悪女は2度生きるネタバレ171話最新話と感想!項垂れたロイガール

悪女は2度生きる

「ピッコマ」連載漫画の「悪女は2度生きる」171話のネタバレと感想をまとめてみました!

兵士を連れたカドリオールは、ロイガールと父のいる部屋へ。

塩事業について言及されたロイガールは…?

それでは「悪女は2度生きる」171話のネタバレと感想を紹介します!  

⇒悪女は2度生きるネタバレ一覧と結末予想ページへ

悪女は2度生きるネタバレ171話最新話と感想!項垂れたロイガール

栄光の未来

ペローナは今回のお礼にと、ガーネットへ贈り物をします。

宝石箱に描かれたメッセージと絵は、皇帝と皇后に対してのみ使われる意味が込められています。

 

ガーネットは感謝を述べながらも、受け取って良いものかと戸惑いました。

すると叫び声が聞こえ、あたりが騒々しくなります。

戦闘の始まり

兵士を連れ立つカドリオールに対し、エイメル国王の親衛隊はすでに戦意を失っていました。

ただし港にいるクラテス帝国軍とは港で戦闘が始まっています。

ロイガールには、2時間以内に答えを出させるつもりでした。

 

カドリオールはロイガールやガーネットに手を出すつもりはありません。

兵士を連れて向かった先は、父であるエイメル国王のもとです。

絶望

皇帝が禁じていた塩の流通に手を出したのは、国王もロイガールも同罪。

カドリオールを討とうとしたロイガールでしたが、見事に返り討ちを受けたのです。

塩の密造の証拠をエイメル国王と共に引き渡せば、グレゴールは満足するだろうと項垂れたロイガール。

 

エイメル国王はカドリオールに噛みつきますが、カドリオールは至って冷静です。

塩事業に関して何も知らないと声を上げる国王に笑みを浮かべると、その場から連れて行かせました。

グレゴールの怒り

2週間後、国書を読んで怒り狂っているグレゴール皇帝。

リアーガン公爵一族と、一族に便宜を図られたもの全員を役職から引きずり下ろすように声を荒らげます。

 

塩の密造にロイガールが関わっているのだとグレゴールは断定しました。

皇帝が怒り狂っている重い雰囲気のなか、さらに空気を重くさせる一言が。

リアーガン公爵は帳簿の改ざんまでも行っていたというのでした。

悪女は2度生きるネタバレ171話感想

カドリオールの計画が、見事に成功したようですね。

国王が墜ち、カドリオールが権力を握った瞬間でした。

父と息子が争う場面は迫力がありましたね。

 

不運なことにも、巻き込まれたロイガールはただでは済まないことでしょう。

冒頭の、ガーネットが贈り物をもらう場面は、盛大な皮肉だなと思いました。

今回の件でロイガールが皇帝になるのはかなり難しくなったのではないでしょうか。

 

グレゴールはロイガールが塩事業を掌握しようとしていたことに、ブチギレていましたね。

あまりの怒り具合に、血管が切れるのではと心配になるくらいでした。

塩密造事業に関わったロイガールを、グレゴールが許すはずがありません。

 

重苦しい空気のなか、最後にさらにズンッとさせる一言が…!

次回に続く!という演出が、シリアスながらも面白いなと思いました。

グレゴールのブチギレ演出は今話だけでは終わらないようです。

悪女は2度生きるネタバレ171話最新話と感想!項垂れたロイガールまとめ

今回は「悪女は2度生きる」171話のネタバレと感想を紹介しました!

ロイガールは項垂れ、グレゴールはブチギレています。

グレゴールの怒りがおさまるのは、まだまだ先のようですね!

⇒悪女は2度生きるネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!