BTS

BTS シュガ(ユンギ)の英語力はどうなの?

BTSシュガの英語力

BTSのシュガ(ユンギ)さんの英語力はどのくらいなのでしょうか?

海外のトークショー番組や授賞式に招待されるなど、活躍の場を広げているBTSシュガ(ユンギ)さん。

 

実際にBTSシュガ(ユンギ)さんは一体どのくらいの英語を話す事が出来るのか?

そして、英語の発音は正しいの?

 

など、気になっている方も多いのではないでしょうか^^

今回はそんなBTSのシュガ(ユンギ)さんの英語力についてまとめてみました。

それでは、一緒に見ていきましょう!

BTSシュガ(ユンギ)の英語力はどうなの?

『Dynamite』、『Butter』、『Permission to Dance』と立て続けに曲を発表しているBTS。

その影響力は世代や言語の壁を越えて、益々広がりを見せています。

この3曲はすべてが全編英語の歌詞で書かれており、それも魅力の1つと言えるでしょう。

 

曲調も歌詞もポジティブな雰囲気を持っていて、なんだか不思議なパワーをも感じます。

私もこの曲たちを聞いて日々、とても元気を貰っています!

 

その中でも、ラップを担当するBTSのシュガ(ユンギ)さんはリズムに乗せてかっこよく英語の歌詞を披露しています。

BTSシュガ(ユンギ)さんと言えば、デビュー前から「gloss」と言う名前で活動していたのは有名な話ですよね。

 

当時、地元の大邱でも名の知られたラッパーで、その実力は全国大会で2位になるほど!

普段は、韓国語はもちろん、日本語の歌詞でも曲調によって様々な表情のラップを披露してくれるBTSシュガ(ユンギ)さん。

最近の様な、英語でのラップもさらに魅力が増していて、とってもかっこいいですよね^^

 

本当は英語を話すことが出来るのかな?

BTSのシュガ(ユンギ)さんは英語力を隠していたのかな?

 

そう思ってしまう程、クオリティーの高さを感じさせてくれます。

英語を話せない人からすると、英語でラップをするなんてとても難しい事のように感じるのではないでしょうか?

 

海外からは、BTSのシュガ(ユンギ)さんの英語の発音はきれいだと言う声もあります

海外で見せたBTSシュガ(ユンギ)の英語力

普段から、海外のトークショー番組出演や海外メディアからのインタビューを受ける機会も多いでしょう。

そんな場面で主に英語で対応するのが、BTSシュガ(ユンギ)さんと同じくラップを担当し、リーダーでもあるRMさん。

 

RMさんはとても流暢な英語を話す事でも知られており、他のメンバーはリアクションだけに留まる事が多いのだとか。

これまでの海外映像からも、RMさん以外のメンバーが英語で話す場面はそれ程多くはないでしょう。

 

しかし、BTSシュガ(ユンギ)さんの英語力も実のところ高いのではないかと言う声も聞こえてきています。

その理由は、ある海外のトークショー番組内で起こった出来事にありました。

 

それは、いつものようにRMさんがメンバーを代表し、司会者の質問に答えていた時の事。

突然、BTSのシュガ(ユンギ)さんが英語力を発揮し、その場の空気を一変させてしまったと言うのです

 

それまで司会者とRMさんとのやり取りを静かに聞いていたBTSシュガ(ユンギ)さん。

RMさんが話し終わると、なんとも滑らかな英語で自身の意見を司会者へと伝えたのでした。

 

そのあまりに突然の出来事に、他のメンバーも驚きを隠せずにいる様子。

BTSシュガ(ユンギ)さんをじっと見つめたり、笑顔で声を掛けているメンバーさえいました。

 

実は、その出来事が起こる少し前に番組内で司会者に対し、「自分以外のメンバーは英語を話す事が出来ない。」

RMさんはこの様な内容を含むエピソードを話していたのでした。

 

しかし、BTSシュガ(ユンギ)さんの英語を聞いた瞬間RMさんはすぐさま前言撤回し、「彼も英語を話す事が出来るようだ。」

こう言って、BTSシュガ(ユンギ)さんの英語力を認め、感心する姿を見せました。

ある女性シンガーに見せたシュガ(ユンギ)の魅力

2019年に発表された“Boy with Luv”と言う楽曲。

この曲でBTSとコラボレーションしたのが、イギリス人女性シンガーのHalseyです。

 

彼女とBTSのやり取りの中で、その姿を見る事が出来ます。

それは、HalseyがBTSメンバーに差し入れをした時の出来事。

 

思わぬプレゼントにメンバー全員が大喜び!

韓国語で感動を表しているのですが、BTSシュガ(ユンギ)さんは違っていました。

 

なんと、英語で積極的にHalseyとコミュニケーションを取る姿を見せたのです

BTSシュガ(ユンギ)さんは英語で、とても嬉しそうに感謝の気持ちを表していました。

 

その後も、韓国のお菓子を指さし、Halseyに英語を使って説明したり、楽屋はとても和やかな雰囲気。

普段は口数も少なく、クールな印象のあるBTSシュガ(ユンギ)さん。

嬉しくてテンションが上がったのか、知ってる英単語を使い笑顔で喜びを表現する姿は可愛らしく見えますね。

 

そんなギャップに心惹かれる方も多いのではないでしょうか?

簡単な英語であってもそれを使いこなし、積極的に自分の思いを表現しているBTSシュガ(ユンギ)さん。

 

こういった場面を見ると、BTSシュガ(ユンギ)さんの英語力はやはり高いと言えるのかもしれませんね^^

まとめ

今回はBTSのシュガ(ユンギ)さんの英語力についてまとめてみました。

BTSのアーティスト、そしてプロデューサー業もこなし多彩な才能を発揮しているBTSシュガ(ユンギ)さん。

 

いつかグラミー賞を取ることが目標だと、BTSシュガ(ユンギ)さんは何度かテレビ番組の中で口にしています。

晴れてその夢が叶った時には是非、輝かしい大舞台に立ち、英語でスピーチしてくれることでしょう!

 

その日が来る事を、私も心から願っています^^

今後のBTSシュガ(ユンギ)さんの英語力にも注目していきたいですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!