ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ48話最新話と感想!エステル絶体絶命

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」48話のネタバレと感想をまとめてみました!

拷問のような実験を繰り返される絶体絶命のエステルの物語です。

魔塔に辿り着いたパパはエステルを無事に救い出すことができるのか!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった48話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ48話最新話と感想!エステル絶体絶命

レプトンの狂気に晒されるエステル

レプトンは魔族と人間の血が混ざれば無限の力が発現すると考えていたのにその成果が出ずに苛立っていました。

そしてエステルの手を引き魔法をかけますが、それでもないと更に苛立ちを募らせます。

 

上手くいかない焦りから翌日骨と皮膚を調べると言い残し部屋を出ていきました。

エステルは力なく床に寝転がり、いつ助けが来るのか、もう少し我慢すればと自分に言い聞かせるのでした。

魔塔で居所を聞き出す

一方、魔塔の入り口では招待状がないと入れないと魔導士たちがカスティージョ家を門前払いしています。

話をつけようとしている騎士団たちを制してエメルが力づくで押し入りました。

エメルがパパを促すと、マスター以外は足手まといとパパは騎士団を追い返し二人で進んでいきます。

 

魔力は絶対的な力と考える魔導士たちはカスティージョ家により絶対ではなくなることを恐怖に感じます。

レプトンの居所を聞かれた一人の魔導士は、抵抗するも、その圧倒的な力を前に白状してしまいました。

その魔導士をエメルはあざ笑い、怒った魔導士はカスティージョの名を叫ぶのでした。

窮地のエステルに助けが来た

レプトンの研究室ではエステルがベッドの上で手足を拘束されて寝かされています。

マスターならば道具を使わなくても腕を落とすこともできるとその力を欲しがるレプトン。

その狂気を止めようとじゅーさんが震えながら訴えます。

 

しかしレプトンはこんなことで命を落とすカスティージョではないと聞く耳を持ちません。

更には何日も食事をしていなくても生きているとエステルを叩き、手足を切断手も命を落とすことはないと記録もあると話します。

 

カスティージョは人間ではないからすることで、人間にしたらバチが当たると冷酷に語りました。

何も感じない呪文のように痛くないと心で唱えるエステルですが、恐怖を覚えます。

 

その時、レプトンの背後で爆発が起こりました。

エステルの目には黒い煙のようなオーラが映ります。

それはパパが放った怒りのオーラだったのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ48話感想

されるがままになっている心を失ったエステルを見ているのは本当に胸が締め付けられますね。

それでもなお実験が成功しないと怒りをあらわにするレプトンにはこちらが怒りを覚えます。

自分の欲望のために幼い子供に残虐な行為を繰り返すレプトンが許せません。

 

もうこれ以上エステルのひどい姿を見たくないと思った時にカスティージョ家が魔塔に辿り着き少しホッとしました。

パパとエメルが魔塔に入りレプトンの居所を確認するシーンは力の差を痛感させましたね。

しかし、そこにレプトンはいなくて、早くエステルを見つけて!と思ってしまいました。

 

大ピンチのエステルが心が崩壊していながらも恐怖で涙するのは本当に悲痛な思いを感じましたね。

間一髪のところで爆発が起こりレプトンの手が止まったときはエステルが救われると思いました。

 

エステルにとっての一筋の光が黒いオーラをまとったパパが登場しましたね。

これでエステルの危機が回避されることを願っています。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ48話最新話と感想!エステル絶体絶命まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」48話のネタバレ、感想をご紹介しました。

止まることのないレプトンの拷問のような事件に耐えるエステル。

パパたちは騎士団を引き連れてレプトンの居所をつかむために魔塔に押し入ります。

居所をつかんだパパは絶体絶命のエステルを助けるために突入しました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!