実は私が本物だったネタバレ62話最新話と感想!祭典へ出席するのは

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」62話のネタバレと感想をまとめてみました!

騎士団との飲み会を楽しむキイラ。

その裏で、大叔母様から大公宛に手紙が届いていました。

「実は私が本物だった」62話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ

実は私が本物だったネタバレ62話最新話と感想!祭典へ出席するのは

娘の変化

大公の部屋に夕飯を運びに行ったエミリーは、キイラのメイドなのになぜここにいるのかと聞かれます。

外出中だからと答えると、あのヒモ男と一緒かと怒りかけてしまいました。

 

騎士団からキイラの団長職復帰を祝う会に参加していると訂正すると、意外そうな表情を浮かべます。

大公はキイラが夜遅くまで他人と一緒に過ごしていることに驚きつつも、どこか感慨深さを感じていました。

女神を祀る祭典

叔母様から届いた手紙には、健康状態が悪化し女神を祀る祭典に参加できそうにないと記されえていました。

代理にはキイラを推薦しますが、神殿側は簡単にひとりの公女を選べないそうで、意見がほしいと書かれています。

 

初春に女神のための祭典を執り行う伝統があり、女神に選ばれしせいれいしが参加することになっていました。

精霊士の叔母の代理となれば象徴的な意味合いが大きく、問題が起これば今後神殿の行事に参加するのは難しくなります。

 

メリットもデメリットも大きく、大公がその場ですぐに判断することは出来ません。

ロバートに明日の朝二人を執務室に呼ぶよう指示しているのを、ミナが隠れて聞いていました。

コゼットへ報告

事の詳細をすぐにコゼットに報告しに行ったミナは、教えてくれてありがとうと微笑まれます。

前回のメイドの件は失敗したと伝えると、頬を両手で包まれ、本当に大切に想っていると見つめられました。

コゼットは路上で弟と震えているのを目にしたときは心が痛んだと言い、またあの路上に追いやりたくはないと言います。

 

ミナがしっかりサポートし、自分が確固たる地位を手に入れれば弟の面倒も見ると約束すると微笑みました。

路上に戻ることだけは嫌なミナはこぶしを握り締め、どんな手を使っても必ず役に立ってみせると宣言します。

そんなミナを見たコゼットは、神殿での活躍を期待していると言い、ニヤリと笑みを浮かべました。

実は私が本物だった62話感想

女神を祀る祭典の時期がやってきました。

体調不良の叔母様に代わり、ふたりの内どちらかが参加しなくてはなりません!

 

大公はキイラが変な男とつるむのは許せませんが、騎士団の飲み会に参加している事は嬉しそうでしたね!

変化を感慨深げに受け止める様子は、まるで愛する娘の成長を見守る素敵な父親のようです。

回帰前はあり得ないことなので、大公も今回は性格が変わっており、愛が芽生えたのかもしれません。

 

大叔母様が体調不良で祭典に出席できないことで、ふたりの内ひとりを選ばなくてはならなくなってしまいました!

ひとりを選ぶというのは、現時点でどちらがより公女としてふさわしいと思われているかを示すことになる気がします。

これはキイラもコゼットも、自分が選ばれたいと思っているでしょう!

 

しかし選ばれたとしても、祭典中に問題を起こせば、今後の行事には参加できなくなるようでとてもハイリスクです。

キイラはこの出来事も経験しているはずなので、対処できるとは思いますが、心配ですね!

コゼットはキイラを出させてミスを犯させるか、何が何でも自分が出るように仕向けるか、どちらにするか気になります!

 実は私が本物だったネタバレ62話最新話と感想!祭典へ出席するのはまとめ

今回は、「実は私が本物だった」62話のネタバレと感想を紹介しました!

祭典に出席する公女がひとりだけ選ばれることになりました。

ふたりがどう戦略を立てるのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!