悪役が施す美徳

悪役が施す美徳ネタバレ35話最新話と感想!キーパーソンはレラジエ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役が施す美徳」35話のネタバレと感想をまとめてみました

イザナが呪われた理由とそれを知っているかもしれないレラジエに確認しようと話し合いをする物語です。

呪いを解く方法のカギを握っているのはレラジエか!?

悪役が施す美徳35話のネタバレと感想を書いていきます!

悪役が施す美徳ネタバレ35話最新話と感想!キーパーソンはレラジエ

イザナが呪いをかけられた理由

呪いでイザナが苦しんでいることを知っているジンジャーは自分の生命を削ってまで呪いをかけることを恐怖に感じます。

そんな恐ろしい禁断の魔法をかけられるほどの恨みを買ったのかをイザナに尋ねました。

イザナは幼すぎて何故かはわからないが恐らくそうだと思うと答えます。

 

ジンジャーは大人が生命を削ってまで子供に呪いをかけるのは他に理由があるのではないかと考えました。

そして、レラジエとの会話を思い出し、彼女が何か知っているのではないかと思います。

レラジエがカギを握っている!?

ゲシュトが残したレラジエの赤いペンダントに疑問を抱いたイザナは会って確かめてみるとジンジャーに話しました。

そしてララにもレラジエのことを調べるように指示を出します。

 

レラジエに会う事を不安に感じるジンジャーにイザナはレラジエについて知っていることがあれば教えて欲しいといいました。

呪いを解く方法がわからなくても、理由だけでも知りたいというイザナの言葉を聞いてジンジャーはレラジエがカギを握っているのなら会う事を止められないと考えます。

頭では理解していても心は不安でいっぱいのジンジャーはもし小説通りになってしまったら今まで努力は台無しになると涙をのみました。

ブレスレットの効果

馬車の中で黙るジンジャーにララはレラジエのことを考えているのか尋ね、自分も彼女がどんな切り札を持っているのか気になると話します。

ララの話を聞いていたジンジャーは何故ララがそれを知っているのか不思議に感じ、誰かと同じような話をしたことは思い出しても誰だかわからずモヤモヤしていました。

その時ララが指を鳴らしブレスレットを外すとハメルを思い出します

 

ブレスレットの効果で毎回モヤモヤさせられるジンジャーはいつまでつけないといけないのか尋ねました。

ハメルは呪いの情報が集まるまでもう少し我慢して欲しいと答えます。

呪いの魔法について

ジンジャーはハメルにイザナが言っていた呪いの魔法のことを聞きました。

ハメルは魔法使いでも得意な分野はそれぞれ違い、自分が魔法を始めた時には呪いの魔法は禁止されていたと話します。

資料も回収され、イザナが知りたい情報が記録されているようなものは見つけられなかったと続けました。

 

しかし、ある日、宮殿の図書館の地下に隠されていた古い箱を見つけ、その中に百年位前の魔法使いの記録があったと語ります。

その中に呪いの魔法が戦争兵器に使おうと考え実験した記録もあったというのでした。

そしてジンジャーに呪いを自由に扱えたらどんな戦争にでも勝てると思わないか考えてみて欲しいと告げます。

 

実験の結果は7割の魔法使いは息を引き取ったと書かれていたとというハメルにジンジャーは生命力が低下するだけではないのかと問いかけました。

ハメルは個々に魔力が違うため、犠牲者を出さないように禁止になったのではないかと思うと話し、ゲシュトもそれを知っていたはずと話します。

急に恋愛小説から推理小説にジャンルが変わったというジンジャーにハメルはイザナはジンジャーを頼りにしているといいました。

 

イザナがジンジャーに心を開くと思っていなかったというハメルは信頼していると思うとジンジャーに伝えます。

ジンジャーはその頼りにされている意味を考え、レラジエには邪魔されたくないと思った時、ひらめきました。

そしてハメルにネックレスも作れるか聞き、できるというハメルに半ば強制的にレラジエのネックレスを一緒に盗もうと宣言をするのでした。

悪役が施す美徳ネタバレ35話感想

自分の生命力を削ってまでも子供であるイザナに呪いをかけたゲシュトは一体何をそんなに恨んだのでしょうね。

まして、それは命を落とすほどの強力な魔法なのですから、相当な恨みなのだと思います。

そこまでの恨みを買うとは相当だとは思いますが、イザナは子供だったので、巻き込まれてしまったのではないかと思いました。

 

そして、その呪いを解く鍵はやはりレラジエのペンダントなのでしょうね。

小説では心が読めないという事しかわかりませんでしたが、他に何か鍵になるようなことが秘められているのでしょうか。

 

それでもイザナがレラジエに会うのはジンジャーにとっては不安でしかないでしょうね。

可哀想にも思いますが、イザナが信頼をしてジンジャーに頼っているのはハメルが言わなくても明らかな気がします。

 

戦争兵器にも使えるほどの強力魔法をイザナにかけるとは過去に何があったのでしょうか。

ジンジャーは次なる手を考え始めましたが、ハメルの魔法を使ってまたしてもペンダントを盗もうとするとは思いませんでした。

果たして今度はうまく盗むことができるのでしょうか。

悪役が施す美徳ネタバレ35話最新話と感想!キーパーソンはレラジエまとめ

今回は漫画「悪役が施す美徳」35話のネタバレ、感想をご紹介しました。

イザナがかけられた呪いの魔法についてカギを握っているのはレラジエという考えに至ります。

3人でそれぞれその謎について調べることになりましたが、ジンジャーはハメルに協力してもらい一緒にレラジエのペンダントを盗む計画を再び立てました。

今度の計画は果たして成功するのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!