アイリス~スマホを持った貴族令嬢~

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ86話最新話と感想!アイリスの父親

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」86話のネタバレと感想をまとめてみました!

第二のソリアとして選ばれたマリアンヌでしたが、アイリスに自分の両親や祖父をとられたと思い込んでいるマリアンヌは怒り奮闘でした。

マリアンヌの態度に、両親はただただ困惑するのでした。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」86話のネタバレと感想をしていきます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ86話最新話と感想!アイリスの父親

無能な父

ミサーラ子爵がまだ生きている時の話。

事業が行き詰まりフォレスト家からの援助もなく、すっかり寂れてしまった屋敷で、ネラは身支度をしていました。

 

出かけようとしているネラに、ミサーラ子爵が皮肉を言います。

ハーガス子爵が消えて家臣代表にモルタ子爵が収まった当初はうまくやっていたものの、続かなかったとミサーラ子爵。

 

アイリスがソリアになってからは、みんなが振り回されていると苛立っていました。

家臣は力の強い方につくから家臣をあてにしてはだめだとネラは子爵に助言していました。

しかし、ネラの助言を聞かず、お前の母が金をもって逃げたからだと声を荒げ、人のせいにするミサーラ子爵。

 

カマンディ侯爵と手を組むように勧めたはずとネラは言いますが、フォレスト家の後ろ盾もないのに、できるわけがない、血の繋がりのないアイリスに頭をさげたくないなど、いろいろぼやいています。

そんな父親を見て、ネラは自分の父親の無能さに呆れるのでした。

好意と利用

ネラが屋敷の外に出ると、ネラを待つジアンニーが姿があります。

ジアンニーは、ウィンハイト公国の大公妃がローヘンハイムに滞在する際の護衛役でした。

ジアンニーはネラに好意を持っていて、親しくなりたいと考えていましたが、ネラはジアンニーをうまく利用しようと考えています。

 

ジアンニーは、宝石よりも美しいものが見れる場所にネラを誘おうとしますが、ネラが欲しいものは宝石そのものなので、ジアンニーは自分にふさわしくないと思っっていました。

さらに、ジアンニーの持ってきた食料の匂いを受け付けることが出来ず、ネラは嫌がります。

写真

ネラは何日もオスカー大公の滞在する屋敷を訪れており、身分関係なく侍女にも挨拶をするネラを見て、好感を持たれていました。

大公妃は相変わらず忙しそうでしたが、会わせてもらえることになり、ネラは応接室前に通されます。

 

待っていると警備の巡回でやって来たジアンニーがネラに微笑みました。

昨日大公妃が話していた本・エルキンドスの容赦が本棚にあることに気づいたネラ。

 

ジアンニーが止めるのも聞かず、本を開くと、1枚の写真が落ちました。

愛しいローズと書かれたその写真。

若き大公と、薄紫の髪に緑の瞳の、美しい女声が写っていました。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ86話の感想

アイリスの母は、ローズ・フォレストなので、写真の女性はアイリスの母親なのでしょうか。

オスカー大公とアイリスの母嫌はどんな関係だったのか気になります。

2人は当時、愛し合っていたのでしょうか。

 

アナキンがアイリスが本当の妹ではないと知っているのを思うと、アナキンの父親もアイリスが自分の子ではないことを知っていたのではないかと思います。

血縁関係がちょっと複雑でややこしく感じます。

 

アイリスの父親はオスカー大公なのでしょうか。

また、彼はアイリスの本当の父親について知っているのでしょうか。

写真を見て、ネラは何を考えるのか、次回のストーリーも気になります。

 

大公妃に娘のように可愛がってもらうために、何度も通っているネラですが、アイリスの実の父が本当にオスカー大公であれば、ネラの計画がすべて台無しになってしまいます。

今度こそ、ネラに行き場がなくなってしまうのではないか…と思ってしまいます。

アイリス~スマホを持った貴族令嬢~ネタバレ86話最新話!のまとめ

今回は「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」86話のネタバレと感想をご紹介しました!

ミサーラ子爵が生きていた頃、ネラはいろいろな助言をしてきましたが、全部ひっくり返され、無能な父だと思うように。

オスカー大公の元へ何度も通っていたネラは、ある日1冊の本から1枚の写真を発見するのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!