悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ26話最新話と感想!リリエルの本性

スポンサーリンク

前回の悪女は変化ネタバレと感想では、エルザネスとレンの関係に進展があるように思われたのですが、エルザネスが気持ちを堪えたことにより進展はありませんでした。

レンはエルザネスと交わした約束に後悔しているようでしたが、エルザネスはどのように考えているのでしょう?

 

今回の悪女は変化するネタバレ26話と感想では、レンとエルザネスの話がメインではなく、ある人物のお話がメインになります。

そんな悪女は変化は変化するネタバレ26話と感想をご紹介いたします。

悪女は変化するネタバレ26話最新話!リリエルの本性

ロベリア王国で貴族の女たちがチャリティーイベントで何か問題が起こったことについて話しています。

 

チャリティイベントで起こった問題の原因は名前を明かしていませんでしたが、貴族の女たちはある人物が今まで完璧だったのに問題ばかり起こしていることに疑問を感じているようでした。

けれど、貴族の女の一人が原因はエルザネスがいなくなったことによることと発言しようとしたときに、黙り込んでいた別の貴族の女が怒りをあらわにして話しに入ってきました。

 

そして、貴族の女たちは口論をし激しくなる一方でした。

貴族の女たちの口論を止めに入る一人の女性。

 

こちらの女性もまた、先程の貴族の女たちの噂話について色々思うことがあるようです。

ロベリアでは変わらず「聖女リリエル」の名は輝き続けていました。

 

ですが、聖女リリエルはいつからかよくないことでも噂が広がり始めていたのでした。

そして、そんな口論があったことなど知らないリリエルはエメラルドのキラキラしたネックレスを眺めてとても嬉しそうな表情をしています。

嬉しそうなリリエルに後ろから話しかける女性。

 

彼女のプリッケという名前で、リリエルの親友です。

リリエルが眺めていたエメラルドのネックレスはカレス王子殿下に送っていただいたものでした。

 

リリエルはダンスパーティーで招待状と一緒に届いたものということを説明し、またカレス王子殿下が自分宛に派手なものを送ってくるのではないかと心配していました。

ですが、カレス王子殿下の話をしているリリエルの表情は嬉しさに満ち足りており、発言している言葉とのギャップを感じたプリッケ。

 

リリエルはカレス王子殿下に自分にプレゼントをするより、貧しい人たちへの支援に使おうと言っていることも話していましたが、一度もカレス王子殿下のプレゼントを受け取らなかったときはありませんでした。

そして、プリッケはリリエルのお母さんであるクロッカス公爵夫人が元気なのかをリリエルに尋ねます。

 

エルザネスが嫁いでから、家の中での大量にある仕事をリリエルにも任せるとプリッケは聞いていたため、リリエルが公爵夫人の手伝いをしているのかと思っていたのですが、リリエルは家の仕事はしていないとのこと。

リリエルが家でのは誰でもできることで、自分は剣や政治のほうが好きだからと仕事を拒否したようです。

 

そんなリリエルに対してプリッケは、家での仕事は誰かがやらなくてはならない仕事で、とても多忙ということを分かっていたため公爵夫人が手伝って欲しいのではないのか?とリリエルに伝えます。

ですがリリエルはプリッケの言葉にうんざりと言う顔でプリッケの言葉を拒否したのでした。

 

そして、また始まったリリエルの貴族を受け入れずに自分は革命の中に魂を置いているなどという熱弁にプリッケはリリエルに失望した模様。

そんなプリッケの様子にリリエルは全く気付いていないのでした。

 

そして、話は今度のロベリアでのダンスパーティーのときにプリッケはデンドロビウム令嬢と話すことがあるため、リリエルに一緒に行けないことを伝えます。

リリエルはデンドロビウム令嬢のことをドレスが派手すぎし高い宝石をいくつも飾り付けている容姿にいい印象がない様子。

 

ですが、プリッケは容姿などは関係ないことをリリエルに伝えます。

リリエルはプリッケの言葉に納得がいかない模様。

 

そして、話を変えようとリリエルはプリッケに新しくできた本屋に行こうと誘いますが、プリッケは帰ることをリリエルに伝えました。

リリエルと別れた後、プリッケは過去を振り返っていました。

 

路地裏で三人の男に襲われそうになっているところをリリエルに救われ、倒れているプリッケに手を差し伸ばしてくれたときのリリエルの人としての輝き。

リリエルは何一つ変わっていないはずなのに、プリッケはリリエルの輝きが見えなくなっていると感じ、もうリリエルとは縁を切ることを決意をしたのでした。

 

一方エルザネスは、先日結婚式で仲良くなったルイーザたちがウインターナイト家に遊びにくることになっていたのでとても楽しみにしていました。

そして、準備をしてくれたアイラやリナに準備は大丈夫なのか?と何度も尋ねます。

 

アイラとリナはエルザネスが緊張していることを察知し、エルザネスの姿に可愛らしいと思うのでした。

ロベリアではエルザネスが友人を自宅に招くなんてことはなかったため、エルザネスが緊張するのも無理はありませんでした。

 

エルザネスが下でルイーザたちを待っているとレンがやってきました。

レンはエルザネスの頬に手を差し伸べ、頬が冷たくなっていることをエルザネスに伝えます。

 

レンの行動に思わずときめいてしまうエルザネス。

けれど、エルザネスはレンに対してのときめきが何なのか理解できていないようなのでした。

悪女は変化するネタバレ26話感想

今回はリリエルの話がメインの内容になっていますね。

今回の内容で特にリリエルの性格などが分かった方も多いかと思います。

 

リリエルの性格は芯が強いのは確かですが、自己中で自分が納得できないことが嫌な性格ということが分かりましたね。

リリエルの自己中さはエルザネスが嫁いでから、王国の人々にも噂されるほど。

 

そして、宝石や派手な物は嫌いと言っていたエルザネスがカレス王子殿下からもらったものはちゃんと受け取っているというところに言葉の矛盾を感じます。

親友のプリッケにまで、自分と同じ気持ちを強要させている様子もありました。

 

リリエルの黒い部分がものすごく分かるないようでしたね。

一方、エルザネスは嫁いでからは幸せなに暮らせています。

 

友人もでき、そしてレンともいい感じなのですが、エルザネスはレンに対しての感情に気づいていない様子ですね。

今後どうなっていくのか気になるところになります。

まとめ

  • 悪女は変化するネタバレ26話でリリエルの本性が分かる
  • 悪女は変化するネタバレ26話でエルザネスはレンに対しての気持ちに気づいていないことに気づく
  • 悪女は変化ネタバレ26話の感想はリリエルは自己中ということが分かる
  • 悪女は変化するネタバレ26話の感想はエルザネスが鈍感なことが分かる

リリエルの本性が分かり、ついにリリエルは親友にさえ見捨てられてしまいました。

エルザネスはレンにときめきを示していますが一体いつ気づくのか楽しみになりますね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!