悪女は2度生きる

悪女は2度生きるネタバレ第45話最新話と感想!選んでくれた事への感謝

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女は2度生きる」第45話のネタバレと感想をまとめてみました!

己の身分を自覚させる為、オーブリーを侍女に指名したアルティゼア。

一方セドリックは英雄視されるようになった戦争は自分の手柄ではないと呟くのでした。

「悪女は2度生きる」第45話のネタバレと感想を紹介します!

悪女は2度生きるネタバレ第45話最新話と感想!選んでくれた事への感謝

英雄と呼ばれる理由

エブロン騎士団がいたから戦争に勝てたのだと言うセドリック。

トルドの関所では小さな紛争が絶えない為、戦争に長けているのは当然だと言い放ちました。

 

帝国民はエブロンを慕っており、公式的に皇帝や皇后に次ぐ身分を持ちます。

騎士を任命し騎士団を率いる権利を持つのは、皇帝以外ではエブロン大公のみです。

領地に関する全ての権限を持っていましたが、セドリックはそれらを権力とも名誉とも思っていませんでした。

 

全ての権限はカラムを抑える為に与えられましたが、カラムとの防衛線で多くの犠牲が出たと語るセドリック。

犠牲を強いる為に作られた権力も、犠牲から得た名誉もないものと同じだと続けます。

 

話を聞いていたアルティゼアは、セドリックにもっと自信を持つように言いました。

地位や権力を与えられても、誰でもいい結果をあげられるものではないと微笑むアルティゼア。

皆がセドリックを慕っているからこそ、英雄として称えられるのだと続けました。

気持ちの変化

領民も帝国軍も皆がセドリックの事を信頼しており、自分もその一人だと伝えるアルティゼアに、セドリックは照れたように笑います。

そして一旦話を切り上げると、明日は墓参りに行こうとアルティゼアを誘いました。

大切な事を忘れていたと謝る彼女に、正式な礼拝ではなく、一人で散歩がてら行こうとしていたのだと言うセドリック。

 

でも一緒に行ければ気分転換になるのではと続けました。

喜んで受け入れるアルティゼアにセドリックが感謝の言葉を伝えると、彼女は何がですかと首をかしげます。

 

誰かと一緒にエブロンへ戻る事はないと思っていたセドリック。

家臣たちは家族のように接してくれ、独りだった事はありませんでした。

常に危険な戦場に赴いていましたが、命を懸けて守ってくれた者もおり、信頼できる者に囲まれていました。

 

幼い頃に両親を失ったセドリックは、親の愛情に負けないぐらいの大きな愛情に包まれて育ち、寂しいと感じた事は一度もなかったのです。

しかし、アルティゼアと二人で戻って来ると、それが勘違いだったと気付かされます。

お互いの目的の為に仕方なく結婚しましたが、セドリックにとってはそれ以上の意味を持っていたです。

選んでくれた事への感謝

私を選んでくれてありがとうと伝えるセドリックに驚いたアルティゼアは、前世の事を思い出し、選んだのはあなただと心の中で呟きます。

俯くアルティゼアに、そっとキスをするセドリック。

 

おやすみと言い残し、部屋を後にしました。

セドリックが去ったあと、アルティゼアは口元を抑えて赤くなっています。

 

ちょうどその時、オーブリーはあんな女を大公妃として認めないと怒りを滲ませていたのでした。

悪女は2度生きるネタバレ第45話感想

戦争に勝ったのはエブロン軍のおかげだと言うセドリック。

多くの犠牲から得た名誉など何の意味もないと続けます。

 

大公領では度々カラムとの紛争が起こっている為、戦争に慣れているのですね。

正義感の強いセドリックにとって、多くの犠牲を出して得た名誉など、誇らしいとは思えないのでしょうね。

 

セドリックにもっと自信を持つようにと言うアルティゼア。

英雄と呼ばれるのは皆がセドリックを信頼しているからであり、自分もその一人だと微笑みました。

 

セドリックは自分に自信が持てず苦しんでいましたが、アルティゼアの言葉で救われたようですね!

照れ笑いする様子が可愛らしかったです。

 

幼い頃に両親を亡くしたセドリックは、たくさんの愛情に包まれて育ち、寂しいと思う事はありませんでした。

アルティゼアとはお互いの利害関係が一致したために結婚しましたが、共に過ごすうちにセドリックにとって彼女の存在はどんどん大きくなっていったのです。

 

セドリックはたくさんの人に愛されて育った為、人の痛みのわかる素晴らしい人になったのでしょうね。

二人は契約結婚でしたが、相思相愛のようでよかったです。

ついに二人はキスをしましたが…オーブリーの存在が不安ですね。

悪女は2度生きるネタバレ第45話最新話と感想!選んでくれた事への感謝まとめ

今回は「悪女は2度生きる」45話のネタバレと感想を紹介しました!

自分を選んでくれた事への感謝を伝えるセドリック。

俯くアルティゼアにそっと口づけします。

一方オーブリーはアルティゼアを大公妃と認められず、怒りを滲ませるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!