サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

BTS

BTSのシュガ (ユンギ)が口パクじゃない証拠は?

BTSシュガの口パク

スポンサーリンク

今までにBTSシュガ(ユンギ)さんが口パクではないかと疑われていた時が多々ありました。

ライブで踊りながら歌う時に、ここまで上手に歌えるのはすごいと思い、鳥肌が立ったことも多々ありました。

 

誰でも、ここまで踊りながら歌うことができるのはありえないと感じると思います。

ありえないと感じることこそが口パクではないのか?と疑うことにも繋がっているのではないかと思います。

口パク疑惑の要因もお話しながらBTSシュガ(ユンギ)さんの口パクじゃない証拠について迫っていこうと思います。

BTSシュガ(ユンギ)さんが口パクじゃない証拠は?

BTSの口パク疑惑の要因は?

まずは、根本の口パク疑惑が発生した経緯についてお話しさせていただきますね。

THE MUSIC DAYやミュージックステーションで口パク疑惑のコメントがTwitterにて寄せられていました。

 

この時、口パク疑惑はそこまで広まることはありませんでした。

2020年のFNS歌謡祭に出演した際に、口パクじゃない?という声が多く上がりました

 

このことからBTSの口パク疑惑が広まってしまったようです。

今回のFNS歌謡祭で疑われた要因としていくつか挙げられていました。

 

その意見は、踊っているのに息切れしてないのがおかしい口パクの部分と音源の部分の差が激しいなどです。

その意見と反して、しっかりトレーニングをしているから息切れしないという意見もありました。

 

多くの意見がいきかっており、その中での結論はでていません。

実際のところ、FNS歌謡祭でのBTSシュガ(ユンギ)さんの口パクじゃない証拠は見つかりませんでした。

 

違う場面にてBTSシュガ(ユンギ)さんの口パクじゃない証拠がありましたので、ご紹介させていただきます。

ここからはBTSシュガ(ユンギ)さんが口パクじゃない証拠を3つに分けて、お話していきたいと思います。

BTSシュガ(ユンギ)さんのコメント

BTSシュガ(ユンギ)さんは口パクではないということを世間に何回も伝えてきていました。

ライブで僕の歌の声じゃ録音された声が入ると雰囲気や気持ちを込められない。」と語っています。

 

BTSシュガ(ユンギ)さん自身が口パクで歌うことに否定的です。

そのため、率先して口パクで歌うことはまずありえないと言えるでしょう。

 

ライブでファンを喜ばせるために100%の演出をしようとしてくれるBTSシュガ(ユンギ)さん。

その姿を見て応援せずにはいられませんね♪

 

以上が、BTSシュガ(ユンギ)さんの口パクじゃない証拠の1つ目となります。

BTSと関わった人が生歌を証明?

BTSのイベントMCの担当経験があるK-pop評論家の古家正亭さんは、以下のようなことを番組内で語っていました。

「イヤーモニターから入ってくるBTSの声、全てがライブ中に聞こえるんですよ。

みなさんになかなか信じてもらえないんですけど、彼ら生歌なんですよね。」

このように述べていたとのこと。

 

ライブに関わった人が生歌だと主張しているのは、BTSが口パクではないという大きな証拠になるでしょう。

BTSは1日に平均10時間以上の練習をする」「息の音がマイクに入らない歌い方がある」と聞いたそうです。

 

「Dynamite」は1日18時間の練習時間を2~3週間も行っていたということを語っています。

BTSはデビュー当時1日15時間練習していたというエピソードを多く語ってきていました。

 

それがスキルや経験を積み上げてきた現在でもさほど変わっていないことに驚きました。

とても厳しい練習量を積み重ねながら、継続し続けることは容易にできることではありません。

 

その努力が実った結果、口パクだと疑われるくらい息切れせずに歌うことができるのですね!

以上が、BTSシュガ(ユンギ)さんの口パクじゃない証拠の2つ目となります。

歌唱中に沈黙?

SBS歌謡大祭典で『MIC Drop』を披露中に、マイクを口元から離し、無言になったBTSシュガ(ユンギ)さん。

私は何かアクシデントがあったのかと心配しました。

 

この行動は口パクをしていないということを誰もが分かるように証明した行動だったのです!

見ていた人全員を圧巻の渦に巻き込んだことは間違いないでしょう!

 

BTSシュガ(ユンギ)さんが口パクだと言っていた方々も生歌だということを認めざるを得ないですよね。

無言になった歌詞の部分は「もし腹が痛くなったら訴えればいい」という意味だということが分かりました。

 

私は、これを宣戦布告だと捉えました。

口パクだと訴えてもいいが、この証拠に勝るものはあるのか?と言っているように感じたのです。

BTSシュガ(ユンギ)さんのこの行動はとても衝撃的で、勇気のある行動に思わず拍手してしまうほどでした。

以上が、BTSシュガ(ユンギ)さんが口パクじゃない証拠の3つ目となります。

まとめ

BTSシュガ(ユンギ)さんの口パクじゃない証拠についてお話させていただきました。

BTSシュガ(ユンギ)さんは口パクじゃないか?と言われるほど歌が上手だということが分かりました。

 

息切れせず歌いながら踊ることができるという事は、トレーニングを欠かさず送っているということになりますね!

BTSシュガ(ユンギ)さんにとって疑われることはとても嫌なことだと思います。

 

ですが、態度に示さない姿はとても大人だと感じました。

言葉で説明するのではなく、分かりやすく、きちんと証明する姿は大人でとてもかっこいいですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!