アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ74話最新話と感想!アイリスの企み

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」74話のネタバレと感想をまとめてみました!

転生前のことを受け入れてもらえ、心から笑顔になるアイリス。

ソリアになったアイリスの護衛として、ハワードが護衛につくことになったのですが、ハワードを護衛から外すことを考えるのでした。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」74話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ74話最新話と感想!アイリスの企み

最初のお願い

アイリスがリザ皇妃に挨拶をします。

すると、リザ皇妃は敬語を使うようになりました。

 

恋人であるハワードがアイリスの護衛に任命されたことから、まだアイリスをハワードの嫁にすることを諦めてないリザ皇妃。

私は私の味方であれば寛大なのだと言うリザ皇妃の言葉に、アイリスは今回の魔導開発室の公認推薦にミサーラ子爵を指名してほしいとお願いしました。

 

アイリスの指名に、リザ皇妃は何の疑いも持ちません。

ミサーラ子爵は、アナキンとフォレスト家を取り合う関係でもあることから、アナキンやイアンではなく自分に味方するのだろうと考えたリザ皇妃は、アイリスからのお願いを快諾するのでした。

アイリスの考え

数日後、魔導開発室の副責任者に任命され、機嫌のいいミサーラ子爵の姿を見たリュウは、ミサーラ子爵が魔導開発室の副責任者になってから目につくとアイリスにぼやきます。

しかし、アイリスは考えがありました。

 

彼の事業がいくつか失敗するところで、アイリスからの資金援助も絶たれた今、役職を与えられれば皇室のお金に手をつけるはずだとリュウに説明します。

そして、告発させる最高の適任者がいることも伝え、その人物によって、子爵は失脚させるシナリオをアイリスは考えていました。

 

アイリスのシナリオ通り、子爵は皇室のお金に手を付け、適任者にもその情報が届いていたのです。

シナリオ通りの結末

その頃、グライフ伯爵夫人は、アイリスの後見人であるミサーラ子爵に役職がつくことで、アイリスが自分の思い通りになると調子に乗っていると考えていました。

アイリスのことが気に入らない夫人は、侍女のココにミサーラ子爵を調べさせ、なんとかして子爵を引きずり降ろそうと考えます。

 

そして、子爵を引きずり下ろすことでアイリスに痛い目を見せようと企んでいました。

ある日、自分の夢がもうすぐ叶いそうとご機嫌のリザ皇妃を見て、果たしてうまくいくだろうかとほくそ笑むアイリス。

 

そこへ、ミサーラ子爵が横領罪で逮捕されたと報告を聞き、グライフ伯爵夫人が告発したと言う情報に、リザ皇妃は開いた口が塞がりません。

アイリスのシナリオ通りになったのでした。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ74話の感想

アイリスがソリアになっても、ハワードが監視につけられることで動きにくくなるのではと考えていましたが、むしろアイリスは復讐へと事を運ばせることがやりやすくなったのではと思いました。

アイリスは相変わらず頭がいいなと思いました。

転生前のアイリスとは大違いに感じますが、それだけ心に大きな傷が出来たのでしょう。

 

しかし同士討ちさせる方法は、見ていてスカッとしました。

痛快な復讐劇は見ていてスカッとしますね。

ミサーラ夫人も子爵も失脚することが出来たので、ネラの立場もどんどん危うくなっているのではないでしょうか。

 

ハワードと不倫関係になる展開は考えられない感じもします。

グライフ伯爵夫人が告発したことで、アイリスがリザ皇妃から目を付けられることもなく、復讐を成功させることが出来ました。

 

今回の出来事によって、ハワードも自然と排除することが出来る予感もあります。

グライフ伯爵家の影響力が弱まると、リザ皇妃も危うくなるのでしょうか。

アイリスの復讐の方法がスカッとするものばかりであるなら、見ていて楽しく感じます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ74話最新話!アイリスの企みのまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」74話のネタバレと感想をご紹介しました!

アイリスは、魔導開発室の副責任者としてミサーラ子爵を推薦します。

グライフ伯爵夫人はアイリスの思い通りに事が運ぶことが気に入らなかったので、妨害しようと動くのですが、その行動こそがアイリスの思い通りに運ぶのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!