ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ49話最新話と感想!元に戻れないエステル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」49話のネタバレと感想をまとめてみました!

救出されたにもかかわらず、感覚が元に戻らず苦悩するエステルの物語です。

周りの声は聞こえるのに、感覚が元に戻らず、戻すためにエステルがとった行動とは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった49話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ49話最新話と感想!元に戻れないエステル

救出されるエステル

登場したパパとエメルにエステルは声をかけようとしますが、その声は出ることはありません。

必死で自分の居場所を訴えようとします。

二人の姿を見てレプトンは震えながら、抵抗を見せました。

 

エステルにのこぎりを突き付け、手にかけようとした瞬間、腕ごと切り落とされます。

一瞬何が起こったかわからない様子のレプトン。

腕がなくなり床にのたうち回るのでした。

 

パパはエステルの拘束を解き抱きかかえました

問いかけに答えられないエステルを心配する二人は転がるじゅーさんを見つけます。

パパが手にかけようとしますが、エステルが必死でそれを止め、じゅーさんも一緒に連れ帰るように指示をしました。

帰宅しても戻らない感覚

パパの大丈夫という声に安心したエステルは深い眠りにつきます。

そうして久しぶりに精霊石に守られた自分の家に帰ってくることができました。

 

しかし心と体を切り離してしまったエステルの感覚はずっと戻ってきません。

ゆっくり歩くことは出来ても方向は変えられず声を出すこともできなくなっていました。

アニーはエステルの前では笑顔でも毎晩泣いています。

 

大切な人たちが心を痛めている姿を見てエステル自身も心を痛めるのでした。

エステルは治す方法を考えます。

エステルが考えた危険な方法

ロイが護衛についたある日、春バラが咲いていると話すロイ。

エステルはそのままロイと歩いてバラの庭園に行きます。

ロイはその様子に自分の話が伝わっていると気づき驚きました。

 

綺麗に咲き誇るバラを見てエステルはあることを考えます。

痛みから逃れるために取った方法でこうなってしまったのだから、痛みを感じたら元に戻れるのではないかということでした。

そしておもむろにバラに手を伸ばし、その棘を握りしめ痛みを感じて、この方法ならと考えるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ49話感想

ひとまずは、エステルが切られることなく救出されたのは本当に良かったと思いましたね。

守られたおうちに帰ってこれて一安心しました。

 

しかし、心と体を切り離し、痛みから逃れるために失った感覚が、元に戻らず、とても心配です。

周りの人々はエステルに話が通じているかもわからないような状態とは気が気ではないと思いました。

今のエステルの状態は互いに不幸な気持ちになる状態といえるのではないでしょうか。

 

伝えたくても伝えられない、動きたくても動けない、そんなエステルの痛々しい姿は見ていて何とかしてあげられないかと思います。

ロイがエステルの笑顔が太陽でその太陽がずっと曇っていてみんなの心には雨が降っているという言葉にはグッときました。

早くエステルの笑顔が戻る日が来てほしいと思いましたよね。

 

バラの庭園に行ったときに言葉が通じているのだとロイが気づいてくれて、少し伝わったとホッとしました。

しかし、そのバラの棘で痛みを感じれば治るかもというエステルの危険な考えが少し気になります。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ49話最新話と感想!元に戻れないエステルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」49話のネタバレ、感想をご紹介しました。

やっと救出されたエステルですが、失った感覚が元に戻りません。

みんなが悲しんでいて何とか感覚を元に戻そうと悩むエステル。

そんな時、バラを見て思いついた方法は、痛みを感じるという危険な方法でした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!