サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ91話最新話と感想!最前線で戦うエステル

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」91話のネタバレと感想をまとめてみました!

リンフォールド集結地にてグレープフルト家との戦いの最前線に立つエステルの物語です。

精霊アルファの力を使って洪水を起こすエステル!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった91話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ91話最新話と感想!最前線で戦うエステル

司令官に指示をする

リンフォールド集結地にて司令官に指示を出すエステル。

カスティージョが来たことを相手に知らせるために黒豹の旗を出すように伝えます。

そして、敵が戦場に来たのがカスティージョの娘だとわかれば、油断して川を渡ってくるだろうとエステル。

 

司令官はエステルが戦うために来たとは思ってもいなかったようで、大軍を防ぐのは出来ないと答えます。

洪水をおこすというエステルに司令官は今は乾季でそんなことは不可能だと反対をしました。

 

そんな司令官にエステルはカスティージョらしい表情と話し方で命令として指示をします。

エステルの気迫に司令官は表情が変わり早速エステルの作戦通りに動くのでした。

アーサーとエステル

控えていたアーサーがやってきて先ほどのエステルの気迫は公爵であるパパと見間違うほどのものだったと褒めます。

そして本当にできるのか最終確認をするのでした。

エステルが手を下さなくてもカルルたちが勝利すれば撤退するとアーサー。

 

エステルはアーサーのいうこともわかってはいるものの、カルルに負担をかけたくないと考えています。

それよりも気になるのは本当に敵が川を渡ってくるのかということでした。

確率が半分と聞きエステルはより確実に川を渡らせるため、最前線に立つことを決意します。

最前線に立つエステル

そうして最前線に立ち、川を隔てて敵軍と向き合ったエステル。

戦場では目立つ真っ白な騎士服に身を包んだ女の子に敵を油断させるには絶好の外見です。

エステルの隣ではレニーという騎士が相手の様子を伺いながら、この状況にハラハラしていました。

 

これだけでは挑発をするのに足りないとエステルは考え、敵の旗に矢を放ち打ち抜きます。

状況を確認するエステルにレニーは何も言わずエステルを抱えて走り出しました。

敵軍が川を渡り攻めてきたのを確認したエステル。

 

思ったよりも早く川を渡る敵軍にエステルはアルファを呼びだし、背中に乗って移動をします。

そして敵軍が川に入ったタイミングを見計らい、アルファに洪水をおこすように指示をしました。

 

轟音と共に乾季の川に大津波が押し寄せて敵軍に襲いかかります。

敵軍は恐怖と混乱の中、神に祈りながら波にのみ込まれていくのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ91話感想

エステルはしっかりと戦場で戦っていましたね。

どんどん頼もしく強くなっていっているように感じました。

しかし、精霊の力を使ったエステルが思った以上に体に影響があったようで心配です。

 

洪水をおこすことに成功し、敵軍に勝利することができました。

しかし、目の前で、自分の力によって命を落とした敵軍を目の当たりにしてエステルどう感じたのでしょうか。

 

本来は優しいエステルがカスティージョらしくするため、無理をしていないといいなと思いました。

エステルの心と体が壊れる前にパパにもカルルにも戻ってきてほしいですね。

 

今回、的確に指示を出し、自ら最前線に立って即時に決着をつけたエステル。

とてもカスティージョらしくかっこよかったです。

しかし、可愛いエステルも大好きなので、また、可愛いエステルが見られたらいいなと思いました。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ91話最新話と感想!最前線で戦うエステルまとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」91話のネタバレ、感想をご紹介しました。

戦場で司令官にカスティージョらしく指示を出して命令を下したエステル。

自ら最前線に立ち、敵軍を挑発して、アルファに洪水をおこさせました。

敵軍は恐怖の中、神に祈りながらも大津波にのみ込まれていくのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!