ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ35話最新話と感想!皇后のお茶会

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」35話のネタバレと感想をまとめてみました!

エステルは、皇后のお茶会に誘われます。

悪夢を見た翌朝、自分はこの家の子なのだと胸を張ったエステルは、お茶会に向かいました。

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」35話のネタバレと感想をご紹介します!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ35話最新話と感想!皇后のお茶会

皇后のお茶会

笑顔の皇后に迎えられて、エステルは淑女の挨拶をします。

皇后は、堅苦しい挨拶はいらないと抱き寄せます。

エステルの為に用意したティーカップを紹介されて、とても可愛いと伝えると、皇后は密
かに黒い表情を見せました。

 

お茶を飲みながら、皇后はエステルの母について聞いてきます。

想定していたエステルは、父から母の話をする事を禁止されていると伝えました。

すると今度は、育った場所や母との仲、母の生存を聞かれます。

 

困るエステルは、答えられる範囲で母の容姿や性格などを伝えました

一言返事をする皇后は、父のことをアインと名前で呼びながら、昔父が田舎娘に引っ掛けられて大変な目に遭っていたと話します。

公爵の肩書に言い寄ってくる女も多いので心配していると話す皇后は、エステルの母は身の程をわきまえる人だったようだと言いました。

 

皇后は自分の事を母親のように思っていいと、エステルの手を握ります。

母親と言われて、脳裏に酷かった実母の姿が浮かびながら、エスエルは別の話題に話をそらすことにしました。

皇女アイリス

以前された皇女様を紹介してくれる話を持ち出すと、皇后はやめた方がいいと言います。

自分の娘を色々足りないと言って嘆く皇后。

その時、ノックする音が聞こえてアイリス皇女が部屋に入ってきました。

 

エステルは、皇女が目が見えない事に気が付きます。

挨拶と自己紹介をエステルがすると、皇女も会えて嬉しいと自己紹介をしようとしました。

ですが、皇后は言葉遣いと態度が悪いとキツく叱り出します。

 

謝るアイリスに気にしないようお伝えすると、皇后に心の広いエステルを見習うようにと言われていました。

エステルはアイリスが気の毒になりました。

 

皇后に色々とお菓子を勧められるエステルは、アイリスが何も食べていないので、甘いものは嫌いなのかを尋ねます。

そうではないと聞いて、エステルは自分が食べておいしかったものを次々にお勧めしました。

 

その様子を見て皇后は、エステルがアイリスを気に入ったのだと思い、二人きりにして席を外します。

エステルは、すんなり解放してくれる皇后に少し拍子抜けをしました。

 

アイリスがお菓子を食べなかったのは、(目の見えない事で)器用に食べられないのを皇后が嫌がるからでした。

アイリスはエステルの話を色々と聞いていて、実際に会うと愛らしく優しい方で、公爵や母(皇后)に愛される理由が分かると話します。

皇女様もそうだと伝えるエステル。

同じ年頃の友達がいないアイリスと、エステルは呼び捨てで呼び合う友達になりました。

帰り道

エメルから、カスティージョの者で皇后の招待に応じたのはこれが初めてだと聞かされます。

その事で何かを言おうとするエメルは、突然止まり、エステルを守るように前に出ます。

目の前に、年老いた魔道士が現れました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ35話感想

皇后は、エステルをとても気に入っているようです。

言葉使いも語尾が伸びていたり、アイリスも母が気に入っていると言っていました。

その理由は、公爵が大事にしている愛娘だからでしょうか。

 

ですが、実娘のアイリスにはかなり冷たかったです。

アイリスもとてもいい子そうなのに可哀想でした。

ちょっと前までエステルにも友達がいませんでしたが、二人が友達になれてよかったです。

 

最後に、魔道士が接触してきていました。

待ち伏せしていたのでしょうか?

 

どうしてお茶会をすることを知っていたのかも気になります。

皇后はエステルとそこまで話もしていないのに、すぐに席を離れていたので、魔道士に会わせるためにお茶に呼んだのかもしれません。

考えすぎかもしれませんが…。

 

魔道士と初めて遭遇しましたが、大丈夫でしょうか。

一体何しに現れたのでしょうか!?

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ35話最新話と感想!皇后のお茶会まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」35話のネタバレ・感想をご紹介しました。

皇后と母の話をしたエステルは、皇女のアイリスにも会い、友達になりました。

帰り道、突然エステルの前に魔道士が現れます。

二人はどうなってしまうのでしょうか!?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!