ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ110話最新話と感想!アイリス皇女のたくらみ

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」110話のネタバレと感想をまとめてみました!

エステルを気に入るマクギラン・リリアの父セルヴァン伯爵の逝去、そしてアイリス皇女主催のサロンの物語です。

結婚について悩むエステルにカルルは・・・

ある日、私は冷血公爵の娘になった110話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ110話最新話と感想!アイリス皇女のたくらみ

エステルの虜になるマクギラン

マクギランの訪問でロイは賭けのことをエステルにこっそり耳打ちするとエステルは明日といっていたと突き返します。

エステルはマクギランに用件を尋ねると、マックと呼んで欲しいと真剣なまなざしで見つめてきました。

そしてもう一度あの曲を聴かせて欲しくて訪ねてきたのです。

 

エステルは戸惑いながらもあの曲を聴かせると、マックはその場に崩れ落ちエステルの虜になってしまうのでした。

そんなマックを落ち着かせてエステルはロイに11歳の時の誕生日プレゼントを持ってくるように指示をします。

エステルはマックにその青色の精霊石を貸すので曲を完成させて欲しいとお願いするのでした。

カルルに相談するエステル

場面は変わり、エステルは一人、森の中で弓の練習をしています。

手元が狂い失敗したところでカルルに声をかけられました。

何か気がかりなことがあって集中できないのか心配するカルルにエステルはリドルとの結婚について聞いてみます。

 

それを聞いたカルルは怪訝な顔をしますがエステルの不安を聞いてそんなことはさせないから安心するように優しく話してくれました。

そうして二人で冗談を言い合っているところにアニーがセルヴァン伯爵家からの使者が来ていることを伝えます。

リリアから何だろうと考えているエステルにアニーは弔旗を掲げていると話すのでした。

セルヴァン伯爵の葬儀

場面は変わり、リリアの父セルヴァン伯爵の葬儀に参列するエステル。

ショックを受けているリリアを気遣います。

そんなリリアがエステルに耳打ちで、皇女のサロン準備をリリアに頼むように話したのかを聞いてきました。

 

そんなことは話してないと否定するエステルにリリアは不吉な予感がするから気をつけるようにと伝えます。

そしてシャシャも来ていることを聞きエステルはシャシャの元に向かいました。

エステルに会ったシャシャは懐妊したことを伝えます。

 

すると突然少し離れた場所でアイリス皇女が泣き崩れていました。

その様子を見ていたシャシャは皇女はセルヴァン伯爵とは一度しか会ったことがないのにと皇女の嘘を見抜きます。

そしてエステルに皇女はエステルを社交界から締め出そうとしているかもしれないから気をつけるようにと警告してくれるのでした。

アイリス皇女主催のサロン

その1週間後アイリス皇女からサロンの招待状が届きます。

思っていた以上に早い開催に驚きをロイと話しながら会場に向かうエステル。

ロイが芸術家を呼んだ情報を伝えるとマックがピアノ奏者として呼ばれたのならば自分のサロンに呼ぶのは控えようと考えます。

 

奏者がかぶってしまうのは失礼にあたるからなどと思考を巡られせていると到着しました。

扉が開かれて現れたアイリス皇女。

その姿を見て愕然とするエステルの目の前には、エステルがデザインしたドレスを着た皇女が立っていたのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ110話感想

マクギランはすっかりエステルにハマってしまいましたね。

その豹変ぶりにエステルは若干引き気味ですが、精霊の存在など知らないマックはエステルの才能だと思い惚れこんでしまったようです。

ロイは面白がっているみたいですが、あまり、グイグイ来られるとさすがに引いてしまいますよね。

 

リドルとの結婚のことで皇室が動いているのか心配なエステルはカルルに相談していました。

カルルは実にカルルらしい発言をしていましたが、エステルを安心させようとする優しさが見られましたね。

 

そしてリリアの父の葬儀でアイリス皇女のたくらみが発覚しました。

エステルに執着するのは皇后がエステルを気に入っているからなのでしょうか。

 

皇女主催のサロンでエステルがデザインしたドレスを来て登場した皇女には狂気を感じました。

あまりエステルを苦しめないで欲しいと思います。

しかし、エステルも強く成長しているので、皇女をぎゃふんといわせて欲しいとも思いますよね。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ110話最新話と感想!アイリス皇女のたくらみまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」110話のネタバレ、感想をご紹介しました。

精霊の歌を歌うエステルにすっかり惚れてしまったマクギラン。

結婚のことで悩むエステルにカルルがアドバイスをしてくれた時にセルヴァン伯爵の訃報が届きます。

セルヴァン伯爵の葬儀から1週間後、アイリス皇女主催のサロンが開かれ、出向いたエステルの前にはエステルがデザインしたドレスを来て立っている皇女がいるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!