実は私が本物だった75話最新話ネタバレと感想!見えない協力者

実は私が本物だった

「ピッコマ」連載漫画の「実は私が本物だった」75話のネタバレと感想をまとめてみました!

離れの部屋に謹慎処分され、一人でいるはずのコゼットですが、何者かと話し合っています。

実は私が本物だった75話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

実は私が本物だった75話最新話ネタバレと感想!見えない協力者

エレズとジョゼフのいがみ合い

夜になり、エレズはキイラをパビルス邸から少し離れた所へ送りました。

キイラと二人でいる所が見つかって、大公から尋問されるのをエレズは恐れていたからです。

 

そこへジョゼフがキイラを迎えに来ました。

ジョゼフはキイラを勝手に連れて行ったエレズをならず者と呼び、ジョゼフとエレズの間で何かを争っているような雰囲気に、キイラは気まずさを覚えます。

キイラがエレズに、ケンカしてないで早く帰るように言うと、エレズは仕方なく瞬間移動の魔法で帰りました。

温かい気持ち

ジョゼフはエレズからの空中散歩を止められず申し訳ないと謝りますが、キイラは何もなかったから大丈夫だと言います。

キイラはジョゼフにケーキのお土産を買ってきており、ジョゼフに渡します。

そして今日のお出掛けで買った私服もすごくかっこよかったから時々着てほしいと、キイラは笑顔で言いました。

ジョゼフは赤面しつつ、キイラの気持ちがとても嬉しく思いました。

一人のはずのコゼット

コゼットは離れの部屋に一人でいるはずですが、姿が見えない何者かと会話しています。

コゼットは見えない者から、キイラにやられたことを責められていました。

コゼットは自分の身体が弱くて脆いこと、大公を言いくるめようと力を使おうとしたけどベアトリーチェが健在のため力を使うのに限界があることに苛立ちを覚えていました。

しかし、コゼットはまだ切り札はたくさん残っていると言います。

 

今はタイミングを待って、時がきたらあの方法を使うと言うのでした。

実は私が本物だった75話感想

前話ではエレズが突如キイラを空中散歩に連れて行ってしまいました。

ジョゼフは置いてけぼりです。

ただでさえエレズに対抗心を燃やしているのに、ジョゼフはお構いなしにキイラを手が届かない場所へ連れて行ったらジョゼフが怒るのも当然です。

それでもジョゼフは大公にこのことを言いつけたような描写がないので、ジョゼフの寛大さも見受けられました。

 

エレズと二人きりで空中散歩を楽しんだキイラですが、ジョゼフのことは忘れておらずお土産を買って来てくれていました。

私服もたくさん買ってもらい、しかもかっこいいなんて言われて、ジョゼフはますますキイラへの好意が強まったでしょう。

 

コゼットは離れの部屋に一人でいるはずなのに、何者かと会話していました。

コゼットは二重人格なのか、それともコゼットにしか見えない誰かがいるのでしょうか…

コゼットはミナ以外にも協力者がいるようです。

その協力者は何か強い力を持っていそうな予感がします。

 

コゼットにはまだ切り札があると言っていましたが、まさか精霊士の力のことでしょうか。

しかし、その力を使えばもっと手っ取り早くキイラを撃退できるので、精霊士の力が使えるのにもったいぶるのは変かもしれません…

コゼットの切り札、とても心配です。

実は私が本物だった75最新話ネタバレと感想!見えない協力者まとめ

今回は「実は私が本物だった」最新話75話のネタバレと感想を紹介しました!

コゼットに残っている切り札とは一体何なのでしょうか、今後の展開に注目です!

⇒実は私が本物だったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!