悪女は2度生きる

悪女は2度生きるネタバレ第13話最新話と感想!過去との違い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女は2度生きる」第13話のネタバレと感想をまとめてみました!

アルティゼアが冷遇されていると確信し、アルティゼアを連れ出そうとするセドリック。

二人を足止めするアティヤ伯爵令嬢にどのように切り返すのでしょうか。

「悪女は2度生きる」第13話のネタバレと感想を紹介します!

悪女は2度生きるネタバレ第13話最新話と感想!過去との違い

セドリックの反論

セドリックにアルティゼアの友人かと聞かれ、笑顔で肯定するアティヤ伯爵令嬢。

セドリックはアティヤ伯爵令嬢が自分の事ばかり見ている事を指摘し、本当にアルティゼアの友人なら、まずはアルティゼアを気にかけるはずだと言い放ちました。

 

青ざめて何も言い返せないアティヤ伯爵令嬢を見つめるセドリックの腕を掴み、目で静止するアルティゼア。

セドリックは、昨日と同じドレスを着せられ、元々美人なのにやせ細り憔悴しきった顔のアルティゼアを見て胸が痛みます。

ダンスの誘い

セドリックはアルティゼアをダンスに誘いましたが、目立ちたくないと拒むアルティゼア。

周囲が驚き注目する中、セドリックは「エブロン大公」の名はアルティゼアにとって悪くない飾りだと言い、ダンスを急かします。

 

ダンスが下手な事を心配するアルティゼアに、自分も下手だからと言いダンスを始める二人。

お似合いの二人を周囲が羨望の眼差しで見つめる中、アルティゼアは前世の事を思い出していました。

前世の記憶

前世でアルティゼアをダンスに誘ったセドリックは、ローレンスは信用できないのでリシアを守って欲しいと伝えていました。

私は信用できるのかと聞くアルティゼアに、皇帝が神のお告げを捏造してまで2人の結婚に躍起になっている事、そして理由はどうあれリシア本人が決めたので自分はもう口出しできないと言うセドリック。

リシアや帝国の事を守って欲しいと言うセドリックの頼みを無下にはできないと答えたアルティゼアでしたが、結局どちらも守る事ができなかった事を後悔していました。

 

目の前のセドリックは、何も知らずただ優しく微笑んでいます。

その時、アルティゼアは足を捻り、バランスを崩してしまったのでした。

悪女は2度生きるネタバレ第13話感想

アティヤ伯爵令嬢が自分の事ばかり見てアルティゼアの事を全く気遣っていない事を指摘し、本当の友人かと問いかけるセドリック。

セドリックはアティヤ伯爵令嬢の本質に気付いていたんですね!

人の本質を見抜き、困っている人を助ける人柄からも、皇帝の資質が十分にありますね。

 

セドリックはアルティゼアがやせ細り憔悴しきっている事に気付き、心を痛めます。

ダンスを踊り始めた二人でしたが、アルティゼアは過去の同じ場面を思い出していました。

 

現世では優しく微笑むセドリックですが、過去ではそんな辛い出来事があったのですね。

残虐的なローレンスを信用していないセドリックは、敵であるアルティゼアにリシアの事をお願いするしかなかったのでしょうね。

 

アルティゼアは帝国もリシアも守れなかった事を思い出し、胸を痛めます。

ローレンスが皇帝になった事により、皆が不幸になってしまいましたね。

新しい人生では、誰も傷付く事なく皆が幸せになってくれるといいいですね!

悪女は2度生きるネタバレ第13話最新話と感想!過去との違いまとめ

今回は「悪女は2度生きる」12話のネタバレと感想を紹介しました!

セドリックは冷遇され憔悴しきったアルティゼアを見て胸を痛め、アルティゼアをダンスに誘います。

ダンスの最中にバランスを崩してしまったアルティゼアに対し、セドリックはどんな行動を取ったのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!