実は私が本物だったネタバレ63話最新話と感想!ふたりで一緒に

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」63話のネタバレと感想をまとめてみました!

団員たちとの飲み会を存分に楽しんだキイラ。

ジョゼフと話したことは覚えていますが、内容はさっぱりです!

「実は私が本物だった」63話のネタバレと感想を紹介します!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

実は私が本物だったネタバレ63話最新話と感想!ふたりで一緒に

静かな牽制

翌朝大公の部屋へ向かったキイラは、扉の前で同じく呼び出されていたコゼットと鉢合わせます。

同じ邸宅にいてもなかなか会えないわねと微笑まれ、遠回しに避けているのかと言われているように感じます。

ひきこもっていたのは自分だと言う意味を込めて、忙しく邸宅中を走りまわっていたのに不思議だと微笑み返しました。

 

神殿のことで会いに来たのかと聞かれ、回帰前はコゼットに初春の祭の代理人を奪われたことを思い出します。

罪のないミナを虐待したという濡れ衣を着せられ、謹慎させられていたのでした。

今回は絶対に奪われないと心の中で誓い、ふたり一緒に大公の部屋へ入ります。

代理人になりたい!

大公は呼ばれた理由はロバートから聞いているはずだと切り出し、代理人を誰に任せるか考えを聞きたいと言いました。

その言葉を聞き終わる前に、キイラもコゼットも声を合わせて私に任して下さいと申し出ます。

 

コゼットに神殿に行ったことがあるのか聞くと、もちろん毎月お祈りしに行っていると返されました。

そうではなく祭りが開かれる内堂に入ったのかと聞き、準備の進め方を知らないのに務まるわけが無いと否定します。

自分は小さい頃何度も大叔母様について行ったとキイラは笑みを浮かべました。

 

コゼットは悔しそうに、経験のない自分こそチャンスを与えられるべきだと主張します。

2人の積極性に頭を抱えた大公は、叔母様の判断に委ねると結論付けました。

一緒に参加

負けを感じたコゼットは、それならとキイラの腕をとり、2人で1緒に行ってくると楽しそうに提案します。

一緒なら仕事も減るし楽だとニコニコされ、キイラは不快感が隠せません。

大公からキイラの考えを聞かれ、1人の方が良いと答えてコゼットが選ばれる可能性を考慮し、渋々受け入れました。

 

出発当日の馬車の中で、キイラは回帰前と違つて祭に参加することが出来て良かったと安心していました。

楽しそうにぺちゃくちゃと話し続けるコゼットは鬱陶しく、キイラは何を聞かれても知らないとつれない態度です。

一緒の祭だなんて楽しみだと微笑まれ、自分も楽しみだと微笑み返しました。

実は私が本物だった63話感想

初春の祭には、キイラとコゼットがふたりで一緒に代理人を務めることになりました!

会議前とは違う展開に安心するキイラですが、大公はどこか不安そうです。

 

コゼットの提案により、代理人はどちらか1人ではなく、ふたり一緒になりましたね!

大公は叔母様の判断に委ねると言いましたが、叔母様の推薦もキイラだったので、大公もキイラだと判断したのでしょう。

 

自分が選ばれないのを感じ取ってすぐに行動に移したコゼットは、とても腹立たしいですね!

自分が選ばれないことを危惧したキイラですが、自信を持って一人が行くべきだと主張すれば良かったのにと思います。

 

一緒に仲良く代理人を務めることになりましたが、ミスが起これば二度と参加は出来ない祭です。

コゼットがミナに何かをお願いしていたので、キイラに濡れ衣を着せるつもりなのでしょう!

回帰前とは違う状況なので、キイラが上手く対応できるかわからず不安です!

 

またキイラはジョゼフとのことを忘れてしまっていましたね。

キイラがジョゼフの気持ちに気づかないと上手く進まないので、ここの二人の関係はまだまだじれったいものになりそうです!

実は私が本物だったネタバレ63話最新話と感想!ふたりで一緒にまとめ

今回は、「実は私が本物だった」63話のネタバレと感想を紹介しました!

一緒に初春の祭に参加することになったキイラとコゼット。

コゼットが何をしかけてくるのか、今後の展開が気になります!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!