ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になった16話最新話と感想!エステルの過去のトラウマとは?

スポンサーリンク

ある日、私は冷血公爵の娘になった16話のネタバレと感想をお届けしたいと思います。

公爵家のことが明らかになっていく中で、雨が降ると昔のトラウマを思い出してしまうエステルは、なかなか眠れずに体調が優れません。

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった16話の感想としては、エステルが雨や雷に恐怖を感じる理由と公爵がエステルのために優しく包み込んでくれるという印象でした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった16話の感想とネタバレをご覧ください。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ16話最新話!エステルの過去のトラウマとは?

カスティージョ家と4つの侯爵家

エステルはハーデル先生との授業中にカスティージョ家について、さらに詳しいことを質問しました。

カスティージョ家より位が低い侯爵家4つとは仲が悪いのか、そして、もし争いになった時にカスティージョ家は4つもある侯爵家に対抗できるのかと。

ハーデル先生が侯爵家とカスティージョ家は仲は良くないとハッキリ答えました。

 

ハーデル先生とエステルが授業をしている間も雨は降り続き、また雷が鳴りそうな予感にエステルは体を震わせました。

ハーデル先生がエステルの異変に気づき、授業をやめるかとエステルに提案をすると、公爵が授業を止めます。

そして、エステルを抱きかかえ、カスティージョ家の絵画や古書を保管する部屋へ連れてきました。

資料室の秘密

貴重な資料が日に当たることを防ぐため窓のない部屋にポツンとベッドが置いてありました。

エステルが不思議に思うと、公爵はエステルが雷で眠れないと聞いてベッドを用意させたと言います。

そして、エステルに貴重な資料が置いてあるこの部屋の鍵を公爵は渡しました。

 

エステルは、ぽかんとしましたが、公爵の優しさに嬉しくなります。

早速、エステルが眠りにつこうとすると公爵もジャケットを脱ぎ、エステルが安心して眠れるよう添い寝をしてくれました。

エステルは久しぶりに深い眠りにつきます。

エステルのトラウマ

次の日も雨が降り続けます。

エメルはエステルのことが心配になり、エステルの部屋へ訪れました。

エステルは雨の日にも関わらず元気そうでエメルは驚きましたが、すぐに公爵が一緒に寝てくれるから大丈夫と答えるエステル。

 

エメルはエステルの顔色が良いので、今ならと、なぜ雨や雷が苦手なのかとエステルに聞きます。

するとエステルは過去の話をします。

エステルは母親が仕事の時に箱に入れられていました。

そして、母親がベランダに箱を置いたままだった日に強い雨が降ってきてしまい、蓋の穴から雨水が入ってきてしまうことがありました。

 

泣き叫んでも母親は気づいてくれず、首のところまで水に浸かってしまい、もうだめかもしれないと強い恐怖をエステルは感じていたのです。

そのことをエメルに話すと、エメルは怒りに震えました。

そして、あっけらかんと話すエステルに強く心を傷めます。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ16話感想

雨が降るとエステルの体調が悪くなってしまう理由がわかりましたね。

また、公爵はエステルのことをよく見ていて、本当にエステルのためを想って行動していることがわかります。

貴重な資料や絵画の置いてある保管庫は、エステルしか鍵を持っていません。

雨や雷で眠れないことを防ぐために部屋に籠ることも、もちろんあると思いますが、貴重な資料が置いてある部屋ではたくさんの情報を得ることができます。

 

また、エステルはハーデル先生に文字を教えてもらっているので、問題なく資料を読むことができるでしょう。

ハーデル先生に聞かなくても、エメルの目を気にせず、カスティージョ家と皇帝の秘密や魔術師について知ることができるでしょう。

公爵がエステルのために何かを与えるシーンはよくありましたが、添い寝をすることは今までありませんでした。

公爵にとってエステルがどんどん特別な存在になっていることがわかります。

 

エステルも公爵の無防備な姿に驚いたことでしょう。

そして、エステルの過去についても明らかになりました。

水に溺れるようなシーンは、雨の日に母親から放置されていたことから思い出されていたようです。

 

箱の中に子どもを入れて、外に出して置くなんて、信じられないことをする母親ですよね。

そして、エステルは心の傷を負ってしまいました。

このトラウマはすぐに癒えるものではないと思います。

 

それを知ったエメルもエステルを想って、とても悲しい気持ちになり、どこに怒りをぶつければ良いのかわからないようです。

エメルもエステルのことを大切にしているのだと感じます。

そして、冒頭にはハーデル先生からカスティージョ家と4つの侯爵家は仲が悪いことを聞きます。

 

皇帝や魔術師、4つの侯爵家とカスティージョ家には敵が多いですね。

これらとの関係を回復する、もしくは倒すためにエステルはどのような力を発揮するのでしょうか。

これからの展開も楽しみです。

まとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった16話のネタバレと感想をお届けしました。

強い雨や雷に恐怖を感じるエステルのトラウマについて明らかになりましたね。

そして、公爵はトラウマのせいで眠れないエステルのために、貴重な資料がある部屋の鍵を渡しました。

 

これから話が進む上でポイントになりそうですね。

また、エメルもエステルのトラウマの壮絶さに愕然としており、エステルのことを大切にしていることがわかりました。

公爵やエメルの優しさを実感した、ある日、私は冷血公爵の娘になった16話の感想、ネタバレでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!