悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時ネタバレ11話最新話と感想!アイリック公爵の元へ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女が恋に落ちた時」11話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回、ユジンに袖を掴んで欲しいとお願いした主人公。

そんなお願いに困惑するユジンですが

悪女が恋に落ちた時11話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ11話最新話と感想!アイリック公爵の元へ

まさかの承諾

袖を掴んで欲しいというお願いは、もちろん無理にではないと主人公はユジンに言います。

ユジンは理解できないと言いながら、皇女様のお願いなら聞くと承諾しました。

まさかこんなお願いを聞いてくれるとは思っていなかった主人公は喜び、浮かれながらアイリック公爵の元へ向かいます。

 

そして主人公とユジンは、アイリック公爵の部屋の前に着きました。

アイリック公爵はノックが嫌いです。

小説を読んで、それを知っていた主人公はそのままドアを開けました。

 

すると、先客がいたため中に入らずにドアのところで止まります。

先客はロックスでした。

トロヤンの実について、アイリック公爵に聞きに来ていたのです。

ロックスは陛下から許可をもらってここに来たと話します。

 

そして、ルペルシャ皇女がラファエリスにかかってしまっていることも話したのです。

一緒にドアのところで話を聞いていたユジンはとても驚くのでした。

ユジンよりアイリック公爵

アイリック公爵は、ロックスにトロヤンの実の在りかなど知らないと言うのです。

ロックスはアイリック公爵が最後の砦なのだと言うも、帰ってくれと言われてしまうのでした。

 

一方で、アイリック公爵の姿を見た主人公は大興奮です。

長髪が似合っていて、肌は青白い、そしてうつろな目が危うい雰囲気を醸し出していてユジンよりタイプだと心の中で大騒ぎしています。

 

そんな主人公ですが、ユジンによってドアが閉められてしまいました。

先程の興奮がバレたのかと心配する主人公ですが、ユジンになぜかお姫様抱っこをされてしまうのです。

ユジンは足首を怪我していたのに気づかなくて申し訳ないと言います。

特にどこも怪我をしていない主人公ですが、自分の責任だと言うユジンにそのまま身を委ねるのでした。

 

そしてユジンは、自分は何も聞いてないから安心するように言います。

全く何のことだかわからない主人公ですが、とりあえずお礼を伝えるとなんとユジンは笑うのです。

そんなユジンを見て主人公は、ユジンとアイリック公爵の肖像画さえあればそれで1週間は軽く過ごせると考えるのでした。

ユジンへの望み

やっぱりユジンのことが好きだと主人公は伝えます。

するとさっきの笑顔とは打って変わって、怪訝な顔を見せるユジン。

そんなユジンに主人公は、腕が疲れてしまったのかなと検討違いなことを考えるのでした。

 

そしてユジンは本当に袖を掴んで欲しいだけなのかと聞いてきます。

ユジンが袖を掴んで欲しいとお願いしたことに裏がある、と考えているのかと主人公は思います。

本当の主人公の望みは、ユジンがこの皇宮を離れ遠くに言って欲しいことですが、もちろんそれは言えません。

そんな主人公に名案が浮かびました。

 

もうひとつお願いがあると言った主人公にユジンはやっぱりといった顔をするのです。

そして主人公は、手をつないで欲しいとユジンに言うのでした。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ11話感想

ロックスの方が先にアイリック公爵の元に着いていたのですね。

その間に皇帝の許可までもらっていたなんて、なんと素早い動き。

それだけルペルシャ皇女のことを思っていてくれるのだなと嬉しくなりますね。

 

主人公はアイリック公爵の方がタイプだそうです。

皆さんはどうでしょうか。

 

アイリック公爵、トロヤンの実について何も知らないそう

幻の身ですから、知っててもそんな簡単には話してくれませんよね。

 

そしてユジンに病気のこと知られてしまいましたね!

病気のことは聞いてないふりで、足を怪我したことにして抱っこしてくれるなんて!

ユジンかっこいいです

少しずつ心を開いてくれているのかなって思えてたまらないですね。

 

ユジンは、主人公に裏がないと受け取ってくれるのでしょうか。

悪女が恋に落ちた時ネタバレ11話最新話と感想!アイリック公爵の元へまとめ

今回は悪女が恋に落ちた時11話のネタバレと感想を紹介しました!

主人公はユジンとアイリック公爵の元へ行きますが、そこには先客がいました。

その先客はロックスで、ロックスはトロヤンの実について聞くもののアイリック公爵は知らないと言います。

ルペルシャ皇女の病気を知ったユジンは、心配しお姫様抱っこをしてくれるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!