サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

悪女は2度生きる

悪女は2度生きるネタバレ第81話最新話と感想!カラムの目的

「ピッコマ」連載漫画の「悪女は2度生きる」第81話のネタバレと感想をまとめてみました!

カラムの群れを傍観するセドリック。

城門を危険に晒さないよう、彼の取った行動とは…?

「悪女は2度生きる」第81話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女は2度生きるネタバレ一覧へ

悪女は2度生きるネタバレ第81話最新話と感想!カラムの目的

カラムの目的

カラムが2万の兵力しか用意していない事からも、本気で戦争するつもりではないと考えたセドリック。

今回彼らがやって来たのは、一部勢力内で作られたカタパルトと破城槌の効果を試しにきた為ではと言います。

兵器の効果をカラムに分からせない方がいいと懸念するリシアに、何をしても結果は同じだと。

 

既にカラムは効果を実証済で、たとえ今兵器を壊したとしても、何度でも試しにくると思うのです。

いつかカラムが丸腰で城壁が壊せない事を学ぶ前に、こちらが変わる必要があると言います。

覚悟を決めると自分の大弓を持って来るよう指示するセドリック。

首謀者への対処

誤ってカラムの子供を拉致してしまったものの、既に子供は返していました。

しかも相応の保証をしたのにも関わらず、こうして戦いを挑んでくる理由は何でしょうか。

カラムに向かって矢を放つセドリック。

 

それでもカラムは相変わらず太鼓を叩き続けています。

このままでは城門が危険だと考えたセドリックは、2本目の弓を放ったら砲撃するように命令しました。

そしてカタパルトは1つだけ残し、正常に作動するか様子を見るよう付け加えます。

 

その時、カラムの群れが一斉にこちらに向かってきました。

砲撃によって恐怖を植え付ける事はできますが、真の戦士がここにいると分からせる事はできないのです。

深く息を吸うと、彼らに向かって矢を放つセドリック。

 

彼の放った矢は、一人のカラムの太鼓に命中しました。

そして2本目の矢を放ったと同時に、砲撃が開始されます。

逃げ惑うカラムの群れの中に、一人気になる者を見つけたセドリック。

 

彼はフードを深く被っていましたが、明らかに他とは違うオーラを放っていました。

真っ直ぐにセドリックを見つめるカラム。

その目つきは、まるで彼の事を知っているように見えます。

 

彼が今回の首謀者だと察したセドリック。

この場で命を奪うか、それとも生かしておくかべきかと迷います。

こんなとき、アルティゼアならどちらを選ぶのかと考えるのでした。

いざ教会へ

同じ頃、アルティゼアはアルフォンスと共に教会を訪れていました。

本当は一人で来たかったものの、アルフォンスが一緒に行くと引かなかったのです。

入口で女性に出くわした女性に、静かに祈りたいから誰にも知らせないよう頼むアルティゼア。

 

秘密裏の訪問にはなりませんでしたが、大公妃が教会で祈りを捧げる事自体は全く問題ありません。

普段はリシアが常に一緒にいますが、今はたとえ彼女でも傍にいて欲しくなかったのです。

アルティゼアは覚悟を決め、あの司祭がいる部屋をノックしました。

悪女は2度生きるネタバレ第81話感想

セドリックはカラムが本気で戦争しようと考えていない事、そして今回の彼らの目的は新しい兵器の効果を試す為だと考えているようです。

そして真の戦士がここにいる事を知らせる為、彼らに向かって矢を放ちました。

子供は既にカラムに返したのにも関わらず、彼らがここに来た目的とは一体何でしょうか。

 

たとえ勢力分布が変わったからとはいえ、あまりにも不可解です。

カラムの群れの中に、明らかに他とは違う者を見つけたセドリック。

しかも相手はセドリックの事を知っているようですが…?

 

この首謀者の対処の仕方で今後の未来が大きく変わりそうな予感がします!

彼は単独で動いているのか、それとも裏で手を引いている者がいるのか…。

こんな時、アルティゼアが助言してくれたらどんなに心強いか。

 

セドリックがどんな決断を下したのか気になりますね!

そして極秘に教会を訪れたアルティゼアの目的も謎です。

あの司祭に対して言いたい事があるのでしょうか?

悪女は2度生きるネタバレ第81話最新話と感想!カラムの目的まとめ

今回は漫画「悪女は2度生きる」81話のネタバレ、感想をご紹介しました。

カラムの群れの中に首謀者らしき者を見つけたセドリックですが、その対処に迷いが生じます。

秘密裏に教会を訪れたアルティゼアは、あの司祭の元へと向かうのでした。

⇒悪女は2度生きるネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!