閣下とキイラの仲は、狩猟大会の事件以降から今も良好ですね。

ラディック閣下のお堅い雰囲気がなくなり、娘や息子を気遣う優しさを持つ父親となりました。

狩猟大会に行けなかったジークは、一体何があったのかとモヤモヤしていますが、ようやくパルビス家は温かみのある家族になったようで、筆者は嬉しく思います。

 

コゼットも追い出され平和な日々を送っていたのも束の間、大叔母様の邸宅で火薬事故が起きてしまいました。

キイラはコゼットの仕業だとすぐに考え、邸宅へ向かうと、コゼットまで邸宅にいました。

これはコゼットの仕業で確定でしょう。

 

読者にはコゼットが悪魔ラギバッハであると明かされていますが、キイラにはまだ正体が明かされていません。

それでもキイラは、パルビス家の邸宅から追い出されただけでコゼットが大人しくなる訳がないことを分かっていますね。

コゼットが存在し続ける限り、真の安息は訪れそうにないというキイラの考えは当たっています。

コゼットが本当は悪魔だということがキイラやラディック閣下たちにも明かされれば、もっと早く手を打てると思いますが、コゼットが簡単に正体を明かすなんてことはないでしょうね。

 

コゼットは前回、正面突破あるのみだと言っていましたが、火薬事故もその計画の内なのでしょうか。

大叔母様の邸宅に精霊石があると考え、破壊しに来たのかもしれません。

3週間ぶりのキイラとコゼットの再開、戦いの火蓋が切って落とされました。

コゼットの悪事をキイラは止めることができるでしょうか。

実は私が本物だった101最新話ネタバレと感想!回帰前にはない事故まとめ

今回は「実は私が本物だった」最新話101話のネタバレと感想を紹介しました!

コゼットが大叔母様の邸宅に来た目的は何なのでしょうか、次回も楽しみです!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!