サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ95話最新話と感想!ドラゴンを連れ帰った理由

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」95話のネタバレと感想をまとめてみました!

公爵がドラゴンと契約をして連れ帰った理由が描かれている物語です。

アンが怒っていると思うエステルがとった行動とは!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった95話のネタバレと感想を書いていきます!

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ95話最新話と感想!ドラゴンを連れ帰った理由

ドラゴンとの対面

エステルは帰宅したことをアンに伝えに行きますが留守のようで返事はありません。

リンフォールドへ一緒に連れて行かなかったことを怒っているのではないかと考えるエステルは後からまた尋ねようと思うのでした。

仲直りできなかったらどうしようか悩みながらエステルはパパの元を訪れます。

 

するとソファーでくつろぐドラゴンと名乗る男がエステルに声をかけました。

不信感でパパに聞くエステルにその男は胸元からごそごそと何かを取り出します。

投げ捨てられたそれはなんとエンドでした。

エンドは無事だった

エステルが呼びかけた瞬間エンドは炎に包まれて怒り狂います。

エンドが力を使ったことでエステルの体には衝撃が走り、アルファは冷静にエンドを止めました。

怒りのおさまらないエンドにアルファはエステルが苦しんでいることを伝えます。

 

それを聞いてエンドは冷静になり、エステルにドラゴンと戦うときはいつでも力になるといい元に戻りました。

そのことでエステルはその男が本当にドラゴンなのだと理解するのでした。

ドラゴンはエステルが魔族の血が流れているにも関わらず、精霊王と契約をしていることに興味を示します。

ドラゴンが屋敷に来た理由

エステルは改めてドラゴンと何があったのかを聞きました。

ドラゴンとの戦いは多少傷をつける事は出来たものの、その瞬間異次元に飛ばされてしまった公爵。

ドラゴンは目覚めると周りの景色は変わり仲間がいなかったので困惑していたと話します。

 

そのため冷静に話をするため、幻覚を見せて、本心を呼んだと主張しました。

エステルはなぜ屋敷に連れ帰ったのかを確認します。

ドラゴンは西に向かって出発するまでの間だけいるようで、その間に魔導士のアンに会ってみたいと興味津々に答えました。

 

ドラゴンの態度に信用が出来ないエステルはアンを案じて牽制ます。

パパはエステルに契約をしているから心配ないと伝えました。

 

ドラゴンは契約によってカスティージョ家に関係している人物には手を出さないと約束したようです。

エステルは契約と聞き、一種の魔法のようなもならば、全ての魔法がドラゴンから始まったのなら、何か知っているのかもしれないと考えるのでした。

パパと二人で話をする

パパと二人きりになったエステルはドラゴンがどのくらい滞在するのか確認します。

パパによると1週間くらい滞在する予定で、魔力が変わる頃に旅立つとのことでした。

皇室には秘密裏に連れ帰ったようです。

 

パパがエステルに自身が不在だった時に公爵代理をしっかりと勤めていたことをケルソンが褒めていたと伝えました。

会えなかった2か月の間に成長したエステルを見ることができなかったことを残念がります。

浮かない様子のエステルに問いかけるパパ。

 

アンとの仲直りの方法を聞くエステルですが、パパはそもそも仲直りしたことがなく答えはパッとしません。

それでもエステルはパパのアドバイス通りアンにプレゼントをもってもう一度部屋を尋ねます。

 

エステルがアンの部屋の前に立つと、大声で叫ぶアンが勢いよく扉を開きました。

開いた扉に顔面を打ったエステルが顔を上げると鼻血が流れてアンは驚きの声を上げるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ95話感想

ドラゴンと討伐隊に何があったのかかなり見えてきましたね。

ドラゴンはやはり、寝坊して仲間に置いていかれたようです。

そして、起きた時に討伐隊の攻撃があり、ドラゴン自身も困惑したと話していました。

 

ドラゴンにとって人間は信用が出来ないから幻術を使って相手の本心を探ったようです。

そして冷静にパパと話し合いをして、旅立つまでの間、屋敷に居させてもらうことになったようですね。

 

しかし、長い間眠っていたドラゴンはエステルにとっては少し古臭い感じがするようで、ドン引きしていたのは面白かったです。

魔導士のアンのことが気になり、会ってみたいとドラゴンは話していました。

エステルも魔法のことをドラゴンに聞いてみたいと考えていましたが、何かプラスになるような情報は得られるのでしょうか。

 

エンドも無事戻ってきましたが、ドラゴンによって幻覚を見せられていたようですね。

契約者のことを考えずに怒り狂うとはよほどのものを見せられたのではないでしょうか。

ある日、私は冷血公爵の娘になったネタバレ95話最新話と感想!ドラゴンを連れ帰った理由まとめ

今回は漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」95話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ドラゴンは公爵と契約をして、旅立つまでの間、カスティージョ家にいることになります。

滞在中にアンに会ってみたいと話すドラゴン、エステルも魔法のことをドラゴンが知っているかもしれないと考えます。

アンと仲直りをしようとプレゼントをもって部屋を訪ねたエステルは、勢いよく開いた扉に顔をぶつけてしまうのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!