悪女の定義

悪女の定義ネタバレ93話最新話と感想!素直な気持ち

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」93話のネタバレと感想をまとめてみました!

孤児院で出会った見知らぬ男性は、幻術魔法で他人に成りすました皇太子でした。

久しぶりに二人は顔を合わせます。

悪女の定義93話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ93話最新話と感想!素直な気持ち

皇太子でしょ?

見知らぬ男性は、自分のことをレオだと名乗りました。

名前も見た目も知り合いに似ていると言い、それでも知り合いはここにいるはずがないと言ってみます。

 

皇太子は話を合わせ、芙美のことも自分の知り合いに似ていると返してきました。

美しいところが似ていると言われ、不意打ちの言葉に顔を赤くした芙美は、子供たちにからかわれます。

皇太子はその場を去り、芙美はまた気を取り直して子供たちと遊び始めました。

幸せになるのをあきらめないこと!

子供たちの相手をしていたら、すぐに帰る時間になってしまいました。

帰らないでと寂しそうな子供たちに、会いたくなったら皇宮においでと言います。

一生懸命努力し、立派な人になれば皇宮へ来れると言いますが、それでも大切なのは自分が幸せになることだと伝えました。

 

皇太子は職員に紛れ、見送る側に立っています。

職員たちには皇太子の知り合いだと説明し、馬車に乗せて一緒に帰ることにしました。

赤裸々トーク

2人きりになり、芙美はなんのために来たのかと切り出します。

しかし皇太子は認めず、平民の自分に丁寧な言葉を使わなくていいと返しました。

芙美はいつまで続けるつもりなのかと内心呆れます。

 

会いたかったと言えば信じてくれるかと聞かれ、芙美は会うのは初めてだと返しました。

あなたに似た人にと訂正する皇太子に、どれほど美しい人なのかとからかうと、皇太子は一生懸命言葉を考えて褒めてくれます。

皇太子はひとしきり褒めたあと、あなたは素敵な彼を見ていないと言い、表情を暗くしました。

 

芙美は初対面という設定を味方につけ、皇太子についてどう思っているのか赤裸々に話し始めます。

初めは自分の置かれた大変な状況と、彼への誤解や偏見もあり、本当に嫌いだったと言いました。

しかし関わりを重ねるにつれ、思っていたほど悪い人ではなく、彼の事情についても知ることになったと話します。

 

今では彼のことが好きだと微笑みますが、きっと結婚し、悪くない結婚生活を送るだろうと語るその表情は明るくありません。

皇太子はそんな言い方はしないでと芙美の手を握り、幸せだと思ってくださいと手の甲に口付けました。

 

あなたが幸せになれるよう、彼が努力するはずだと言いますが、芙美はその言葉が引っかかります。

皇太子はきっと、全ての配偶者に平等に接し、その中で芙美が幸せになれるよう努力するでしょう。

 

しかし浮気をきっかけに命を落とした芙美にとって、それは耐え難いことです。

芙美は手を振り払い、誰かと愛を共有したくないと目に涙を浮かべて伝えました。

悪女の定義93話感想

孤児院では目的通り、子供たちと沢山遊ぶことが出来ました。

他人のふりをする皇太子に、芙美はこれまで思っていたことをぶつけます。

 

芙美と子供たちの中はさらに深まりましたね。

思ったよりも元気な子供たちを見て、孤児院への不安は減ったと思うので、訪問して良かったです!

 

返りの馬車で芙美は素直な気持ちを伝えました。

皇太子よりも先に、芙美が気持ちを伝える形になってしまいましたね。

皇太子はすぐにでも気持ちに応えたいはずなのに、アイリーンの枷がとても憎いです!

 

また芙美はパートナーが複数の配偶者を持つことが受け入れられないようです。

現代に住んでいる私からすれば、それは当然の感覚ですが、昔の人たちはどう気持ちに折り合いをつけていたのでしょうか。

皇后になっても、芙美にとっては完ぺきな幸せとは言えなさそうです!

悪女の定義ネタバレ93話最新話と感想!素直な気持ちまとめ

今回は、「悪女の定義」93話のネタバレと感想を紹介しました!

皇太子との未来にある不安を自覚した芙美。

その苦しそうな表情を見て、皇太子はどう対応するのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!