悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ16話最新話と感想!エリーナの本来の姿?

スポンサーリンク

前回の悪女は変化するネタバレでは、エリーナの大胆な行動にかなり驚かされましたね。

まさかエルザネスの侍女になるなんて誰も想像できなかったと思います。

 

今回の悪女は変化するネタバレ16話と感想でエルザネスとエリーナの会話などがどのようになっているかなど分かることでしょう。

さらに、エルザネスが何故騎士を信用していないかなど明確になるシーンもありますのでそこに注目しながら見ていただきたいです。

 

そんな悪女は変化するネタバレ16話と感想をご紹介いたします。

悪女は変化するネタバレ16話最新話!エリーナの本来の姿?

幼いエルザネスに挨拶をする警護騎士のデイビッドという男性。

デイビッドは「悪女」と呼ばれるエルザネスを他の貴族たちから守り、エルザネスのことを悪くいう貴族らに怒りも示していました

また、寒い風が吹いている中エルザネスが寒くないよう羽織を着せてあげたりデイビッドはエルザネスにとても心優しく接してくれました。

 

エルザネスはデイビッドに恋をしたのです

そんなデイビッドにエルザネスはいつもお礼を込めてプレゼントを渡そうとデイビッドの元へ向かいます。

 

デイビッドがいる部屋に着き、ドアに手をかけようとしたとき複数の声が聞こえてきました。

それは得意げにデイビッドがエルザネスに対して演技で優しくしていることを語っている内容でした。

 

デイビッドは自分が昇格する為にエルザネスに優しくしエルザネスの心に付け込もうとしたようです

それを聞いたエルザネスはデイビッドに渡そうとしたプレゼントを落としてしまいました。

 

気がつくと、それが夢だったことが分かったエルザネス。

朝から嫌な夢を見てしまい気分が落ち込んでしまっている様子。

 

そのエルザネスの様子を隣で寝ていたレンが心配し、手を差し伸べエルザネスに声をかけます。

そんなレンに少し照れてしまうエルザネス。

 

質問しても何も答えないエルザネスを更に心配したレンは体を起こします。

やっとエルザネスは言葉を発し、寝起きでぼんやりしていただけとレンに伝えました。

 

今日から遂にエルザネスの公務が始まります。

今まではレン一人でしていた公務もエルザネスと二人三脚でしていくことになります。

 

エルザネスはロベリア王国では、周りのものを目にしたくないが為に無我夢中で仕事をしていたことを思い出しました。

けれど、アマリリス帝国ではそのようなことはしないことをレンに伝え、安心してもらえたようです。

 

そして、話題はエリーナの話になりました。

レンはエルザネスがエリーナが苦手ではないか心配していましたが、その心配はない模様。

 

エリーナは、かなりエルザネスのことを気に入ってるとのこと。

きっと、エルザネスの力になってくれるとレンはエルザネスに伝えました。

 

エルザネスが公務室に向かうと、公務室はピッカピカの状態でエリーナがエルザネスを待ち構えていました。

そんなエリーナに圧倒されるエルザネス。

 

エリーナは自分のことを「リナ」と呼ぶように言われていたので、エルザネスは、何故リナがエルザネスの専属の侍女になったのか尋ねました。

リナは得意げに自分が志願したことを話しました。

 

リナが悪い人でないことはエルザネスも分かっていましたが、リナのハキハキしている姿にやはり圧倒されるのでした。

エルザネスが公務中チラッと横を見ると、キラキラした目でリナがこちらを見ています。

 

そんなリナにお茶を持ってきてもらうように指示を出すエルザネス。

リナはエルザネスに美味しいお茶を注いでくれました。

 

そしてさらに公務を続けている最中、エルザネスはリナに座るように提案するのですが立っている方がいいというリナ。

エルザネスは、自分も休めそうにないことが予想できました。

 

そして出来上がった書類をリナに執務室に持っていってもらうように頼みました。

リナはパァッと明るい表情で書類を持っていきます

 

エルザネスはリナに対しての対応に困っていました。

リナみたいなタイプは初めて接するタイプだったので、エルザネスはどのように付き合っていっていいか悩んでいました。

 

リナとどう付き合っていくか悩む方がエルザネスにとって疲労をかなり感じていたようで、それはエルザネスにとって丸一日仕事をしていたほどの疲労になっていました。

一方リナは、初めてエルザネスから頼まれた仕事にかなり張り切っている様子。

 

リナは執務室に向かう途中でホワイト騎士団の団員とすれ違ったのですが、団員も驚くほどのスピードでリナは書類を執務室に持っていくのでした。

悪女は変化するネタバレ16話感想

エルザネスが騎士を信じないという理由は幼い頃に経験したデイビッドとの思い出からということが分かりましたね。

信用していた人から裏切られるなんて、幼いエルザネスはそんなこと思っていなかったはずです。

 

そんな気持ちを踏み躙るデイビッドに心底腹が立ちました。

だから、リナが専属の騎士になることを拒否したということが分かりましたね。

 

一方、リナはエルザネスの専属の侍女になれたことがかなり嬉しいのが分かりますね。

それだけエルザネスのことが気に入ったのでしょう。

 

最初のリナの印象から現在の印象が変わりすぎてエルザネスも対応に困っているのが可愛らしいなと思いました。

リナが本当にいい意味でエルザネスの心を開かせてほしいと思わず思っちゃいますよね。

 

エルザネスとリナはどのような関係性になっていくのか今後楽しみですね。

まとめ

  • 悪女は変化するネタバレ16話でエルザネスが騎士を信用しないのはデイビッドが原因
  • 悪女は変化するネタバレ16話でリナは喜んでエルザネスに仕えている模様
  • 悪女は変化ネタバレ16話の感想はデイビッドに怒りを感じる
  • 悪女は変化するネタバレ16話の感想はエルザネスとリナの関係性がどのようになるか楽しみ

エルザネスが騎士を信じない理由には幼い頃経験していた苦い思い出によるものでした。

ですが、リナとエルザネスの関係性についても要チェックしておかないといけませんね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!