アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ61話最新話と感想!同日開催のパーティ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」61話のネタバレと感想をまとめてみました!

アクシデントがあったものの、ご夫婦仲直りすることが出来、アイリスをはじめ、周りの人も感動に包まれました。

マリアンヌがアイリスと同じ日にパーティを開催することになったのですがどんな結果になるのでしょうか。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」61話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ61話最新話と感想!同日開催のパーティ

招待客の来ないパーティ

多くの人がカマンディ侯爵令嬢のパーティに半ば強制的に参加せざるを終えず、その結果、フォレスト邸には、時間になっても招待客が来ませんでした。

そんな中に数人の令嬢を誘ってロウェナがやってきました。

さっきまでの殺風景だった雰囲気も少し場が明るくなります。

 

人が少ないひっそりとした会場に、他の令嬢たちは今からでも派手なカマンディ侯爵令嬢のパーティーに行こうかと話し始めていましたが、ロウェナに誘われて、渋々と庭園の中へ行きました。

庭園の中を歩いていると、幻想的な空間に包まれます。

アイリスが切り分けていたのは、丸太に似たバームクーヘンでした。

 

幻想的な空間と、見たことのない食べ物で楽しませてくれるのですが、ロウェナが連れてきた令嬢の中には、一人マリアンヌの取り巻きがいて、いちいち揚げ足を取ってきます。

そこへ、イアンやモーガン、テリア+付き人のダニーが花束を抱えてやってきたので、アイリスも含め令嬢たちは驚きました。

立場が逆転

アイリスが普段から親交を持つ彼らは、皇宮のパーティーですら滅多に会うことが出来ないことから、他の令嬢たちからすると大喜びでした。

その一人、マリアンヌの取り巻きのシレンゲル令嬢は、急いでマリアンヌのパーティー会場まで行き、イアン達が来たことを報告します。

 

すると、マリアンヌは泣き出してしまいました。

アイリスのところには行くのに、自分のところには来てくれない。

 

怒りと悲しみで取り乱すマリアンヌ。

取り巻きたちはオロオロとしながらも慰めます。

 

招待客のほとんども、ヴァレンシアガ公爵達がいると聞き、皆そろそろとアイリスの方へと移動を始めました。

取り巻きの一人が、パーティーの主催者なのだから泣かずにしっかりしなければいけないと注意します。

すると、私の気持ちなんてわからないと、今度は逆切れするのでした。

アイリスの化粧品

先ほどまで殺風景だったアイリスのパーティ会場も、気が付けば予想以上に大勢の人でにぎわっており、侍女たちが忙しく動き回っています。

アイリスの会場に来ては見たものの、令嬢たちはマリアンヌが怖くてそわそわしています。

 

そこで今度は、フォレスト家の家臣夫婦が入場してきました。

どの夫人も美しく、その中でも先頭を歩くモルタ夫人は特に皆に褒められます。

 

モルタ子爵もお化粧を施されており、顔色が良く、いつもより男前。

モルタ子爵夫人は、フォレスト侯爵令嬢がくださった化粧品のおかげだと言い、アイリスはロウェナをモデルに、化粧品の実演を披露するのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ61話の感想

マリアンヌは、ネラの入れ知恵により、アイリスのパーティと同じ日にパーティを開催しましたが、やっぱりこのような結末になりましたね。

きっとこうなるだろうとは思っていましたが…。

 

過去でも、アイリスが開催したパーティーに四人衆の皆さんが来ていたら、もしかして何かが変わっただろうか…と考えました。

イアン達の存在って無敵だなと思いました。

四人衆だけではなく、今は兄のアナキンもいますしね。

 

でも、アイリスのパーティが成功する理由はそれだけでもなさそうです。

アイリスの作ったお化粧の効果はどのくらいあるのかも気になりますね。

 

そして、ソリアの試験結果はどうなるのでしょうか。

ロウェナも、アイリスと仲良くなってからは楽しい日常をする語すことが増えたように思います。

絶対そうなんじゃないかと思います。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ61話最新話!同日開催のパーティまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」61話のネタバレと感想をご紹介しました!

殺風景だったアイリスのパーティ会場に、イアン達が来たことを知ると、マリアンヌのパーティに参加していた令嬢たちはアイリスのパーティ会場へと向かっていきました。

家臣夫人たちがお化粧をしているのが好評で、アイリスはロウェナに頼んでお化粧の実演を始めまるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!