悪女が恋に落ちた時

悪女が恋に落ちた時ネタバレ5話最新話と感想!皇帝の答えとは…?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女が恋に落ちた時」5話のネタバレと感想をまとめてみました!

前回、継承権を放棄するため皇帝に会いに行くことにした主人公。

皇帝に会い、その話をするも

悪女が恋に落ちた時5話のネタバレと感想を紹介していきます!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ5話最新話と感想!皇帝の答えとは

継承権の放棄

自分の元へやってきた主人公に皇帝は、冷たい口調で用が何か聞きます。

皇帝ももちろん悪女などの悪い噂を聞いてたため毛嫌いしていたのです。

仮にも娘であるルペルシャ皇女が来たのにも関わらず、要件だけを聞こうとする皇帝に腹をたてる主人公ですが、話を始めます。

 

自分の願いを叶えてくれるならば継承権を放棄させてほしいという主人公に、皇帝は皇女のくせに取引を行うとは生意気だというのでした。

そして、母親の一族であるバヌスの力を借りるのかと続けます。

母親であるリシアンはバヌス一族で、そのバヌス一族はカスティーナ帝国を皇族とともに築いた有名な功臣だったのです。

 

しかし今は政界にいる一族はほぼおらず、力を借りるなどということは出来ず、ルペルシャ皇女が皇女でありながらも力を持っていないのもこれが理由なのでした。

怪しむ皇帝に主人公は、誤解であることを伝え話を続けます。

自分の継承権がなくなれば、皇太子ラビロフにはいい話なのではないかと。

 

そしてバヌス一族を、力がなくなった今も警戒しているであろう皇帝に押しの一言を言うのでした。

バヌス一族の血筋である自分が皇族からいなくなるのだから、一族に対しての心配はもう必要ないと

ただ自由が欲しいだけ

そんな話を聞き取り乱した様子の皇帝に、さらに主人公は自身の病気のことも話し始めます。

医者に診てもらったところ、もう余命が少ないのだと。

 

主人公の話を信じていない皇帝は、企んでいることが何なのか聞きますが主人公はそんなのはないと答えます。

それでも信じない皇帝は、医者に聞きその話が本当だったとしても自分はルペルシャ皇女には何もあげることはないと言い切るのでした。

 

そんな皇帝に、自由が欲しいだけだからそれ以外はいらないという主人公は言います。

そして自由になれるのなら継承権など要らないこと、皇宮からも出ることも伝えました。

継承権だけでなく、皇族である事も棄てるのかと驚く皇帝はなぜと聞きますが、ただ後少しの人生を自由に過ごしたいと言い、この話は後日に持ち越されるのでした。

皇帝の答え

そして数日が経ち、主人公は皇帝に呼ばれました。

 

そんな数日の内に主人公はメイドのリニとアリンとたくさんの話をして仲良くなっていました。

その事に浮かれながら歩いている主人公は突然血を吐きます。

ルペルシャ皇女の2歳の記憶が戻ったのです。

 

その記憶は皇帝とあった後に確認する事にし、気を引き締めて皇帝に会うのでした。

皇帝は医者に確認したようで、病気のことは信じた様子の皇帝はこの前の提案以外の望みは何かないのかと聞きます。

本当はお金が欲しい主人公ですが、言える雰囲気ではないため何もないと答えるのでした。

 

そして、どこかで静かに一人で暮らし最期を迎えたいこと、そのため政略結婚もしないことを伝えます。

了承した皇帝の言葉に喜ぶ主人公ですが、皇帝は驚きの一言を告げます。

今後1年間、皇族として皇宮にいなければいけないと

悪女が恋に落ちた時ネタバレ5話感想

皇帝についに会い、話が出来ました!

なんか会いに行くまではめちゃくちゃ恐ろしい人を想像していましたが、そんなことはなかったです

娘であるルペルシャ皇女を毛嫌いし名前すら呼ばないものの、どこかでは娘のことを思ってるのではないかという反応でしたね。

 

皇帝はバヌス一族のことを相当恐れているようですが、過去に権力のことで何か揉めたのでしょうか?

母親のリシアンは政界からバヌス一族を追い出して悪女と呼ばれたのではなかったでしょうか?

それならばリシアンは皇族派の人間ですよね?

 

だったらもっと噂だけで判断せず、ルペルシャ皇女のことを大事にするべきではと思ってしまいます。

まだまだきっと明かされていない部分があるのだとは思いますが

 

継承権のこと、認めてくれたものの1年間の待機時間があっては間に合いません!

主人公はどう対応するのか楽しみですね!

悪女が恋に落ちた時ネタバレ5話最新話と感想!皇帝の答えとは?まとめ

今回は「悪女が恋に落ちた時」5話のネタバレと感想を紹介しました!

主人公は皇帝に会いに行き、継承権の放棄のことや病気のことを伝えます。

信じない皇帝ですが、医者に確認し継承権の放棄や皇宮を出ていくことを了承します。

しかし、皇帝はそれを認めるには1年間は皇族として皇宮にいなければいけないと主人公に告げるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!