サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ第66話最新話と感想!ローハンとの出会い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女は砂時計をひっくり返す」第66話のネタバレと感想をまとめてみました!

砂時計を持つアースに動揺するアリア。

咄嗟に嘘を付いてしまった彼に敵意を向けてしまいます。

「悪女は砂時計をひっくり返す」第66話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ一覧へ

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ第66話最新話と感想!ローハンとの出会い

自己嫌悪に陥るアリア

砂時計がテーブルから落ちそうだったから手に取っただけだと誤魔化すアース。

しかしアリアの鋭い視線に耐え切れず、つい砂時計が気になって開けてしまったと白状するのでした。

 

クロア王国へ向かう馬車に揺られながら、二人は気まずい時間を過ごしていました。

勝手に砂時計を触ってしまった事を何度も謝るアース。

アリアは気にしないでと言いながらも、さっきは動揺してもう少しで彼に酷い言葉を放つところだったのです。

 

アースが言い訳しようとしたからとはいえ、大切な人にまで敵意を向けてしまう自分に嫌気がさします。

アースの事を本気で信頼しているのなら、彼が砂時計に何かするはずがないと分かるのに。

せっかく自分の事を楽しませようとしていた彼に気を遣わせてしまい、申し訳なく思うアリア。

 

その時国境に到着し、二人は馬車を降りる事に。

馬車の外はとんでもない騒ぎになっていました。

クロア王国へ到着

大勢の見物人に囲まれ、困惑するアリア。

アースは普通の馬車で列に並ばず入国しているから注目されているのだと言います。

その時、書類を持った男性が出迎えました。

 

二人の正体が皇太子と投資家のアリアだと分かると、一層大騒ぎになってしまったのです。

用意された部屋に入ったアリアは、この騒ぎでは外に出るのは難しいと困惑します。

そしてアリアの人気ぶりに感心するアース。

 

国境も越え、無事に証拠も残せたから明日帝国に戻ろうと提案します。

今日でも構わないと言うアリアに、今夜は仕事があるからと謝りました。

そして、美味しいレストランを予約しておいたから、二人の最後の夜を楽しもうと微笑むのでした。

ローハンとの出会い

アリアが一人部屋で待っていると、ドアがノックされました。

アースが帰って来たと思い部屋を開けようとしましたが、見知らぬ男性の声がします。

警戒しながらも、アースの知り合いだと思い返事をするアリア。

 

その男性はアリアの事を知っている様子です。

アースと約束はしていないものの、一向に訪ねて来ないので自ら会いに来たと言う男性。

そしてアースがいないならまた後で来ると言い残し帰って行きました。

 

その後、アースと食事に来たものの、昼間の事が気になって楽しめないアリア。

せっかく彼が好きなお店に連れて来てくれたのだから、余計な事を考えずに集中しようとします。

そしていつかまたクロア王国を訪れた時には、あなたと楽しい時間を過ごしたいと伝えました。

 

その時、一人の男性がアースに声を掛けてきます。

すぐに昼間の男性だと気付くアリア。

ローハンと呼ばれたその男性は、アリアを見るなり噂以上だと驚くのでした。

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ第66話感想

砂時計の件で危うく喧嘩になるところでしたが、うまく仲直りしてくれてよかったです。

自分の為にここまでして尽くしてくれる人なんてなかなかいないですよ!

あちこちに証拠を残してきたし、外国にまで来たし、完璧なアリバイになりそうです。

 

クロア王国へ来ても有名人のアリアに驚きました。

投資家として貢献してきた彼女は、平民からも大人気ですね!

そしてついに表紙にいる銀髪の男性が登場しました!

 

超イケメンな上に、アースとも親しい様子。

身なりを見る限りかなり高貴な身分に見えます。

彼は一体何者なのでしょうか?

 

次回ついに帝国へ帰る事になります。

完璧なアリバイでミエールに反撃する事ができるのでしょうか…?

悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ第66話最新話と感想!ローハンとの出会いまとめ

今回は漫画「悪女は砂時計をひっくり返す」66話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アリバイ作りも完了し、ついに帝国へ帰る事になったアリア。

クロア王国で過ごす最後の夜に、アースの知り合いであるローハンと出会うのでした。

⇒悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!