アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ26話最新話と感想!四人衆全員とのご対面

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」26話のネタバレと感想をまとめてみました!

力を付けたら戻ると言っていたアナキンでしたが、アイリスが想像以上に大変だと知り、ローヘンハイムに戻ることに。

ショートケーキ作りに励むアイリスは、四人衆の一人であるテリア・オパールの心を掴むことが出来るのでしょうか。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」26話のネタバレと感想を紹介していきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ26話最新話と感想!四人衆全員とのご対面

4人の印象

アイリスがもっとの心を掴みたいと持っているテリア・オパールは、偉大なる賢者として有名な人物です。

6歳にして、ラジコンカーのようなものを作り出すほどの才能に満ち溢れていました。

予星館に着くと、グレンディが案内してくれます。

 

案内され、部屋まで向かう道中、アイリスはアナキンのことがよぎりました。

中に入ると、リュウがダニーの胸ぐらをつかみ、テリアはお菓子をほおばり、ヴァレンシアガ公爵ことイアンは微笑んでいました。

 

リュウ・モーガンは噂通り女性には優しく、ダニーはお金への執着心が強く、テリア・オパールはアイリスが想像していたよりも幼く、イアンのことはまだ理解できない。

アイリスの中の4人の印象でした。

テリア・オパールとの出会い

アイリスは、差し入れに黒い鞄をテーブルの上に置きました。

それを見て、金目のものを想像するダニーでしたが、大きなホールケーキだと知るとがっかりしました。

アイリスから食べてもいいと言われると、テリアは喜んで食べ始めました。

 

パクパクと美味しそうに食べてくれるので、アイリスは自分も分も良ければ…と最後まで言い切る前でテリアはアイリスの分まで食べてしまいました。

リュウが、テリアをフォローし、代わりにアイリスにお礼を言います。

 

テリアは教育上の問題で礼儀がなっていない訳ではなく、事情持ちでした。

天才と呼ばれていた息子を使って金儲けするために、テリアはずっと監禁されていたとのこと。

またケーキを作る約束をするアイリスのことを、いい人だとテリアは微笑みます。

 

テリアは自分を利用するものを一瞬で見抜く力を持っていますが、アイリスについてはすごくなついている様子。

そんなテリアを見て、イアンはますますアイリスが不思議な人だと思うのでした。

アイリスの用件

アイリスに用件を聞くイアン。

すると、キャンドルやディフューザー、化粧品などが作れる魔導具を作って欲しいと頼みます。

そして、アイリスはあらかじめ用意してきた設計書を見せました。

 

設計書を見て、テリアは面白そうと言い引き受けます。

アイリスの用件は今回はこれだけだと言い、またお伺いしてもいいかを聞くと、今回はこれで帰っていきました。

アイリスに好印象を受けるリュウ。

 

久々に妹をみた感想はどうだと、ダニーが隣の部屋のドアを開けると、そこにはアナキンが隠れています。

アイリスを守ると誓ったはずなのですが、自分はまだ無力だと感じるアナキンでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ26話の感想

見事、テリアの胃袋を掴んだアイリス。

リタ達も感動するくらいのケーキなので、きっとおいしくて喜んでいたに違いありません。

私自身、ケーキを作ることが出来ないので、何でも作ってしまうアイリスがもはや天才にしか見れません。

 

記憶があることだけでここまでできるのだろうかと思わされるほどです。

スイーツと引き換えに、いろいろな魔道具を作ってくれそうな予感がしますね。

でも、テリアを利用しようと考えているアイリスですが、感謝の気持ちを感じることから、テリア自身もアイリスに何かしてあげたいと自然と思うのかもしれませんね。

 

アナキンはアイリスの様子を隠れてみていたようですが、まだアイリスに会う自信がないようです。

もっと自分に自信が持てればまた変わってくるのかもしれませんね。

 

今回で、アイリスは初めて四人衆全員と顔を合わせることが出来ました。

これからアイリスは四人衆の皆さんとどんなふうにかかわりを持つことになるのでしょうか。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ26話最新話!四人衆全員とのご対面のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」26話のネタバレと感想を紹介しました!

四人衆の全員と初めて会うことになるアイリスは、最も心を掴みたいと思っていた、テリア・オパールの心を掴むことに成功しました。

アイリスの様子を見ていたアナキンは、まだ自分は無力だといい、アイリスには会えませんでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!