BTS

BTSのジンの耳が赤くなる理由は?

BTSジンの耳

BTSのジンさんは耳が赤くなることがよくあり、メンバーにからかわれていることもありますね。

BTSのジンさんの耳が赤くなってしまうのは、理由があるのでしょうか?

 

BTSのジンさんの耳が赤くなる様子は、デビューから何年たっても変わらず見られます。

どんな時にBTSのジンさんの耳が赤くなっているのか?

映像を振り返りながら、BTSのジンさんの耳が赤くなる状況や理由を検証してみましょう。

BTSのジンさんが耳が赤くなる理由に迫りたいと思います。

BTSのジンの耳が赤くなる理由は?


興奮して感情が高ぶると顔が赤くなってしまうのは、誰にでもあることですね。

失敗して恥ずかしい思いをしたり、急に注目されて慌てたり原因は様々。

 

BTSのジンさんが耳が赤くなるとメンバーに指摘されるのは、どんな時でしょうか?

BTSはVLEVEなどで、ひとりずつコメントをする場面も多く見られます。

すました顔で話しているBTSのジンさんの耳が、徐々に赤くなっていきます

だんだん耳が赤くなってますねとメンバーにも指摘されてしまいます。

 

特に失言したわけでもないのに、注目されると耳が赤くなってしまうBTSのジンさん

BTSのジンさんの耳が赤くなるのは、デビューして何年たっても変わりません。

 

息子さんがBTSの大ファンだというアメリカのミュージシャン、アンダーソンパークさん。

ロサンゼルスでのBTSのライブを鑑賞し、家族で楽屋に訪れたことがありました。

アンダーソンパークさんの奥さんで韓国女性ジェイリンさんとBTSのジンさんが、一緒に写真をとることに。

この時はBTSのジンさんは耳が赤くなるだけでなく、首まで真っ赤。

あれだけ多くの人の前でライブをこなすアーティストが、ここまで赤くなるのかと親近感が湧きますね

 

2021年9月20日、BTSはニューヨークの国連本部でスピーチをしました。

2018年での国連スピーチは、BTSのRM(ナム)さんひとりでしたが、今回はメンバーそれぞれが順番に発言。

 

リーダーRM(ナム)さんの最初の発言の後、BTSのジンさんが準備したボードの説明をします。

BTSのメンバーから緊張感が伝わりますが、この時もBTSのジンさんの耳は徐々に赤くなっていました。

これからの世代は、ロストジェネレーションではなく「ウェルカムジェネレーション」と話すBTSのジンさん。

BTSのジンさんは、言葉に詰まったり言葉が飛んでしまったりしたわけではありません。

BTSのメンバー全員が緊張と興奮状態の中にいたはずですが、感情が表に現れやすいということでしょう。

 

BTSのジンさんが耳が赤くなるのは、注目されて恥ずかしいというより過度のプレッシャーを感じた時とも言えます。

耳が赤くなった経験から、また赤くなってしまうかもしれないと自分を追い込んでしまうことも。

BTSのジンさんの耳が赤くなる理由は、自身をプレッシャーに追い込んでしまう生真面目さの現れと考えられます。

 

他にも、BTSのジンさんの耳が赤くなる場面を見ることができます。

注目されプレッシャーに追い込まれる以外に、BTSのジンさんの耳が赤くなるのはどんな時でしょうか?

 

2017年3月21日放送の「RUN BTS EP.15」、「そうだったんだ」ゲームでのエピソードです。

日頃言えなかった不満を言い合い、何を言われても「そうだったんだ」と返さなければならないというルール。

まずはBTSのジンさんから、3日頭を洗わずにジミンさんのベットに横になったことを告白。

「そうだったんだ」と返しながら反撃に出たジミンさん。

BTSのジンさんの最も嫌がる、外出着のままジンさんのベットに横になったと告白します。

 

この時BTSのジンさんの耳が赤くなったのをみて、「怒ってないよね」と返すジミンさん。

怒った時も、BTSのジンさんの耳が赤くなることはRM(ナム)さんに指摘されたこともありました。

お互いに相手を怒らせようと、お互いの痛いところを指摘しあいます。

背が低いことを指摘されたジミンさんが、BTSのジンさんの足が短いと指摘。

なんとか明るい表情で「そうだったんだ」と言い合う2人に、メンバーも笑いを堪えきれない様子です。

 

怒っていないと言いながらBTSのジンさんは、実はかなり怒っていたのでしょうか。

はじめは遠慮がちに相手の指摘をしていましたが、最後はBTSジンさんが大暴露。

ジミンさんが「僕太りましたよね」て聞く度、「うん、ほんと豚みたい」って言いたかったとBTSのジンさん。

ジミンさんはさすがに、撃沈して座り込んでしまいBTSジンさんの勝利でした。

 

感情が表に出やすく、賑やかなBTSのジンさんはメンバーの中でも愛されキャラ。

しかしはじめからBTSのジンさんが、今のように全てをさらけ出せたわけではありません。

ライブでひとりずつコメントをするシーンで、BTSのジンさんが内面の変化について触れたことがありました。

はじめは自信が持てなかったというBTSのジンさん。

歌も踊りも未経験だったことから、練習生時代もデビューしてからも大きなプレッシャーと戦ってきました

 

歌を口ずさんでいると思ったら、寝言で「すみません」とあやまるBTSのジンさんの声が聞こえたというエピソード。

夢の中でも練習しているんだと思ったと、SUGAさんが話していたこともありました。

 

BTSのジンさんの誰もが驚く高音も、シンクロダンスと言われるほどぴったりあったパフォーマンスも。

メンバーが練習を終えた後も、ひとり残って練習していたBTSのジンさんの努力の賜物。

常にプレッシャに押しつぶされそうになりながらも、前を向き続けたBTSのジンさん。

今やっとメンバーと同じ位置に立っていると思えるようになったのかもしれません。

まとめ

BTSのジンさんの耳が赤くなる理由や状況について見てきました。

BTSのジンさんの耳が赤くなるのは、失敗したり恥ずかしいことをしてしまった時ではありません。

 

個性豊かで実力を持ったBTSのメンバーの中で、自身の存在意義を問い続けたBTSのジンさん。

予想以上の注目度に戸惑った経験を、BTSのジンさんが語ったこともありました。

 

自分に自信が持てなかったBTSのジンさんが、それでも仲間と一緒に前進し続けたこと。

BTSのジンさんが耳を赤くしながら頑張る姿は、メンンバーに限らす愛さずにいられないですね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!