アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ48話最新話と感想!蘇る辛い過去

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」48話のネタバレと感想をまとめてみました!

ネラの次なる策略が見えてきました。

そして、アイリスのもとに婚約書が届き、ハワードとの婚約が早まったことに戸惑ってしまうアイリス。

今後の展開はどう動くのでしょうか。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」48話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ48話最新話と感想!蘇る辛い過去

処罰へのシナリオ

地下に乱暴に投げられ、パニックを起こすハーガス子爵。

アイリスの子供な感情によって流されただけと勘違いしていました。

今すぐ解放すれば通報はしないとハーガス子爵は叫びます。

 

しかし、アイリスは過去でひどい仕打ちをされたことを忘れることはありません。

過去では、ネラは堂々とアイリスの夫であるハワードと不倫関係にあり、明らかにネラに非があるにもかかわらず、ハーガス子爵はアイリスの話を聞かず、ネラをかばったのです。

 

ネラとハワードが不倫関係になったのは、アイリスが浮気をしたからだと、でたらめな噂を長し、フォレスト家の主人にふさわしいのはネラ様だと、泣きつくアイリスを見捨てたハーガス子爵。

自分のことしか考えず、恥や罪の意識を感じない彼に対して、アイリスも冷酷に対応します。

 

舌を切ってしまいなさいと言うアイリス。

ハーガス子爵は怒鳴りますが、アイリスの表情が変わることはありませんでした。

目が本気なことに気づくと、さっきまでの威勢がなくなり青ざめます。

 

慌てて謝罪し、なんとかこの場を切り抜こうとハーガス子爵は考えますが、言い争いをしているうちに激情してアイリスに刃を向けようとしたが失敗し、地下に閉じ込められたシナリオを作り、アイリスは、アナキンの騎士の短剣を引き抜いて、自身の手を深く斬りつけました。

アイリスはハーガス子爵に別れを告げ、地下に閉じ込めるのでした。

近づく距離感

アイリスは雨の中一人で歩いていました。

ハーガス子爵を地下に閉じ込めてしまったことを、当然の報いだと思う反面、間違っていたのだろうかと気が重くなるアイリス。

 

そこに、一人の男性が声をかけてきました。

昔も同じように声をかけられたことがあったような気がすると思うアイリス。

 

声をかけてきたのはイアンでした。

予星館で起きることをすべて把握しているイアン。

大丈夫かと気遣い、アイリスの頬に触れます。

 

大丈夫と毅然とした態度でふるまうことが出来なかったアイリス。

辛いとぼやき、うつむきます。

どのように慰めていいか分からず、イアンはアイリスの顎を持ち上げキスをしました。

 

アイリスは涙をこぼしながら、イアンにもたれると、イアンも大丈夫と言って抱きしめます。

アイリスのイアンを見つめる瞳は悲しそうでした。

そうしてアイリスは屋敷へ戻っていきます。

赤い瞳

イアンは昔のことを思い出します。

アイリスのあの瞳を昔も見たことがありました。

 

それは幼いアイリスが広い皇宮で家族とはぐれて泣いている時。

泣いているアイリスに気が付き、一人ぼっちかいと言い近づくイアン。

アイリスは潤んだ赤い瞳でイアンを見るのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ48話の感想

ハーガス子爵は、過去にひどい扱いをしていたことが分かりました。

アイリスは何も悪くない。

むしろ被害者なのに、助けを求めてもネラの味方をし、アイリスを悪者にしたのです。

 

今回も、アイリスに対して数々の暴言を吐き散らすハーガス子爵をアイリスは地下に閉じ込めてしまいました。

当然の報いだと思う一方で、罪悪感にさいなまれるアイリス。

アイリスに優しい心があるからこその罪悪感なのだと思います。

 

そこへイアンが現れるのですが、毎回イアンはいいタイミングで現れますね。

アイリスを慰めるためにキスをするのですが、このシーンでは多くの人が興奮したことでしょう。

ついにキス!

 

でも、2人がすぐに結ばれるのは難しい状況です。

アイリスがイアンとすぐに結ばれてしまうと、ハワードと結婚し、ネラとの不倫現場を押さえて離婚訴訟を起こすことが出来なくなってしまいます。

いっそのことそんな事せずにイアンと結ばれてしまえばいいのにと思ってしまいます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ48話最新話!蘇る辛い過去のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」48話のネタバレと感想をご紹介しました!

ハーガス子爵は、超えてはいけない線を越えてしまったことで、アイリスによって地下室に閉じ込められてしまいました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!