実は私が本物だった115話最新話ネタバレと感想!審理開始

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」115話のネタバレと感想をまとめてみました!

バインベルク伯爵は帝国で定められた権利をうまく利用し、審理を開催させました。

実は私が本物だった115話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ

実は私が本物だった115話最新話ネタバレと感想!審理開始

ミカエルの判断

バインベルク伯爵の告発にて、舞踏会の会場はざわついています。

バインベルク伯爵は、伯爵以上の爵位を持つ貴族であっても同じ高位貴族を〇害した疑いが持たれたら、すぐに調査に応じなければならないのは自分の権利であるので、裁判に先立ち審理を要請するとミカエルに言いました。

ミカエルは、その権利には責任が伴うと返すと、バインベルク伯爵は自分の主張が嘘であった場合はそれなりの代価を払うと約束すると答えます。

ミカエルは苦渋の思いで、バインベルク伯爵の要求を受け入れると言うのでした。

その時のコゼット

会場内のみんなは審理を行う場へ移動します。

その時ジークが、コゼットがいるを見つけて、キイラに知らせました。

コゼットはとても苛立っているような表情をしており、コゼットにとっても予想外の展開だったことが伺えます。

バインベルク伯爵の告発はコゼットにとっては自分が実の娘だと証明できるわけではないからプラスにならない、ひょっとしたらバインベルク伯爵とコゼットの間に亀裂が入ったのかもしれないとキイラは考えました。

バインベルク伯爵の主張

審理が開始され、ミカエルはまずバインベルク伯爵に告発対象の罪目に関する証拠の提示を求めました。

バインベルク伯爵は、人類にはベアトリーチェを扱うことができる精霊士がいなければ滅びてしまうことを最初に強調してから、エディンバラ侯爵がしてきた行為を話します。

エディンバラ侯爵はロエナが子供を産めない体だと汚名を着せて大公家から追い出しただけでなく、ロエナが妊娠しているという情報を入手すると証拠隠滅のために〇害した、ロエナのお腹の子供は神託によって定められた唯一の精霊士となる女の子だった…

エディンバラ侯爵は自分の私利私欲を満たすために人類全体を危機に陥らせたのだと、バインベルク伯爵は説明しました。

 

ミカエルは証拠はあるのか訊くと、バインベルク伯爵はあると答え、黒髪の男性を審理の場の前に出させました。

キイラはその男性の姿を注視します。

実は私が本物だった115話感想

今のところ、バインベルク伯爵の計画が滞りなく進んでいます。

バインベルク伯爵の証言にて明かされた、エディンバラ侯爵が今までしたきた行為は真実なので、反論しにくいでしょう。

しかも聴聞会は建国記念日の後からだと思っていたから、エディンバラ侯爵は反論を考える準備を何もしていません。

エディンバラ侯爵、最大のピンチです。

 

そしてピンチなのはエディンバラ侯爵だけでなくキイラも同じだと思います。

バインベルク伯爵は、妹のロエナを〇されたことによりベアトリーチェを扱うことができる精霊士まで〇んでしまったとなると、キイラは精霊士ではないと思われてしまうでしょう。

キイラがすでに精霊士としての力に目覚めていたらバインベルク伯爵の証言は嘘だという何よりの証拠になりますが、今すぐ精霊士として覚醒するのは難しそうです。

 

また、バインベルク伯爵の証言が全て真実だと受け入れられたら、コゼットの存在理由も危ぶまれるでしょう。

ロエナの子供は亡くなったのに、なぜコゼットがいるのかと疑問に思われそうです。

バインベルク伯爵はラギバッハの都合など考えず、とにかくロエナの仇を早くうちたかったのだろうなと思いました。

バインベルク伯爵、エディンバラ侯爵、キイラ、コゼットは審理によってどのような運命を辿るのでしょうか。

実は私が本物だった115最新話ネタバレと感想!審理開始まとめ

今回は「実は私が本物だった」最新話115話のネタバレと感想を紹介しました!

キイラの母親の愛人だと主張する男の登場で、審理はどのような結果となるでしょうか、目が離せません!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!