悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ12話最新話と感想!エルザネスの勇気と優しさ

スポンサーリンク

前回の悪女は変化するネタバレでは、レンとエルザネスの素晴らしい結婚式で終わっていてこれでハッピーエンドなのか?と思われましたが、まだ解決していない謎は多々ありますね。

 

今回の悪女は変化するネタバレ12話と感想では、エルザネスの思いやりや勇気ある行動などが多く見受けられます。

そして、同時にリリエルに対しての謎も深まるかもしれません。

エルザネスの行動やリリエルへの謎などに注目してもらいながら、今回は悪女は変化するネタバレ12話と感想をご紹介いたします。

悪女は変化するネタバレ12話最新話!エルザネスの勇気と優しさ

エルザネスは、挙式の後デザイナーにヘアセットしてもらいながら、また別のドレスに着替え支度をしていました。

 

アップしていた髪を下ろして欲しいとオーダーをするエルザネス。

挙式で髪を下ろすのは目立ってしまう為、デザイナーが心配して声をかけましたがエルザネスは反対に、自分が目立つようにしてもらいたかった模様

 

その理由は、自分の実家であるクロッカス公爵家の親族が誰も式に出席していないことに疑問を感じている人たちの注意を自分に向けさせる為のエルザネスの作戦でした。

エルザネスは支度を終え会場に向かい、レンと並んでウィンターナイト公爵夫妻の傍に向かいます。

 

そして、レンとエルザネスはウィンターナイト公爵に祝福の言葉を頂き盛大にお祝いされるのでした。

ピアノやチェロ、オペラなどの楽器が鳴り響く中、レンとエルザネスは華麗なステップで踊っています。

 

エルザネスの踊りは結婚式に来ていた人々の注目の的になり、たくさんの人々を魅力していました。

アマリリス帝国の社交パーティーにて、エルザネスの赤髪のことを悪く言っていた夫人らも、エルザネスの赤髪があんなに綺麗だとは思っていなかったという様子

 

そこには、エルザネスを悪く言う人は誰一人いませんでした

そして演奏が終わりたくさんの拍手が鳴り響く中、レンと後ほど落ち合うことを約束し別れます。

 

エルザネスはレンと別れた後、結婚式に来ていた貴族の人々が座る席まで行き、席次の高い位の貴族を見極め、高い位の貴族たちの元へ近づきます。

そして貴族らに自ら自己紹介をし、貴族らも自らの自己紹介をしました。

 

エルザネスは貴族らの席に座りお話しをします。

貴族の一人は、南方の国が身分制度厳しくなっていることについてエルザネスに尋ねました。

 

エルザネスは、貴族らに南方の貧富の差がますます厳しくなっていることを正直に伝えました。

エルザネスの言葉に、貴族の一人がロベリア王国にも影響があったのではないかと疑問に感じ質問をします。

 

エルザネスはリリエルが貴族の義務として務めるエルザネスに反発していたことを思い出していました。

事実を述べると、ロベリア王国でも貧富の差の影響はあったことをエルザネスは伝えます。

 

けれど、エルザネスは南方の国も北方の国のように身分制度に対して不満をいだくよりも、貴族と皇族の地位を認めて受け入れるという傾向を受け入れてほしいと感じていました。

そうなる為に、社交界にいる自分たちが他の国との架け橋として重要な役割を果たすべきだと考えていることをエルザネスは伝えます。

 

社交界に対してのエルザネスの考えに貴族らも感心し、エルザネスに対し積極的に交友関係を求めるのでした。

エルザネスと貴族らのやり取りを見ていたレンもなんだかホッとした表情を浮かべます。

 

そして、夕方になりやっと結婚式が幕を閉じました。

レンとエルザネスは馬車の中で同時に一息つきました。

 

そして、エルザネスがあくびをしているのを見かねて自分の肩に寄り添うよう指示を出すレン。

そんなレンのお言葉に甘えてレンの肩に寄りかかるエルザネス。

 

そして、エルザネスは眠りにつきました。

ウィンターナイト公爵家に着くまで深い眠りに入っていたエルザネス。

 

深い眠りについたエルザネスを寝室までレンが運んでくれたとメイドから聞き、深い眠りについたことを後悔をし、自分がレンに心を許しすぎていることを反省しました。

そして、レンの部屋に向かいノックして部屋に入るとレンは夜空を眺めていました。

レンもエルザネスに気づき、互いに近づき向かい合ったのでした。

悪女は変化するネタバレ12話感想

結婚式を無事に終え、ウィンターナイト公爵夫妻にレンと挨拶をする時に、自分の赤髪に注目させる為にわざと髪を下ろしたエルザネス。

こんなところまでクロッカス公爵家のことを庇っているエルザネスになんだか胸がいっぱいになりました。

 

エルザネスの赤髪は珍しく不気味がられる為、クロッカス公爵家のことを悪くいうよりエルザネスの赤髪のことを悪くいうように仕向けているところがエルザネスの優しさを感じるところになりますよね。

ですが、むしろエルザネスの赤髪は周囲の貴族らを魅了していました。

 

なんだかこのシーンはとても嬉しくなりました。

そして、アマリリス帝国の社交界の中心メンバーの貴族らに話しかけるときもかなり勇気がいる行動にもかかわらず、自ら話しかけるエルザネス。

 

何を言われるか分からない中、エルザネスの勇気に対し本当に凄いと感心しました。

そして、身分制度の問題についても以前は、リリエルが貴族は社交界ばかりで遊んでいると声を挙げていましたが身分制度についてものすごく考えているのはエルザネスなのではないか?と感じました。

 

エルザネスの考えに心打たれた貴族らもエルザネスを慕ってくれていることが分かります。

本当の問題はリリエルなのでは?と疑問が深まるばかりですね。

 

そして、最後のシーンのレンとエルザネスがレンの部屋で向かい合うのですが、これはもしかして初夜になるのか?という展開ですよね。

夫婦になったとはいえ、互いに「愛」を求めない約束のレンとエルザネス。

 

ものすごく気になるので次回の悪女は変化するネタバレをチェックしましょう!

まとめ

  • 悪女は変化するネタバレ12話でエルザネスはクロッカス公爵家を庇う
  • 悪女は変化するネタバレ12話でエルザネスは貴族らに社交界について話し合う
  • 悪女は変化するネタバレ12話の感想は、エルザネスの思いやりのある行動に感動する
  • 悪女は変化するネタバレ12話の感想は、レンとエルザネスは初夜を迎えるのか気になる

深まるリリエルに対しての謎も気になりますが、この後レンとエルザネスはどうなるのか気になりますよね。

続きが気になる方は次回の悪女は変化するネタバレも要チェックです!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!