ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ1話最新話と感想!公爵様と主人公の関係性とは?

スポンサーリンク

無料漫画アプリで人気の高いある日、私は冷血公爵の娘になったの1話ネタバレと感想をお届けしたいと思います。

ある日、私は冷血公爵の娘になった1話のネタバレと作品の魅力とはどのようなものでしょうか。

 

また、ある日、私は冷血公爵の娘になった1話の感想や今後期待される展開を考えていきたいと思います。

前世の記憶を持つ主人公ピンクアイは、現世で娼婦の母親から2万ゴールドという大金でカスティージョ公爵家に売られることとなります。

冷血で美しい紅い瞳の公爵と主人公ピンクアイの物語を描く、ある日、私は冷血公爵の娘になった1話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ1話最新話!公爵様と主人公の関係性とは?

前世の記憶を持つ主人公

娼婦の母親にピンクアイと呼ばれている主人公の前世は、22歳の女子大生ユイ

母親はピンクアイが幼い頃から、ピンクアイを小さい箱に入れて隠し、数多くの男性と体の関係を結んでいました。

狭く小さい箱の中で母親のあえぎ声を聞きながら、眠りにつくことに傷ついていたピンクアイですが、3~4歳の頃から突如、前世の記憶が蘇り始めることに。

 

前世でピンクアイは、可愛い犬やたくさんの甘いスイーツ、家族との幸せな生活を過ごしており、その記憶のおかげでどんなに辛くても乗り越えることができたのでした。

そんな彼女は冷たい娼婦の母親から、突然カスティージョ公爵家になんと2万ゴールドという大金で売られることになります。

公爵様がピンクアイを買った理由とは?

娼婦である母親から公爵は、ピンクアイはあなたの娘と養育費を請求される公爵。

冷たく、乱れた生活をしていた娼婦の話を信じることはできないと冷静に断ったかと思いきや、ピンクアイを買いたいと突然言い出しました。

 

ピンクアイの母親は、ここぞとばかりに公爵が提案してきた金額の倍でピンクアイをあっさりと売り払ってしまいます。

公爵が突然、娼婦の娘であるピンクアイを購入した理由は一体なんなのでしょうか。

突然、カスティージョ家のお嬢様に!

母親に売られたピンクアイは、カスティージョ家のお嬢様として生活をすることになりました。

娼婦の母親の元では、まともにご飯も食べることもできず、貧しい生活をしていたピンクアイは、売られた自分は召使いにでもなるのだろうと冷静に考えていました。

それでもやせ細った自分の体を見て、3食ご飯が食べられるだけでもマシだと思うのです。

 

しかし、招き入れられたカスティージョ公爵家では、お嬢様として扱われることに。

大きなお屋敷に目を輝かせるピンクアイ。

そして、広く豪華な部屋をピンクアイの部屋だと案内され、喜びのあまり母親が使っていた下品な言葉を発してしまうのでした。

公爵につけられた新しい名前

現世では名前のことをカザンと言うと知ったピンクアイ。

ユイの記憶が強く、現世でわからない言葉がある主人公は、名前を聞かれ、母親に呼ばれていたピンクアイという名を執事に答えました。

すると執事は怪訝な表情を見せます。

 

新しくお世話係として紹介されたアニーにも、公爵様が今より素敵な名前をつけてくれると言われました。

ピンクアイとの名前の意味はなんなのでしょうか。

公爵家に売られて、いきなり生活が180度変わったピンクアイはシンデレラになった気分になります。

そして、ある日、私は冷血公爵の娘になった1話の最後には、公爵からエステルと命名されるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったのネタバレ1話感想

ある日、私は冷血公爵の娘になった1話の感想は、ジェットコースターのようなシンデレラストーリーという印象です。

冒頭から主人公は母親に売られてしまい、母親との辛く苦しい生活が少しでも改善されればとあまり期待していなかったピンクアイが、大きなお屋敷のお嬢様になり、執事やお世話係までいる生活に早変わりします。

 

今まで前世の豊かで楽しかった記憶を頼りにピンクアイが懸命に生きてきた過去は想像もできないほど、壮絶なものだと思います。

その状況が、ある日、私は冷血公爵の娘になった1話で解消されるので、まだ1話にも関わらず少しスカッとしますね。

 

また、ユイの記憶から、現世では主人公が知らない言葉がたくさんありますが、名付けられたエステルという名も今後キーワードになる予感がします。

そして、2万ゴールドという大金でエステルを買った公爵については、まだ何も明かされていません。

タイトルにある冷血な公爵の部分は、まだ見受けられませんが、公爵がエステルを買った理由や公爵は一体どんな人物なのか、今後どのように展開していくのか楽しみです!

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった1話のネタバレ、感想ですが、これからどんどん面白くなる要素がたくさん詰まっている印象でした。

娼婦の母親に名付けられたピンクアイの由来や公爵様が付けてくれたエステルにはどのような意味があるのか。

そして、エステルの前世であったユイの記憶はどのように展開していくのでしょうか。

 

公爵様がエステルを購入した理由や関係性にも今後注目ですね。

見逃せないジェットコースターな展開がギュッと詰まったある日、私は冷血公爵の娘になった1話の感想とネタバレをご紹介いたしました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!