サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

BTS

BTSジョングクのソロ曲一覧!おすすめは「ユーフォリア」

BTSジョングクのソロ曲

スポンサーリンク

BTSジョングクさんは、リードボーカルとしての美しい歌声が持ち味のひとつ。

美声を堪能できるBTSジョングクさんのソロ曲を一覧にして紹介したいと思います。

 

BTSジョングクさんのソロ曲は、曲にまつわるエピソードを知ると歌詞がより心に響きます。

BTSジョングクさんのソロ曲の一覧と共に、エピソードも見ていきましょう。

 

またBTSジョングクさんのソロ曲でも、おすすめをピックアップ。

BTSジョンクグさんのソロ曲のおすすめや注目ポイントも紹介していきます。

BTSジョングクのソロ曲一覧!


BTSジョングクさんのソロ曲一覧の1曲目は、「WINGS」(2016)に収録された「Begin

すべての始まりを意味するこの曲は、BTSジョングクさんのソロ曲の中でもまさに原点と言える曲です

 

「Begin」にまつわるエピソードは、メディアのインタビューでRMさんが目に涙を浮かべながら明かしていました。

BTSメンバーがプロデューサーに、何か辛いことはないかと質問された時のことです。

その時のBTSジョングクさんの答えに、メンバーは驚き皆んなで涙したと言われています。

「僕は辛いことは何もないです。一緒に暮らすメンバーが辛そうにしているのを見ることが、1番辛い。」

そう答えて号泣したというBTSのジョングクさん。

わがままな子どもだと思っていたジョングクさんの秘めた内面に、メンバーは驚き感動したようです。

 

「Begin」はこのエピソードをもとに、RMさんが作詞したもの。

BTSジョングクさんが15歳でデビューして以来,共に過ごしたメンバーへの感謝と愛情が詰まっています。

 

BTSジョングクさんのソロ曲一覧、2曲目は「MY TIMEです。

「MY TIME」は時差(시차)という意味が込められ、BTSジョングクさんがRMさんと共に作詞作曲に参加。

アルバム「MAP OF SOUL;7」(2020)に収録されています。

15歳でデビューし、BTSをして青春時代を駆け抜けてきたジョングクさんのことを歌った曲です。

1番多感な時期に自分のことよりも周りを優先させなければならなかった葛藤と、それでも前進し続けた信念。

どんなに辛くても自分を見失わずにいようとする、BTSジョングクさんの心の叫びが感じ取れる内容です。

 

BTSジョングクさんのソロ曲一覧、3曲目は「Still with youです。

2020年6月5日リリースされ、「BTS FESTA」で公開されました。

BTSジョングクさんが、いつも大切に思っているというARMYに向けた曲と言われています。

いつも思っていることを忘れないでほしいというBTSジョングクさんの切ない思いが伝わります。

 

BTSジョングクさんのソロ曲一覧、4曲目は「10,000 Hoursです。

オリジナルであるダン+シェイとジャスティンビーバーのサウンドをカバーしたもの。

ジャスティンビーバーさんは、デビュー以来BTSジョングクさんが敬愛する歌手として知られています。

このほかにも、「2U」やジミンさんとカバーした「MISTLETOE」なども公開されています。

BTSジョングクさんの暖かな歌声に、オリジナルとは一味違う魅力が高評価です。

 

2019年のBTSジョングクさんの誕生日ジャスティンビーバーさんからのメッセージが。

BTSジョングクさんのラブコールが届いたと、SNSで話題になりました。

ジャスティンビーバーさんといえば、BTSが「Dynamite」でビルボード1位を獲得した時のエピソードも有名。

英語の曲だけでなく、韓国語のBTSの楽曲も放送すべきだと主張したことが知られています。

 

BTSジョングクさんのソロ曲一覧、5曲目は「Fallingです。

これもカバー曲で、2019年にヒットしたハリースタイルズの名曲。

「Faliing」は失恋がテーマのラブソングで、透き通るような歌声が切ないバラッド曲です。

BTSジョングクさんは、オリジナル曲を忠実にカバーし難易度の高い高音部分も見事に歌い上げています。

突然You Tubeにアップされていて、驚きと感動が話題を呼びました。

BTSジョングクのソロ曲おすすめ「ユーフォリア」


BTSジョングクさんのソロ曲でおすすめは、何と言っても「Euphoria(ユーフォリア)です。

BTSジョングクさんを代表する曲として、愛されている曲ですね。

「LOVE YOURSELF 結 Answer」(2018)に収録され、RMさんが作詞作曲に参加しています。

「Euphoria」は心理学用語で、多幸症を意味し感情が込み上げ満足や喜びを感じる恍惚状態のこと。

BTSジョングクさんのソロ曲でもおすすめなのは、この夢のような幸福感が曲からも感じられることです。

 

BTSジョングクさんのソロ曲は、切ないバラッドソングが多く美しい歌声が魅力的。

音域も広く透き通るような歌声は、BTSジョングクさんのソロ曲でおすすポイントです。

 

「Euphoria」の世界観は、BTSジョングクさんの他のソロ曲とは少し異なります。

夢のように素晴らしい幸福感や浮遊感を表現した「Euphria」。

歌の中で表現される夢の世界は、ただ幸せというだけでなくいつか終わってしまうかもしれない危うさも感じます。

 

この幸福は夢なのかもしれないと言いながら、息がつまるほどの幸せを感じるという言葉の意味。

デビュー以来の葛藤を歌ったソロ曲「Begin」とはまた違った風景が見えてきます。

 

いつか終わりが来るということを憂いて、今を台無しにしないでほしい。

BTSジョングクさんの、僕の手を取ってくれという歌声は心に突き刺さるような純粋さを感じます

 

この投稿をInstagramで見る

 

JUNGKOOK(@bts.jungkook)がシェアした投稿

デビュー以来葛藤し迷いながらも走り続けたBTSジョングクさん。

同じくらい達成感や幸福も感じてきたと、「Euphoria」では伝えたかったのではないでしょうか。

 

ライブで見せ場となる、BTSジョングクさんの宙を舞い会場を飛び回るシーン。

夢のような世界観はBTSジョングクさんのソロ曲でも、おすすめ曲として「Ephoria」があげられる理由と言えます。

まとめ

BTSジョングクさんのソロ曲一覧を、エピソードと共に紹介してきました。

BTSジョングクさんの透明感のある歌声は、素直にまっすぐ聴く人の心に届きます。

BTSジョングクさんの真直ぐひたむきな心が、歌から伝ってくるようです。

 

BTSジョングクさんのソロ曲でもおすすめの「Euphoria」。

歌い上げるBTSジョングクさんの表情や透き通るような歌声から、溢れるような幸福感が伝わります。

周りの人の幸福を願うBTSジョングクさんの心を、そのまま投影しているからと言えるでしょう。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!