悪女は変化する

悪女は変化するネタバレ54話最新話と感想!エルザネスとおばあ様

スポンサーリンク

前回の悪女は変化するネタバレと感想では、エルザネスに何かできることがないのかと探すレンと、過去の出来事を思い出し切ない気持ちになるエルザネスの気持ちについての内容でしたね。

エルザネスのおばあ様がどんな人物なのかも気になるところになります。

 

今回の悪女は変化するネタバレ54話と感想では、リリエルとエルザネスの過去の出来事の話についての内容になります。

そして、エルザネスのおばあ様がエルザネスにとってどんな人物だったのかが分かることでしょう。

 

そんな悪女は変化するネタバレ54話と感想をご紹介いたします。

悪女は変化するネタバレ54話最新話!エルザネスとおばあ様

エルザネスはレンに寄りかかりながら自分のことについて語っています。

リリエルは生まれたときから身体が弱い子でした。

後に治癒の魔法が覚醒し、健康になったもののそれまではリリエルは長くは生きられないと言われるほど絶望的な状況だったのです。

 

なので、家族は皆、リリエルを大切にし看病をしました。

エルザネスも毎日寝たきりのリリエルに対し、できることは何でもしてあげていました。

 

ですが、両親はリリエルが可哀想だからといってリリエルができないことはエルザネスもしてはいけないと教育をしていたのです。

なので、エルザネスは外で遊ぶことなども許されていませんでした。

 

そうすることで、両親はエルザネスを褒めてくれたのです。

ですが、褒めてもらえたことを覚えているのは一度のみでした。

 

しばらく月日が流れ、クロッカス家に前の公爵夫人であるエルザネスのおばあ様が屋敷にやって来ました。

冷たい雰囲気で、鋭い目つきののおばあ様をクロッカス公爵夫妻は恐れていたとのこと。

 

当時のエルザネスもおばあ様が怖い人だと思っていたようです。

ある日、エルザネスが図書室で本を読んでいるとおばあ様がエルザネスに話しかけてきました。

 

エルザネスはリリエルができないことをしていることについて怒られると思っていたため、おばあ様に怒られるとおびえていました。

おばあ様はクロッカス公爵夫妻がそういう風にエルザネスに教育していると悟り、おばあ様の提案で自分の屋敷にきてくれないかとエルザネスにお願いをします。

 

エルザネスは喜んでおばあ様についていき一緒に暮らすことになりました。

エルザネスはそこでたくさんのことをおばあ様に教わり、充実した日々を過ごしていました。

 

おばあ様は口数は少なかったものの、堂々とした姿勢やたまに見せてくれるかすかな微笑みが一番大好きだったエルザネス。

現在のエルザネスの考え方などは、おばあ様が大きく影響しているとのこと。

 

ですが、しばらくしておばあ様は息を引き取ってしまいました。

今思い出しても、おばあ様とのお別れはとても悲しい出来事でエルザネスの目には涙が溢れ出しそうでした。

 

そんなエルザネスを抱きしめるレン。

おばあ様はもともと持病を抱えていたのですが、エルザネスにはそんな素振りを一切見せませんでした。

 

そして、エルザネスは再びクロッカス家に戻ったのですが、そのときには末っ子のヨハネスが生まれていてリリエルも治癒魔法が発現し元気になっていました。

リリエルが元気になったことで、両親はこれから自分にも目を向けてくれるのではないのか?と期待していたエルザネス。

 

ですが、クロッカス公爵夫妻がエルザネスに振り向くことはありませんでした。

そして、月日が流れエルザネスとリリエルはアカデミーに入学します。

 

リリエルは、その頃から貴族的なものを全て否定していました。

リリエルの影響力は極めて強く、アカデミー学生のほとんどが一瞬でリリエルを慕うのでした。

 

エルザネスはリリエルの思想に賛同はしなかったものの、エルザネスとリリエルはそれなりに仲良くやっています。

ですが、ある日を境に完全にリリエルとエルザネスの関係はこじれてしまったのです。

悪女は変化するネタバレ54話感想

エルザネスの切ない過去が明らかになりましたね。

幼少期での思い出ですでに両親と良い思い出がなかったエルザネス。

 

エルザネスがこうやって辛いときに人を頼ることができないのは、両親との思い出で自分が我慢しなければならないと教育されたことが原因ということが分かりますね。

ですが、そんなエルザネスの状況を救ってくれたのがおばあ様だったということになります。

 

おばあ様はクロッカス公爵夫妻を責めるのではなく、エルザネスに自分が寂しいから屋敷に来てほしいとお願いをしました。

そこで両親を否定してしまっては、エルザネスと両親の関係性がさらに悪化すると予想ができたためではないのか?と考えられます。

 

言葉ではなかったものの、エルザネスに行動で愛情あることを示してくれたのが当時はおばあ様だけだったということが分かりますね。

そんなおばあ様がエルザネスは大好きで失いたくない存在だったことも同時に伝わりました。

リリエルとエルザネスの関係性が壊れた理由がとても気になるところになりますね。

まとめ

  • 悪女は変化するネタバレ54話でエルザネスは幼少期から両親からの愛情をもらえなかった
  • 悪女は変化するネタバレ54話でエルザネスに愛情をくれたのはおばあ様であることが分かった
  • 悪女は変化するネタバレ54話の感想はエルザネスが我慢強くなったのは幼少期の出来事が原因
  • 悪女は変化するネタバレ54話の感想はリリエルとエルザネスの関係が壊れた原因が気になる

リリエルとエルザネスとの間に一体何があったのか気になりますよね。

次回の悪女は変化するネタバレと感想も要チェックです!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!