BTS

BTSの生歌がひどい!口パクで歌ってない?

BTSの生歌がひどいという声があるのですが本当なのでしょうか。

BTSが口パクやBTSは歌っていないと噂になっているのは事実なようです。

歌番組にでる機会も多いBTSが、本当にそうなのか知りたいですよね。

それではBTSの生歌がひどいのか、BTSは口パクでBTSは歌ってないのか見ていきましょう^^

BTSの生歌がひどいって本当?

BTSの生歌がひどいという声があるのは事実です。

BTSは世界中で人気があることから、歌番組に出る機会が多いですよね。

 

日本の歌番組にも出演して、BTSは生歌を披露しています。

日本の歌番組での生歌がひどいという声もありました。

なぜBTSの生歌がひどいと言われるのでしょうか。

BTSの生歌がひどいと言われる理由はこれでした。

「FAKE LOVE」の曲をBTSが生歌を披露したのがひどかったようです。

BTSは、ダンスのパフォーマンスにも力をいれています。

そのため、かなり激しいダンスの中で生歌を披露となると、多少歌声が乱れてしまいますよね。

 

この「FAKE LOVE」のダンスは、激しいダンスで尚且つバラード系。

そのことから、歌声が乱れてしまった可能性があります。

 

またBTSの特徴でもある高音の歌声。

激しいダンスに加えて高音を出すのは、かなりハードです。

それをここまで仕上げてくるのはBTSだからできることだと私は思います。

 

しかし完璧なパフォーマンスを期待しているファンにとっては、BTSの生歌がひどいと感じてしまいますよね。

息遣いやマイクからの声質がリアルに感じたのと、ダンスによって、歌声に乱れが出てしまったことがBTSの生歌がひどい原因でした。

BTSは口パクで歌ってない?


BTSは口パクで、BTSは歌っていないのではという声があります。

BTSだけではなく、K-popは口パクで歌っていない疑惑というのがとても多いです。

そのため自然とBTSも口パクで、BTSは歌ってないのではという疑惑があるようですね。

口パクとは、歌手が持っているマイクはオフになっていて、音源だけでなく声入りの音源をパフォーマンスの時に使うという形になります。

そのためアーティストは、口だけ動かしてダンスに集中してパフォーマンスができるよいうものです。

 

BTSは口パクでBTSは歌ってなのか、実際の映像を見てみましょう!

結論から言うと、BTSは口パクでBTSは歌ってない部分があります。

全ての歌の部分がBTSは口パクで、BTSは歌ってないわけではないようです。

 

たとえば、上記の映像でBTSのグクは歌詞と口元がズレている箇所があります。

しかし、マイクから気遣いが聞こえる箇所もあるのです。

BTSのグクだけではなく、BTSメンバー全員が口パクで歌ってない箇所がありました。

 

BTSのパフォーマンスは、常に完璧ですよね!

ファンもそのパフォーマンスに魅了されている部分があります。

そのファンの気持ちを裏切りたくない気持ちもあるため、BTSは口パクで、BTSは歌っていない箇所があるのかもしれませんね。

BTSは口パクで、BTSは歌ってないという声は、きっと彼らには届いているはずです。

 

そのこともあってか、BTSは生歌を披露しています。

わたしが思うに、BTSの生歌はひどくないんだよというアピールも兼ねられているように思いますね^^

この動画は、完全にBTSは口パクで、BTSは歌ってないように見えないです。

そしてこちらの動画もBTSが口パクで歌ってないという声を払拭しました。

 

BTSのテテが歌の途中で、手を叩くのですがその際、本来は歌詞がある部分をあえて歌いませんでした。

この映像が、ファンの間で話題になりBTSは口パクで歌っていないという声は減少しました。

さらに、BTSの生歌がひどいという声も同時に減少!

むしろBTSの生歌の凄さを感じましたね。

 

ここまでのダンスパフォーマンスをしながら生歌を披露する中で、息切れせず歌うなんてすばらしすぎます!

普段から鍛えていたなかったら難しいですよね。

改めて、BTSの実力を魅せられた気がします^^

まとめ

BTSの生歌がひどいやBTSは口パクで歌ってないのか調べました。

激しいダンスであるため、息遣いがマイクに入ってしまう、また曲によっては、口パクで歌っていない箇所もあることもわかりました。

彼らは全てがそうであるわけではなく、必要に応じてフルでちゃんと歌っているのもあります。

ファン思いの彼らを、これからも注目しながらパフォーマンスを楽しみにしたいですね^^

スポンサーリンク

error: Content is protected !!