悪女は2度生きる

悪女は2度生きるネタバレ第41話最新話と感想!ミライラの想い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女は2度生きる」第41話のネタバレと感想をまとめてみました!

アルティゼアの事を意識始めたセドリック。

一方ふさぎ込むミライラを気にした皇帝は彼女の元を訪れるのでした。

「悪女は2度生きる」第41話のネタバレと感想を紹介します!

悪女は2度生きるネタバレ第41話最新話と感想!ミライラの想い

ミライラの過去

皇帝がミライラのいる寝室に入ると、ミライラはベッドで寝込んでいました。

部屋には割れた酒瓶やグラスが散らばっています。

 

髪を撫でる皇帝に、帰って欲しいと伝えるミライラ。

「存在自体が後ろめたい」というローレンスの言葉が頭から離れません。

 

彼女は常に高価で華やかなものを身に着け、自分に逆らう者を許しませんでした。

社交界の貴婦人たちがこびへつらう姿を見て初めて満足できたのです。

それでも堂々とできない事は自身が一番わかっていました。

 

結婚といっても、年老いた男性と向かい合って書類にサインをしただけで、ブーケも来賓もなく、母親から贈られる純金の宝玉もありませんでした。

司祭は軽蔑の目を向け、著名が終わると祝辞もそこそこに帰っていきました。

皇帝はその晩純白のドレスを用意してくれましたが、そのドレスは網で覆われており、正式な結婚の証とは言えませんでした。

 

皇帝は自分の妻は皇后ではなく君だと言い、ミライラにあらゆるものを与え、皇室行事には皇后の代わりに参加したりもしました。

皇帝が生きている間は彼の隣は自分のものでしたが、彼と同じ墓に入るのは皇后です。

ローレンスの言う通り、自分は後ろめたい存在なのだと理解していたミライラ。

孤立するミライラ

しかし世界中を敵に回しても、ローレンスとアルティゼアだけは味方だと信じていました。

皇帝に、アルティゼアが皇后の侍女になった事も、ローレンスが来るなと言った理由もわかっていたから結婚式に誘ってくれなかったのではないかと聞くミライラ。

 

皇帝は全てを把握していたわけではないと言いながらも、アルティゼアが皇后宮で結婚祝いをもらった事は知っていたが新郎がセドリックだから当然だと続けました。

まさかアルティゼアがこんな大胆な事をするとは思わなかったと言う皇帝。

 

結局ローレンスもアルティゼアも、全て皇后に奪われてしまったと涙するミライラ。

君には私がいるだろうと抱きしめる皇帝に、だったら私を皇后にして堂々とさせてくれるかと聞きたい気持ちを抑えます。

皇帝が現在ミライラを愛している事は事実ですが、年老いて美しさを失ったり、彼の気に障る事をすれば捨てられる事は分かっていました。

 

結局信じられるのは血筋だけと強く思うミライラでしたが、その血筋すら離れていったのです。

過去を振り返って

1か月半後、アルティゼアは船の上にいました。

メイドのアリスと談笑していると、風が冷たいからとアルティゼアに上着をかけるセドリック。

 

彼はアルティゼアが半月も船酔いに悩まされ、体調を崩していた事を心配していました。

頬を赤らめながら、もう大丈夫だと言うアルティゼア。

 

セドリックはあなたの大丈夫は信用できないと言いながら、やはり首都に残っていた方がよかったのではないかと続けます。

結婚してすぐ別居だと言われるのも気が引けるし、冬の間は首都を離れていたいと言うアルティゼア。

内心種を蒔いてきた計画が育つまで離れておこうと思っています。

 

過去では表にはほとんど出る事なく、暗い部屋で計画を練るだけだったアルティゼア。

各地の景色を自分の目で見た事はありませんでした。

 

権力を握る為に陰謀を企てる事は部屋の中でもできますが、様々な生き方が存在しているという事をまずは知るべきだったと気付いたのです。

もっと早く世の中に目を向けていれば、あんな事にはならなかったかもと後悔するアルティゼア。

 

今は前世とは違い、まだスタートしたばかりです。

人の命を数字以上のものとして考えなくてはと固く誓います。

 

その時、船員の本城が見えてきたという声に驚いたアルティゼアは、船の外に目を向けるのでした。

悪女は2度生きるネタバレ第41話感想

皇帝に帰って欲しいと伝えるミライラ。

ローレンスから言われた「存在自体が後ろめたい」という言葉が脳裏から離れません。

 

溺愛していたローレンスから存在を否定されたミライラ。

寝込んでしまう気持ちもわかりますが、今までしてきた事を考えると自業自得ですね。

 

皇帝からの寵愛を受けてきましたが、皇后の存在がある限り、同じ墓にも入れません。

ローレンスとアルティゼアだけは何があっても味方だと信じていましたが、そんな子供たちも離れていってしまいました。

 

子供たちが離れていったのは仕方ないとして、そのうち皇帝からも捨てられそうな気がします。

前世でのミライラは最後どうなったのか気になりますね。

 

前世では権力を手にする為の策を練るだけで、表に出る事はなかったアルティゼア。

生まれ変わった今は、自分の目で世の中を見てみようと決意します。

 

過去のアルティゼアとは違い、生まれ変わった彼女は人々の暮らしを知ろうとしています。

セドリックと行動を共にすることで徐々に人間らしくなりましたね!

大公領ではどのような事が待ち受けているのでしょうか。

悪女は2度生きるネタバレ第41話最新話と感想!ミライラの想いまとめ

今回は「悪女は2度生きる」41話のネタバレと感想を紹介しました!

ミライラが信じられるのは血筋だけでしたが、そんな血筋さえ彼女の元を離れていってしまいます。

アルティゼアはこれからはもっと世の中の事に目を向けようと決意するのでした。

 

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!