実は私が本物だったネタバレ59話最新話と感想!寛大なキイラ

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」59話のネタバレと感想をまとめてみました!

貧民街から専属メイドを選んできたコゼット。

転生前と同じ展開に直面です!

「実は私が本物だった」59話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

実は私が本物だったネタバレ59話最新話と感想!寛大なキイラ

専属メイド

コゼットの脇に小さく経つ汚い身なりの少女を指し、キイラはその子はどうしたのかと聞きます。

両親は亡くなっており、育ててくれていたおじ様も先月亡くなり、行き場が無くなっていたのだと話します。

うちで働いたらどうかと思い連れてきたそうで、幼い頃から手伝いをしてきたから手際も良さそうだと微笑みました。

 

貴族家のメイドになるためには厳しい条件をクリアする必要があり、推薦書もないメイドは一人もいないと返します。

それでもコゼットは諦めず、キイラが専属メイドを割り当てないから不便なのだと抗議してきました。

困った顔をしてみせるキイラに、安定的な仕事を紹介すると連れてきた手前返せないと騒ぎ出し、周りのメイドたちは不安そうです。

 

キイラは仕方ないという雰囲気を出し、今回だけだと認めてあげました。

パルビス家に泥を塗る真似をしたら追い出す約束をすると、コゼットは自分がしっかり教育すると喜びます。

やり取りを聞いていたメイドたちは、キイラの優しさに驚き、コゼットのワガママさを影で話し始めます。

止まらない文句

その後数ヶ月はコゼットも大人しく過ごし、メイドたちからの警戒は薄れていきました。

屋敷を歩いていると、先輩メイドがミナを気遣う会話が聞こえてきます。

 

コゼットのおかげで問題ないと返すミナですが、キイラに気に入られたいメイド長が意地悪してくると文句を言い始めました。

キイラへの文句が止まらないミナに、エミリーが怒った様子で現れます。

出身も不明で雇ってもらったのに恩知らずと罵りますが、キイラも実の娘が疑われているから同じだと返しました。

許し

キイラはタイミングを見て、パルビス家で働きたければ口を慎むように言ったはずだと姿を見せます。

ミナは間違ったことは言っていないと挑発し、コゼットの計画通り殴られるだろうと覚悟します。

 

しかしキイラはコゼットの肩に手を置き、今回は見逃してあげると微笑みました。

大公家のメイドらしく振る舞うようにするように言い、エミリーを連れてその場を去っていきます。

実は私が本物だった59話感想

キイラは回帰前の記憶があるミナをコゼットの専属メイドとして受け入れました!

キイラの言動は全て計算されており、メイドたちからの評価はうなぎ登りです!

 

コゼットはミナという少女を、自分の専属メイドとして雇いたいと、ワガママを言っていましたね!

連れてきた手前返せないだなんて、幼い子が駄々を捏ねているのと同じです。

 

それに引替えキイラは、きちんと困った後に、寛大に許してあげる様子を見せました。

メイドたちからとても評価されており、相対的にコゼットが低評価なようで良かったです!

 

連れてこられたミナは、思ったよりも気が強く、コゼットに上手く洗脳されているようでしたね。

いくらコゼットが大人しく振舞っても、コゼットを良く、キイラを悪く言わせる発言は、もう効果は見込めないでしょう。

コゼットの計画を逆手にとり、ここでも寛大さを見せつけたキイラの作戦勝ちです!

 

1度全てを経験しているとはいえ、計算して上手く振る舞えるのはキイラの努力の結果でしょう。

このまますべてコゼットの先をいってほしいですね!

実は私が本物だったネタバレ59話最新話と感想!寛大なキイラまとめ

今回は、「実は私が本物だった」59話のネタバレと感想を紹介しました!

コゼットの専属メイドとしてやってきたミナ。

コゼットの駒としてどう動くのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!