ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ52話最新話と感想!パパへお願いする

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」52話のネタバレと感想をまとめてみました!

じゅーさんと一緒に暮らすことができるようにパパにお願いをするエステルの物語です。

エステルのお願いにパパの答えとは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった52話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ52話最新話と感想!パパへお願いする

じゅーさんと同居したいエステル

じゅーさんに一緒に暮らそうと持ち掛けたエステル。

その後、レプトンはいなくなったとパパに聞かされていたエステルはじゅーさんも自由になれると思っています。

嬉しさでいっぱいのエステルはしきりにじゅーさんを誘いました。

 

しかし、誰にも相談なく誘うエステルをロイが止めます。

イリアルであったじゅーさんを誰にも相談せずに同居させるのはいかがなものかと考えてのことでした。

じゅーさんに対して悪くは思っていなくてもイリアルであったことに変わりがないからです。

イリアルとの同居は可能なのか!?

じゅーさんを諭すロイにエステルは怒りをぶつけました。

そして魔導士に魔法をかけられたのなら、その魔導士がいなくなれば魔法が解けているのではないかと尋ねます。

するとじゅーさんは魔法はかけられていないと話しました。

 

じゅーさんの髪は元々黒髪だったけれど実験に使われたために色が変わったと話します。

実験のことを思い出したエステルは気持ちが落ちかけますが、気を取り直して明るく振舞いました。

皇帝からの呼び出し

パパの書斎では皇帝から早急に首都に来るようにと通達が来ています。

レプトンのことで魔塔から抗議文が絶えず、皇帝陛下も仕方がなく三者で話し合いをすることにしたようでした。

 

これまでエステルのことが心配で無視してきたパパでしたが、これ以上無視することもできず、向かうことにします。

そして誓約を破ることは出来ないとパパは考えを巡らせるのでした。

 

ロイはじゅーさんに首都の様子を尋ねています。

魔塔とカスティージョの全面戦争になりそうなのかと話をしているとそこにパパがやってきました。

エステルはパパの姿に大喜びで抱きつきます。

 

そしてじゅーさんを紹介すると、じゅーさんは土下座をしてパパにお礼を言いました。

そこまでしなくてもとエステルはパパに二人きりで話がしたいと持ち掛けます。

お願いされたパパの答え

パパと二人きりになったエステルはじゅーさんを遊び相手として雇いたいとお願いをしました。

するとパパはあっさりと魔導士として雇っていいと答えます。

パパはじゅーさんにはカスティージョが混ざっているし一人くらい専属の魔導士がいてもいいだろうと話しました。

 

そしてエステルは先ほどの戦争の話もパパに聞いてみます。

パパは皇帝が何とかしてくれると思うと話しました。

エステルはカスティージョであっても皇帝の命令には絶対なのはなぜなのか疑問に思います。

 

パパにも聞いてみますが、それは大きくなったら教えるとはぐらかされてしまいました。

そしてパパは以前、エステルには精霊士の才能があると話したことを覚えているか聞きます。

もちろんと答えるエステルに契約についてそろそろ考える時期が来たとパパは話すのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ52話感想

エステルがじゅーさんと一緒に暮らしたかったのはただ遊び相手が欲しいというだけではなかったのですね。

魔塔に戻ってまたひどい目に合わないで欲しいという優しい気持ちからのことでした。

ロイはイリアルとの同居は難しいと考えて止めていましたね。

 

しかしパパはエステルの提案にすんなりと了承しました。

それもじゅーさんにカスティージョが混ざっているとはびっくりでしたね。

そしてエステルの魔導士として受け入れてくれました。

 

皇帝からの要求を無視し続けていたパパでしたが、これ以上は無理と判断して受け入れることにしたようです。

全面戦争にはならないはずといっていましたが、何か一波乱ありそうですね。

 

そしてエステルの力のことで契約について考える時期が来たといっていました。

これもまた、何かありそうな予感がします。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ52話最新話と感想!パパへお願いするまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」52話のネタバレ、感想をご紹介しました。

どうしてもじゅーさんを魔塔に返したくないエステルは同居することを強く願います。

そしてパパにお願いをすると専属の魔導士として雇うことを許可されました。

エステルにパパは契約について考える時が来たと伝えるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!