ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ59話最新話と感想!やっと眠ることができるエステル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」59話のネタバレと感想をまとめてみました!

後遺症が原因で眠れなくなってしまったエステルはエメルに抱かれてやっと寝付くことができる物語です。

目覚めたエステルはエメルに抱かれていて・・・

ある日、私は冷血公爵の娘になった59話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ59話最新話と感想!やっと眠ることができるエステル

エステルの後遺症

パパの宣言でカスティージョ家の扉は閉ざされました。

エステルは奥の部屋で後遺症の治療に専念します。

眠ることができないエステルにエメルが声をかけました。

 

抱きかかえられて慌てるエステル。

問題ないからそのまま寝るように促されると安心したのかエステルはあくびをします。

そしてそのまま眠りにつくことができました。

 

エメルはこういう時に一晩中抱っこしていられるのでマスターでよかったと考えています。

そこにパパがやってきてエステルの様子を伺いました。

エステルを見て思わず触ろうとするパパをエメルは止めます。

エステルを心配するパパ

その時、うなされて起きそうになるエステルを優しくエメルがなだめました。

パパはその様子を見ていて、魔塔を全壊するべきだったと苛立ちます。

エメルが反逆者になってしまうとなだめますが、構わないとパパ。

 

しかし、誓約を恐怖に思ったのは初めてなのでした。

皇帝にエステルの存在を知らせたことを後悔するパパ。

エメルは知らせずにいたらエステルが傷ついていたと話します。

 

パパはエステルがカスティージョであることを後悔していないだろうか心配をするのでした。

エメルがイリアルがいっていた魔導士のことについて尋ねます。

レプトンを消したことで手がかりがなくなり捜査中だとパパは話しました。

ぐっすり眠り目覚めたエステル

翌朝エステルは目覚めるとベッドの上でないことに気づきます。

そこにはエメルの顔があり、しっかりと抱っこされていました。

おろしてとバタバタするエステル。

 

アニーがやってきてぐっすり眠れたことを喜びます。

着替えるからとエメルに退室を促しました。

エステルはアニーにエメルが一晩中抱っこしていたのか聞きます。

 

優しくうなずくアニーを見てエステルは顔を真っ赤にしました。

着替えを済ませたエステルは廊下にいるエメルに支度が済んだか確認します。

そして昨夜のお礼を伝えて、徹夜したエメルを気遣い護衛の変更を提案しました。

 

エメルは待ちに待った自分の番だから自分が護衛するとその提案を断り手を差し出します。

その態度にエステルは笑顔になってエメルの手を握るのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ59話感想

エステルが不眠症になっていたとは知りまでんでしたね。

小さな体でそんなことに悩まされているとはまた、悲しい記憶がよみがえりました。

しかし、エメルの温かさに包まれて、眠りにつくことができてよかったです。

 

一晩中抱っこしてしていたとはさすがマスターですね。

照れて顔を真っ赤にするエステルはとてもかわいかったです。

 

たくさんの愛情を注いでもらっているエステルを見ているのは幸せな気持ちにさせてくれますよね。

パパのエステルに対しての愛情の深さも見ることができてとても良かったです。

 

一晩中見守ってくれていたエメルを気遣うエステルの優しさにも心打たれました。

少しでもエメルを寝かせて休ませてあげようという気持ちがとても伝わってきましたね。

しかし、エメルの護衛を楽しみにしていたという気持ちもわかって、ほっこりしたお話でした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ59話最新話と感想!やっと眠ることができるエステルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」59話のネタバレ、感想をご紹介しました。

後遺症から眠ることができなくなってしまったエステル。

心配したエメルは一晩中抱っこしてエステルは眠りにつくことができました。

そんなエメルを気遣い護衛の交代を提案したエステルですが、エメルは護衛を楽しみにしていたと知り、エステルは喜ぶのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!