ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ113話最新話と感想!新レイモンド侯爵の正体

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」113話のネタバレと感想をまとめてみました!

好きな人の前で自分のことを誉めて欲しいというアイリスとそれに振り回されるエステルの物語です。

新しいレイモンド侯爵の正体とは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった113話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ113話最新話と感想!新レイモンド侯爵の正体

アイリスとのティータイム

突然好きな人ができたと話すアイリスは今度その人を紹介するのでその時に自分のことを誉めて欲しいとエステルに持ち掛けます。

どんな人物なのかエステルが尋ねると、アイリスはレイモンド家の若侯爵だと告白しました。

レイモンド侯爵家は以前カスティージョ家との戦争でカルルが侯爵と後継者のレットの命を奪っていて、エステルは新しい侯爵が誰なのか知りません。

 

あまり気分のいい話ではないと考えているエステルにアイリスは好きな人はいないのかと質問します。

家にいるほうが気楽だと答えるエステルにネチネチとまた嫌味をいうアイリス。

そこへ、リドルがエステルを呼びだしていると従者が伝えに来て、エステルはアイリスから解放されました。

機転を利かせてくれるリドル

エステルがリドルの元へ行くと、特に用事があるわけではなく、アイリスから解放しようと気を利かせてくれたのです。

エステルはリドルにアイリスとの近況を尋ねました。

リドルはアイリスとは全く会話することもなく、最近は母親と兄にべったりで自分は完全に無視されていると答えます。

 

アイリスは以前にもまして母親にべったりだとリドルは表情を曇らせました。

更にエステルはリドルの兄についても聞いてみます。

異母兄弟で年も離れている上に次期皇帝という身の皇太子で会うこともままならないとリドル。

 

エステルはそれを聞き、皇后の実の息子のリドルよりも皇太子と仲がいいのが不自然に感じます。

リドルは話題を変えて、ソリード伯爵領をどうやって浄化したのかをエステルに尋ねました。

知らないと答えるエステルにリドルは精霊士だからではないのかとかまをかけます。

 

しかし、エステルはそんなはずないとしらを切りとおしました。

帰り際にリドルが新しいレイモンド侯爵について意味深な態度を取り、エステルはそれに違和感を覚えるのでした。

ロイに聞いてみる

帰りの馬車に乗るときにエステルはロイに新しいレイモンド侯爵について何か知っているかを質問します。

それとなく見当はついているがロイは答えずに、エステルになぜそんなことが知りたいのか聞き返しました。

 

エステルはアイリス皇女がその侯爵を好きで、応援して欲しいといわれたことをロイに伝えます。

ロイはこれ以上質問攻めにあいたくないと、馬車には乗らずに後ろからついていくことにしました。

レイモンド侯爵の正体

1週間後にアイリス皇女のティーパーティーが開かれ、エステルはレイモンド侯爵が誰なのかを知ることになります。

アイリスはレイモンド侯爵はカルルが他の後継者たちの命を奪ってくれたのだから、カスティージョ家にはお礼を言うべきだと悪い冗談を言ってきました。

いい気がしないエステルをよそに他の令嬢は笑っています。

 

アイリスは席を立ち招待したレイモンド侯爵を呼びに行きました。

他の令嬢たちもアイリスに褒めて欲しいと頼まれていたようでエステルは仕方がないと思っています。

 

そうして、登場したレイモンド侯爵を見てエステルは絶句します。

そこに立っていたのはエメルだったからなのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ113話感想

薄々気づいてはいましたが、ついにエステルが知ることとなりましたね。

レイモンド侯爵がエメルであるということを・・・

周りがひた隠しにしてきて、エメル自身もエステルには伝えていなかったので、エステルは本当に驚愕したと思います。

 

エステルのドレス案を盗んだり、好きな人を盗んだり、アイリスのストーカー的な恐ろしい行動は許せないですよね。

アイリスの言動は見ていてイライラして、痛い目に遭わせたいと思うほどです。

 

リドルはアイリスとのお茶会から解放するためにエステルを呼びだしてくれましたね。

しかし、エステルが精霊士であることを疑い始めていました。

表情が少し危険なにおいがしたので、今後そのことでエステルに危機が訪れないといいなと思いました。

 

皇后とアイリスの関係についても触れられていましたが、エステルに執着しているという点では同じような気がします。

今後社交界でエステルはどのような立場に置かれるのか、とても気がかりです。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ113話最新話と感想!新レイモンド侯爵の正体まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」113話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アイリスに好きな人とのことを応援して欲しいと頼まれるエステル。

アイリスとのティータイムから救い出してくれたリドルはエステルが精霊士ではないかと疑われます。

ティーパーティーでレイモンド侯爵を紹介されたエステルの前にはエメルが登場するのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!