BTS

BTSの解散はいつ?7年後や2024年と言われていた?

BTSの解散はいつになるのかファンの間で話題になっています!

そして、BTSの解散は7年後か2024年なのではないかという噂も。

韓国のアイドルグループは、初めに事務所との契約期間を設けて活動しているため、ファンにとっては気が気ではないですよね。

それではBTSの解散はいつでBTSの解散は7年後なのか、調べましたのでご紹介します^^

BTSの解散はいつになる?7年後か2024年?


BTSの解散はいつになるのか、というワードがネットで数多く出ています。

 

その原因は、韓国アイドルにとって事務所と7年契約している場合が多いからです。

そして、7年を皮切りにグループが解散してしまったり、グループはあるけれど個人の活動が多くなったりするのもこの時期からです。

そんな韓国アイドル事情であるが故に、BTSの解散がいつなのか気になりますよね。

 

BTSの解散がいつとよく言われているのが2024年です。

なぜかというと、BTSは2013年にデビューして2020年ですでに7年を迎えています。

本来ならば、BTSの解散が7年後の2020年になっていてもおかしくないのですが、現在の彼らの状況は世界で人気があるグループです。

しかも、これからもっとアジア人として異例的なことを起こしてくれそうですよね。

 

そのこともあって、BTSの事務所であるBigHitエンターテイメントは、再契約を結んでいます。

BTSのメンバーも「本来なら契約満期を迎える予定だった」と発言しているため、契約が更新されたことがわかりますね。

 

BTSの解散がいつなのか、2024年と予想しているわけがあります。

それでは次の章でBTSの解散が2024年であることの理由を説明しますね。

BTSの解散はいつ?7年後の2024年の件はどうなった?

BTSの解散はいつ?

BTSの解散が7年後と言われていたのは事実です。

 

BTSの事務所であるBitHitエンターテイメントは、2017年の年末に2018年にメンバー全員と「7年契約をした」という旨を公表しています。

その際にメディアでも「14年間のBTSの活動を確約」という報道をしていました。

 

ようするに、2013年デビュー当時に契約した7年にプラスして、さらに7年契約したという報道をしています。

私もBTSが事務所と7年契約を延長したと理解していました。

それと同時に、BTSの解散は7年後の2027年になるかもしれないと予想していたのです。

しかし、実際は4年だけ延長したということでした。

 

BTSのメンバーは、2017年の年末か2018年に再契約していますよね!

そこから7年ということなので、2024年が契約満期でBTSの解散も7年後で2024年が有力だと言われています。

 

このようなTwitterコメントを見つけました!

最年長のBTSジンの年齢は現在、30歳になります。

他のメンバーも20代後半です。

 

そのため、再度7年契約をするとなると、BTSのジンは40代、他のメンバーは30代後半。

BTSの契約を2027年までにするのは、事務所としてもかなりのリスクではないでしょうか。

BTSの解散は、7年後より早めにあるかもしれませんね。

 

現在の人気がいつまで続くかわからないですし、彼らは兵役に行く義務もあります。

メンバーが順番に行くとするとかなりの年数がかかります。

そのことを踏まえてBTSの解散が7年後より早いかもしれません。

 

またBTSのジンに合わせて、全員が活動停止して国民の義務を果たしにいくというのは、事務所にとって、人気のある今というのはリスクがあります。

BigHitエンタテイメントも会社として株式上場しましたしね^^

BTSの解散は、やはり7年後より早く実施されるかもしれないと予想します。

グループでの活動はある程度見切りをつけないといけい時期が、2024年がベストなのかもしれません。

まとめ

BTSの解散はいつになるのか、またBTSの解散が7年後になるのか記してきました。

彼らは2024年が契約満期になることから、同時期に解散するかもしれません。

アイドルの活動期間としては、とても長いBTS。

いつまでも活躍する彼らの姿を見ていたですが、どういう形に変化しても応援していきたいですね^^

スポンサーリンク

error: Content is protected !!